デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

新人アニメーターの1日の仕事内容とは

華やかなアニメ業界は、多くの人の手によってつくり上げられています。その中でも、アニメーターの仕事はテレビに映るアニメーションの絵を描き、キャラクターの動きを生み出す仕事です。そのアニメーターは、どんな1日を…【続きを読む】

アニメーターの収入はいったいどれくらい?

アニメ業界は華やかで人気のある職業なので、アニメーターになりたい人は後を絶ちません。しかし、アニメーターの収入は安いことで有名ですがそれは事実なのでしょうか?実は、アニメーターの収入は思っているほど安くは…【続きを読む】

アニメーターをめざすうえでの勉強方法

今回はアニメーターをめざす方に向け、いくつかの勉強方法についてまとめました。興味を持った方はぜひ今後の参考にしてみてください。…【続きを読む】

アニメプロデューサーの年収とは

アニメプロデューサーといえば、アニメ制作現場のトップに位置する役職です。 プロデューサーと聞くと、どうしてもその年収が気になってしまうところですよね。 アニメプロデューサーを志している人であればなおさら自分のめざす職業がいったいどれくらいの稼ぎがあるのかというのは、知っておきたいのではないかと思います。ここではそんなアニメプロデューサーの年収について詳しくお話ししていきます。…【続きを読む】

アニメプロデューサーへの就職とキャリアアップとは

アニメ制作の統括的な立場として全工程に携わって仕事をしているのが、アニメプロデューサーです。 プロデューサーは制作陣の中で最も大きな責任のある役職であり、就職後すぐに就けるものではありません。では、アニメ業界においてどのようにキャリアアップしていけば、プロデューサーになることができるのでしょうか。 ここではアニメプロデューサーをめざす人の就職やキャリアアップについてお話ししていきます。…【続きを読む】

アニメ制作の仕事について

アニメの制作進行は、やるべき仕事が多岐に渡ります。主にアニメーションの内容や予算等の企画から、いつまでに作品を納品するかまでの管理を全て行う仕事です。…【続きを読む】

CGクリエーターに必要な勉強・スキル

CGクリエーターになるためには学んでおくべきことや、身につけておくべき能力がありますが、特別な資格は存在しないため、志せば誰でもなれる可能性のある仕事です。CGクリエーターとして活躍している方は、誰しもが特別な才能を持っていたのではなく、努力を続けて身につけた能力によって活躍しているのです。…【続きを読む】

アニメ業界おける色彩設計・色指定の仕事

アニメーションにとって、色彩設計・色指定の仕事はアニメに命を吹き込む仕事です。アニメ制作にとって彩色は心臓部を担う最も重要なセクションといっても過言ではありません。…【続きを読む】

色彩設計・色指定とは

アニメーションに必要不可欠な存在が色彩です。色彩だけでアニメーションの全体の雰囲気はがらりと変わり、アニメの質を左右します。 せっかく内容や構成がおもしろいアニメーションでも、色彩に違和感があると視聴者も離れてしまいます。そのため、アニメーションにとって色彩は心臓とも言えるもので、キャラクターや背景に命を吹き込む作業です。…【続きを読む】

アニメーターに求められる能力とは?

アニメーターとして活躍するためには、なくてはならない資質や身につけておくべき能力が存在します。 第一線にいるアニメーターは決して天才なのではなく、努力や好きという気持ちを持ち続けてこれたからこそ、活躍できているのです。 今回は、プロのアニメーターとしてキャリアを進むために必要な能力や素質について見ていきます。…【続きを読む】

アニメの音響監督になるには

アニメーションにとって、音声や音楽は世界観を決める非常に大切な役割があります。 何気なくアニメーションの中で流れている音楽は、適当に決められているのではなく綿密な打ち合わせのもと、ベストな音響・音効を場面ごとに使い分けています。 音ひとつでアニメのクオリテイは大きく左右されているので、アニメの音響監督は非常に責任の重い役割でもあります。…【続きを読む】

アニメの撮影・特殊効果になるには

アニメの魅力をより引き立てるのが、【撮影と特殊効果】の分野です。 実際にカメラで撮影するわけではないのですが、撮影や特殊効果によってキャラクターの持っている感情や印象を強めたり、アニメのクオリティを左右する重要なポジションです。 アニメの評価を担うという点で非常に責任のある役割ですが、その分やりがいも大きい仕事なのです。…【続きを読む】

アニメの背景美術になるには

アニメの背景美術は、アニメの雰囲気づくりをする重要な役割を担っています。実際、アニメ背景美術担当になるためにはどのような勉強・資格・スキルが必要なのでしょうか。今回はアニメの背景美術について、社会的状況も含めてご紹介していきます。…【続きを読む】

アニメのプロデューサーになるには

アニメ制作の要、司令塔となるのがプロデューサーです。良い原作をピックアップするのも、良い監督を連れてくるのも、良い作画を登用するのもプロデューサー。制作費を調整するのも、売り上げを伸ばす施策を打ち出すのも彼らの仕事です。それゆえ、やはりアニメ業界でも大きな責任が伴ってくる仕事なのです。…【続きを読む】

アニメの作画に就職するには

アニメ制作において、作画というのはその作品のクオリティーを決定づけるとても重要な要素になります。作画担当が絵を描き、それを動かしていくことでアニメは成り立っているのです。アニメが好きだったり、絵を描くのが好きな人であれば、テレビや映画のアニメーションを自分で描けるなんてまさに夢ですよね。…【続きを読む】

アニメの制作進行になるには

アニメの制作をスムーズに進めるために動く……それが【制作進行】。 アニメ制作の裏側を描いたアニメ『SHIROBAKO』の主人公・宮森あおいの仕事としても注目されましたね。アニメ制作会社には制作進行の求人がよく出されていますが、実際にはどのような仕事を任されるのでしょうか。実際の収入や労働環境・未経験でも就職できるのかという疑問を解決していきましょう。…【続きを読む】

CGクリエーターになるには

様々な業界で必要とされているCGクリエーター。様々な作業をこなせるCGクリエーターはアニメ制作でも重要な役割を担っています。ではCGクリエーターになるためにはどのような勉強・資格やスキルが必要なのでしょうか。またCGクリエーターの収入等も気になりますよね。…【続きを読む】

アニメの脚本家になるには

日本の文化になりつつあるアニメ。作画のこまかさ・動きの滑らかさと一緒に評価を得ているのが、脚本の内容です。最近は子ども向け同様、大人向け作品も人気が高くストーリー性が重視されています。その脚本の内容・セリフを考えているのが、アニメ脚本家と呼ばれる人達です。…【続きを読む】

アニメ監督になるには

アニメを見るとワクワクしたり、感動したり考えさせられたり色々な感情を楽しめます。 その感情が生まれるように作品をつくることがアニメ監督の一番の仕事。制作チームの先頭に立ってアニメ作品を演出してみたいと思う人はアニメ監督をめざしていきましょう。…【続きを読む】

色彩設計・色指定になるには

アニメの雰囲気を左右する画面の「色彩」。この色彩が明暗だけで物語のイメージやターゲット層が決まることもあります。 そしてこの色彩を決めているのが、色彩設計・色指定。色彩設計や色指定になるには色に対する鋭い感覚・画面全体の色彩を把握する力・キャラクターの心情を理解する能力等が必要になります。…【続きを読む】

アニメーターに就職するには?

アニメーターになるには、想像力や忍耐等さまざまなものが必要です。また一枚絵を描くより動きのある絵を描くことが好きな人に向いています。専門学校デジタルアーツ東京が、アニメーターに就職するための進路・方法・業界情報を紹介していきます。…【続きを読む】

アニメーターの3大魅力

アニメーターをめざす全ての人へ、そしてアニメーターってどんな仕事だろうという疑問をもつ全ての人へ。ここではアニメーターならではの魅力の数々を紹介していきます。…【続きを読む】

コンビニとアニメの関係

「進撃の巨人」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「ガールズ&パンツァー」。いずれも話題の作品として取り上げられてきたアニメのラインナップですが、これらのタイトルは全て、コンビニエンスストアでのコラボキャンペーンが実施されたことをご存知でしょうか。今回はそんなコンビニとアニメの密接な関係に焦点を当ててみたいと思います。…【続きを読む】

アニメーターに必要なもの

アニメーターに特別な資格は必要とされるのか、気になっている人も多いと思います。今回はこれについて述べていこうと思いますので、今後の参考に目を通してみてください。…【続きを読む】

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works