• 資料請求
  • 体験入学申し込み
お電話での資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

ANIMATION

アニメ学科

アニメコラム

アニメのプロデューサーになるには

アニメ制作の要、司令塔となるのがプロデューサーです。良い原作をピックアップするのも、良い監督を連れてくるのも、良い作画を登用するのもプロデューサー。制作費を調整するのも、売り上げを伸ばす施策を打ち出すのも彼らの仕事です。それゆえ、やはりアニメ業界でも大きな責任が伴ってくる仕事なのです。…【続きを読む】

アニメの作画に就職するには

アニメ制作において、作画というのはその作品のクオリティーを決定づけるとても重要な要素になります。作画担当が絵を描き、それを動かしていくことでアニメは成り立っているのです。アニメが好きだったり、絵を描くのが好きな人であれば、テレビや映画のアニメーションを自分で描けるなんてまさに夢ですよね。…【続きを読む】

アニメの制作進行になるには

アニメの制作をスムーズに進めるために動く……それが【制作進行】。 アニメ制作の裏側を描いたアニメ『SHIROBAKO』の主人公・宮森あおいの仕事としても注目されましたね。アニメ制作会社には制作進行の求人がよく出されていますが、実際にはどのような仕事を任されるのでしょうか。実際の収入や労働環境・未経験でも就職できるのかという疑問を解決していきましょう。…【続きを読む】

CGクリエーターになるには

様々な業界で必要とされているCGクリエーター。様々な作業をこなせるCGクリエーターはアニメ制作でも重要な役割を担っています。ではCGクリエーターになるためにはどのような勉強・資格やスキルが必要なのでしょうか。またCGクリエーターの収入等も気になりますよね。…【続きを読む】

アニメの脚本家になるには

日本の文化になりつつあるアニメ。作画のこまかさ・動きの滑らかさと一緒に評価を得ているのが、脚本の内容です。最近は子ども向け同様、大人向け作品も人気が高くストーリー性が重視されています。その脚本の内容・セリフを考えているのが、アニメ脚本家と呼ばれる人達です。…【続きを読む】

アニメ監督になるには

アニメを見るとワクワクしたり、感動したり考えさせられたり色々な感情を楽しめます。 その感情が生まれるように作品をつくることがアニメ監督の一番の仕事。制作チームの先頭に立ってアニメ作品を演出してみたいと思う人はアニメ監督をめざしていきましょう。…【続きを読む】

色彩設計・色指定になるには

アニメの雰囲気を左右する画面の「色彩」。この色彩が明暗だけで物語のイメージやターゲット層が決まることもあります。 そしてこの色彩を決めているのが、色彩設計・色指定。色彩設計や色指定になるには色に対する鋭い感覚・画面全体の色彩を把握する力・キャラクターの心情を理解する能力等が必要になります。…【続きを読む】

アニメーターに就職するには?

アニメーターになるには、想像力や忍耐等さまざまなものが必要です。また一枚絵を描くより動きのある絵を描くことが好きな人に向いています。専門学校デジタルアーツ東京が、アニメーターに就職するための進路・方法・業界情報を紹介していきます。…【続きを読む】

アニメーターの3大魅力

アニメーターをめざす全ての人へ、そしてアニメーターってどんな仕事だろうという疑問をもつ全ての人へ。ここではアニメーターならではの魅力の数々を紹介していきます。…【続きを読む】

コンビニとアニメの関係

「進撃の巨人」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「ガールズ&パンツァー」。いずれも話題の作品として取り上げられてきたアニメのラインナップですが、これらのタイトルは全て、コンビニエンスストアでのコラボキャンペーンが実施されたことをご存知でしょうか。今回はそんなコンビニとアニメの密接な関係に焦点を当ててみたいと思います。…【続きを読む】

アニメーターに必要なもの

アニメーターになるために、特別な資格や学歴が必要といったことは一切ありません。しかし、時にそれ以上に難しい「想像力」「探究心」が求められる世界でもあります。今回はアニメーターにとって武器になるスキルや能力について紹介していきます。…【続きを読む】

^

  • スクールブログ
  • OB・OG紹介
  • 学生作品紹介