• 資料請求
  • 体験入学申し込み
お電話での資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

アニメーターコース

授業風景

授業風景

基礎から専門技術まで学び、第一線で活躍できるアニメーターに!

絵を描くのが好きで、アニメーション業界で働きたい人のためのコース。
デッサンの基本やレイアウト、原画実践、動画実践、アニメーション作画等の描写技術を身につけます。
現役のプロが講師となり、少人数制クラスで個別指導。近年の主流であるデジタルアニメにも対応し、2DCGや“CLIP STUDIO PAINT”を使った実習もあり、デジタルアニメの流れ全体を理解。卒業までに、プロの現場ですぐに活躍できるレベルの実力を養成します。

主なカリキュラム

「少人数制授業」で、即戦力を育成する実践的なカリキュラムでプロへの道をサポート!

  • レイアウト・原画

    与えられた設定を元にレイアウトを起こして原画を描く技術を学びます。

  • 制作実習

    卒業制作としてアニメーションを制作します。他学科とのコラボレーション(アニメ声優学科、ノベルス・シナリオ学科等)が経験できます。

  • 動画

    アニメーターに必要な動画の描き方(トレス・中割り)の技術を習得します。

  • 2DCG実習

    “Photoshop”“Illustrator”を使い、デジタル作品を制作する技術を学びます。

  • デジタル作画

    今後業界がデジタル作画に移行するのに備え、“Stylos” “CLIP STUDIO”を使ってオペレーションを習得します。

  • デッサン

    絵を描くための基礎として、物を全方向から捉えられる技術を学びます。

  • 演出・絵コンテ

    さまざまな作品を観賞したり、実際に絵コンテを描いて、何が有効で、何が作品をより良くするのかを学びます。

※ カリキュラムについては、各業界の状況に合わせ変更する場合があります。

ANIMATION

少人数制なのに学費が高くない。
さらに優遇制度も。

瀧澤 莉那 アニメーターコース 埼玉県・浦和学院高等学校出身

少人数制なのに学費が安く、さらにクリエイティブ優遇制度があることが、入学の決め手となりました。実際、先生にも質問しやすいです。
最近は動画の授業で線をキレイにクリンナップできるよう頑張っています。最初の頃よりトレース線が良くなってきて、中割りも少しずつ成長してきたと思います。

瀧澤 莉那

アニメ彩色コース

授業風景

授業風景

最新デジタル技術をマスター。アニメ制作の現場で輝くプロになる!

絵を描くのが苦手でもアニメが好きで、アニメ制作の仕事に携わりたい人のためのコース。
デジタル技術を駆使して、作画に色を塗る、動きをつける、特殊効果をつける等の技術を身につけます。
さらに、撮影や3DCGの基本技術、編集技術等も習得。現役のデジタルペインターやコンポジッターが講師となり、少人数制クラスで個別指導。
アニメ制作の全行程を理解したうえで作品づくりを学び、業界を担う即戦力を養成します。

主なカリキュラム

「少人数制授業」で、即戦力を育成する実践的なカリキュラムでプロへの道をサポート!

  • デジタル
    アニメーション概論

    個人やグループでメタモルフォーゼやショートアニメーション等を制作します。2年次での本格的なアニメーション制作の準備として、つくる楽しさや難しさを学びます。

  • 撮影・特殊効果

    “After Effects”等でさまざまなカットをつなぎ、特殊効果をつけリアリティのある作品にする技術を学びます。

  • 編集実習

    実際にグループでムービーを撮りながら、映像制作の基礎(カット割り・どこから撮るか・どう撮るか)を学びます。

  • 色彩学

    バランスや配色等、色についての知識を総合的に学び、カラーコーディネーター検定取得をめざします。

  • デジタル
    アニメーション実習

    アニメ制作に必要なデジタル技術(3DCG・コンポジット・ペイント)の映像づくりにおける関連性を学びます。

  • 実践学習

    社会人としてのコミュニケーション力を高めるための授業です。また、面接や試験等に備え、履歴書の書き方、自己PRの方法等も習得します。

  • デジタル
    ペインティング

    “Paintman”等で塗る技術の他に、デジタルペインターに求められる、線修正やスキャン等の技術も学びます。

※ カリキュラムについては、各業界の状況に合わせ変更する場合があります。

ANIMATION

ここなら自分の
好きなことができそうだな、と。

加藤 慎之助 アニメ彩色コース 東京都・都立足立西高等学校出身

体験入学に申し込んで学校を見に行き、確かめてから入学しました。ここなら自分の好きなことができそうだなと思い、認可校というのも重視しました。
今では、入学前にできなかったことができるようになり、クラスのみんなとも仲良くなりました。必要な技術を身につけるために、頑張っています。

加藤 慎之助
special interview

アニメの撮影、制作進行をそれぞれ担当。

長谷川さん:私はアニメの撮影業務をしています。今、担当しているのは、『モンスターハンターストーリーズ RIDE ON』です。“After Effects”を使った作業やカットのチェック表をつくる等が、主な仕事です。

髙野さん:僕も撮影の仕事をしています。今は『ドリフェス!』と言う男性アイドルグループが奮闘する作品を撮っています。4人の班でやっていて、その中の一人に入れさせて頂いているのですが、もう最終話なので、次の『弱虫ペダル NEW GENERATION』と重なる感じで作業をしています。

松尾さん:私は制作進行という業務をしています。作品の話数を一つ管理するという職業ですね。原画さん、作画さんを探すとか、演出さんとの打ち合わせ準備とか、前準備的なことが多いです。
今、担当しているのは、『リルリルフェアリル~妖精のドア~』と言う少女向けのアニメですが、大人の男性からも「かわいい!」と人気があるようです。

嬉しい瞬間は「修正なし」「エンドロール」

髙野さん:僕は、チェックが一発で通った時ですね。撮影が終わると、その班で一気に全カットを見てチェックをするんですけど、自分がやったところが一発で通った時は嬉しいですね。

長谷川さん:私もチェックが一発で通った時と、あと、エンドロールに自分の名前が出た時です。
入社して最初にやらせてもらったのが『ONE PIECE FILM GOLD』で、映画の最後に自分の名前が出た時は感動しました。

老平さん:うちは入社1年目でも半年でも、頑張ったら名前はエンドロールに載せていますからね。やっている作品数が多いので、そこは他の会社に比べると早いかもしれません。

松尾さん:私の場合は、V編が終わった時ですね。アニメ業界ではV編が納品にあたるんですけど、直しとかがない時はものすごく嬉しくて「やったー!」という感じです。

学校で学んだことが、役立っています。

松尾さん:制作進行は、最初はカメラワークとかの撮影業務は分からないという人が多いんですね。
でもデジタルアーツ東京では撮影業務を一から全部学べたので、今、すごく助かっています。

髙野さん:僕は今、会社で“After Effects”を使っているんですけど、学校でもメインで使っていたので、基本的な作業は学生時代にできるようになりました。
あと仕事中、たまにカット袋に書かれた指示が分かりづらかったりするんですけど、「学生時代に、これやったな」と思い浮かぶこともあって、そうするとすんなりできたりします。

長谷川さん:学校で“After Effects”の基礎をやって、その応用が仕事だと私は思っています。基礎がしっかりできているからこそ、できることがあるというか。インターンの時も、教えていただいた方にすごい誉められました。「普通は一から教えるから、もうちょっと時間かかるんだよ」って。

老平さん:基本的なことが分かっていると、入社後の伸びが違いますね。あとは、うちの採用基準としてはコミュニケーション能力やチャレンジ精神、アニメへの情熱と言った感じでしょうか。社会の一般常識も欠かせないので、その辺りは学生時代に身につけておいてほしいです。

デジタルアーツ東京は、体験入学で決めました。

松尾さん:アニメ彩色コースがあるのは、デジタルアーツ東京だけかなって思います。私の場合は、まずアニメ彩色を学んでどの道に進むか考えようと思い、デジタルアーツ東京を選びました。

髙野さん:僕は最初に体験入学したのがデジタルアーツ東京で、他は特には行きませんでした。行ってすぐに「ここにしよう!」と。楽しかったので(笑)。講師の方とアシスタントの在校生の方達が和気あいあいとやっている姿を見て楽しそうだなって。その時は色塗りを体験させてもらいました。おもしろいなって(笑)。

長谷川さん:私は他にも2校ぐらい見学に行きました。アニメって絵を描くのと声を入れるだけなのかなって思っていたんですけど、デジタルアーツ東京に行って初めて、いろいろな職種があって、たくさん学べることがあると知りました。ここなら全体的に学べるかなって。
入学前は撮影に行くって決めていなかったので、迷いながら、全部学んでみたいなって思いました。
少人数制だから先生と学生の距離が近くて、友達とまでは行かないですけど世間話とか悩みを相談したりとかも結構しました。

special interview

閉じる

講師紹介

  • 山根 裕二郎

    山根 裕二郎 先生

    映像を勉強と思わず楽しみましょう。授業では、現場で実際に使われている方法や技術等を体験していただきます。

    主な経歴

    • 「エア・ギア OAD」
    • 「モーレツパイレーツ」TVシリーズ
    • 「ログ・ホライズン 第1期」 他
  • 内田 広之

    内田 広之 先生

    実技を中心とした、実践的な作画法を教えていきます。
    「動き」の楽しさを体験してください。

    主な経歴

    • 「BLOOD+」
    • 「妖奇士」他
  • 古沢 英明

    古沢 英明先生

    アニメは「動き」が命。日常のあらゆることに興味を持ち、アニメ制作のヒントにする発想力・想像力を高めていきましょう。

    主な経歴

    • 「かいけつゾロリ」
    • 「ドラえもん」
    • 「未確認で進行形」
    • 「NEW GAME」他
  • 中島 孝人

    中島 孝人 先生

    現場に入ってから行う研修を、授業で丁寧にやります。
    アニメ制作に必要な技術、知識をじっくり身につけましょう。

    主な経歴

    • 「電脳コイル」
    • 「ロウきゅーぶ」
    • 「NOIR」
    • 「メダロット」
    • 「.hack//」 他
  • 髙橋 枝里

    髙橋 枝里 先生

    実際の現場でどのようにペイントが行われているかイメージできるよう、実践を重視しています。楽しく真剣に学びましょう。

    主な経歴

    • 「名探偵コナン」
    • 「デュエル・マスターズVS」
    • 「デュエル・マスターズVSR」 他
  • 小和田 良博

    小和田 良博 先生

    制作実習は、とても簡単なものから段階的に難度を高めていきますので、初めは知らないことだらけでも大丈夫。

    主な経歴

    • 「おそ松さん」
    • 「怪盗ジョーカー」
    • 「タッチ」
    • 「ドラえもん」
    • 「LINETOWN」
    • 「たまごっち」 他
  • 山本尚志

    山本尚志 先生 (特別講師)

    技術や知識だけでなく、この仕事に大切な「心」部分も伝えていきたいと思っております。

    主な経歴

    作画監督:

    • 「GOSICK」
    • 「HEROMAN」
    • 「妖奇士」他

    原画:

    • 「交響詩篇エウレカセブン」
    • 「とある科学の超電磁砲」 他

^

  • スクールブログ
  • OB・OG紹介
  • 学生作品紹介