• 資料請求
  • 体験入学申し込み
お電話での資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

イラスト・マンガ学科

イラスト・マンガ学科

キミだけが描ける世界、
生み出せるキャラクターを。

「絵を描くのが好き!」「新しいキャラクターをつくりたい!」
「マンガづくりをしたい!」という気持ちに応える、イラスト・マンガ学科。
少人数制クラスで、イラスト・マンガ業界で活躍するプロの講師陣が徹底指導します。
現場で使える知識や技術、コミュニケーション力が身につく実践的なカリキュラムが特長。
イラスト・マンガ業界で活躍できる人材を育てます。

ココがすごい
作品公開のチャンスが豊富!

学内コラボで他学科に作品を提供するのはもちろん、外部のイベントに参加したり、
在学中に現場の仕事が経験できるので、デビューや作品公開の場が多数。
卒業後もイラスト・マンガの制作依頼の紹介や、教室やデジタル環境の利用、
制作アドバイス等スキルアップにつながるサポートが受けられます。

イラストコース

授業風景

制作の様子

プロの技術と発想法を学び、豊かな感性を持つイラストレーターに!

求められるイメージを描き出せる、プロのイラストレーターをめざす人のためのコース。
アニメ・ゲーム・コミック等の“ポップカルチャー分野”から、カタログ・ポスター等の“ライフスタイル分野”までのイラスト技術を、
少人数制クラスで学びます。
デッサンや画材の選択方法等の基礎から、現役で活躍するプロの講師によるイラスト実習まで、言葉や写真、
実写映像にできない表現を可能にする力を習得。オリジナル作品を提案できるプロを育てます。

主なカリキュラム

「少人数制授業」で、即戦力を育成する実践的なカリキュラムで
プロへの道をサポート!

  • クリップスタジオ実習

    “CLIP STUDIO PAINT”を学び、イラスト制作ソフトによる線画や塗りの基礎を学びます。

  • デザイン概論

    映像資料や体験学習から、デザインの歴史、スタイルの移り変わりを学び、デザインの基本的な概念、意味や必要性について考えます。

  • デジタル作画

    “Photoshop”“Illustrator”等のデジタルツールで、イラストが効果的に表現できるような技術を学びます。

  • 制作実習 Ⅰ

    ヒト、モノ、風景の基礎的な描写を学び、年賀状やカットイラスト等、さまざまなテーマで商業イラストのトレーニングを行う授業です。

  • 制作実習 Ⅱ

    さまざまな画材や手法に触れる制作で、発想力を高め表現の幅を広げます。卒業作品としてパネル制作までを行います。

  • デジタルデザイン

    “Illustrator”を学び、名刺、ポスター、フライヤー、パッケージ、雑誌等、幅広いデザイン制作を行います。

  • 実践学習

    学内外イベント準備及び学内コラボ・企業依頼案件・作品公募等のフォローアップをします。また、持ち込みや投稿のアドバイス、就職活動に関わるマナー指導、一般教養対策も行います。

※ カリキュラムについては、各業界の状況に合わせ変更する場合があります。

学生の声

しっかりしたカリキュラムで、
知識と技術が身につく。

小杉 恵美さん イラストコース埼玉県・県立越生高等学校出身

カリキュラムがしっかりしていて、アナログ・デジタルを問わず知識と技術をしっかりと身につけられることも、入学の決め手になりました。
授業中に緊張せず先生に質問できるのは、少人数ならでは。
絵の知識や技術をさらに身につけつつ、人間性もしっかりとした立派なイラストレーターになりたいです。

小杉 恵美

キャラクターデザインコース

授業風景

制作の様子

業界最新の手法を学び、キャラクターの生みの親に!

ゲームやアニメ、企業や商品広告のキャラクター等を生み出したい人のためのコース。
絵の基礎となるデッサンや、イラスト作画とデジタル作画、アナログとデジタル両方の技法、一人ひとりの個性を活かしたキャラクターの創造方法等を、少人数制クラスで習得。
現役のプロの講師による実践的なカリキュラムで、プロとして通用するまでの技術を磨きます。
卒業後は、ポップカルチャーからビジネス関係まで、あらゆる分野での活躍が期待できます。

主なカリキュラム

「少人数制授業」で、即戦力を育成する実践的なカリキュラムで
プロへの道をサポート!

  • デッサン

    右脳トレーニングをはじめ人物デッサンを中心に骨格や筋肉の仕組みを学びます。また、ポーズ・体格・年齢等、さまざまなシチュエーションでスケッチやデッサンを通して基礎画力を身につけます。

  • デジタル編集

    “Photoshop”を学び、画像補正、素材やロゴの作成、ページレイアウト等、実践的な演習を行います。

  • キャラクターデザイン

    キャラクター設定や喜怒哀楽のつけ方、また時代や場面設定に応じた人物を中心にキャラクターの描き方を実習します。

  • キャラクター表現

    キャラクターを活かす手法から感情表現までを学び、キャラクターに命を吹き込む技術を習得します。

  • 色彩学

    色に関する知識や色の使い方、配色のバランス等を学びます。特にデザインにおける色彩のコーディネートを中心に学びます。

  • デフォルメ

    イラストに求められるデフォルメの基本技術や知識を学び、表現の幅を広げます。

  • デジタルペインティング

    “Photoshop”“CLIP STUDIO PAINT”等のツールで、「アニメ塗り」「グラデ塗り」「厚塗り」等のさまざまな彩色技術を学びます。

※ カリキュラムについては、各業界の状況に合わせ変更する場合があります。

学生の声

少人数制だから、先生やクラスメイトと
話す機会が多い。

福島 淳さん キャラクターデザインコース東京都・豊島学院高等学校出身

自分にはまだ画力が足りないので、授業をしっかりと聞くようにしています。課題が残っている時は、放課後に空き教室で進めてから帰ります。少人数制だから先生にすぐアドバイスをもらえるし、クラスメートとも話す機会が多く、とても良いです。自分にしか描けない絵を描けるよう、頑張りたいです。

榊原 希

マンガコース

授業風景

授業風景

マンガを「描く力」と、「考えてつくる力」をプロレベルで!

マンガが好きで、オリジナリティあふれるマンガづくりをしたい人のためのコース。
ストーリーづくりやキャラクター造形、コマ割り等の技術から、「笑える」「泣ける」「感動する」作品を生み出すための発想法までを、
少人数制クラスで習得。
現役のマンガ家である講師の指導で、マンガ制作に必要なすべてを網羅。
卒業後は、マンガやイラストの世界で活躍できる人材を育てます。

主なカリキュラム

「少人数制授業」で、即戦力を育成する実践的なカリキュラムで
プロへの道をサポート!

  • 映像演出

    映画・映像作品の鑑賞を通して、監督の演出技法やキャラクター設定、アングルやカット割り等をマンガ作品に活かせるようにします。

  • キャラクターデザイン

    マンガの中で人物を描く際の各パーツ(目や鼻等)のデフォルメ方法や喜怒哀楽のつけ方、また時代や場面設定に応じた人物を中心に、キャラクターの描き方を実習します。

  • 制作実習

    めざしているジャンルや雑誌に合わせて、講師とより近い環境で一人ひとりに合わせたプロット・ネーム・作画・発想アイデアトレーニングを

  • 背景・仕上げ

    集中線やおどろ線等の動きや効果演出のマンガ独特の表現技法を演習します。パースや背景の基本、建物(内部・外観)小道具だけでなくファンタジーや時代等ジャンルに合わせた背景の描き方も学び、アシスタントに必要なテクニックを学びます。

  • イラスト制作

    水彩絵具、コピック、カラーインク、色鉛筆等、さまざまな画材を使い、画用紙にアナログ作品の制作を行います。

  • コマ割・演出

    読みやすい視線誘導や、ストーリーに読者を引き込むためのコマ割・構成の演出の仕方を勉強していきます。

  • デジタル作画

    “Photoshop”を使ってキャラクターやイラストの彩色を演習し、2年次では“CLIP STUDIO PAINT”を使ってデジタルマンガの制作を行います。

  • 発想法

    ストーリーづくりやキャラクターの立て方やアイデアの出し方、エピソードの組み合わせ等、マンガの骨格をつくる勉強や演習をしながら基礎をしっかり身につけていきます。

※ カリキュラムについては、各業界の状況に合わせ変更する場合があります。

学生の声

休み時間や放課後も、
友人とお互いを磨き合う。

森田 ひかりさん マンガコース埼玉県・浦和学院高等学校出身

最近は多くの雑誌がデジタルを推しているので、デジタルでの作業に私も真剣に取り組んでいます。休み時間には友人とイラストやマンガの意見交換等をしています。放課後はバイトをしたり、空いている教室で友人と作品づくりをしたり。今後はめざしている雑誌で賞を取り、デビューするのが夢です。

森田 ひかり

フリーランスや業務委託で、活躍中。

松尾さん:私は8年前にデジタルアーツ東京を卒業してから、ずっとフリーランスとして働いています。手がけるジャンルは広くて、キャラクターデザイン、イラスト、Webデザイン、ロゴ制作、名刺デザイン、背景の制作、漫画とか、本当にいろいろやっています。ゲームの制作でアートディレクターの補佐として入り、世界観の担当と、イラストレーターをまとめてキャラクターの監修をしたりもしています。

植村さん:私は2016年に卒業して、今はマッドハウスというアニメ制作会社の子会社、マッドボックスという会社の業務委託をやらせてもらっています。ライトノベルの表紙を描いたり、ゲームのキャラクターを描いたり、他からの委託で描くことが多いです。マッドハウスのアニメの手伝いもします。今、主にやっているのがゲームアプリの作成と、モラルアニメ(教科書等をアニメ化したもの)のキャラクターデザインです。

島村さん:私は植村さんと同じクラスで、同じ時に卒業しました。在学中はいつも一緒というか、隣にいました(笑)。仕事は、フリーのイラストレーターとして働いていて、「こういう風に描いてください」という指示を元にキャラクターを描いたりしています。小物とか小さなモンスターとか、元の等身大キャラクターに対してのデフォルメキャラクターとか、アプリのゲームとかも制作しています。

学校で学んだことが、今、活きています。

植村さん:今の仕事は基本、アナログの方が少ないので、在学中に“Photoshop”や“CLIP STUDIO PAINT”の使い方を教わったことが、本当に助かっています。仕事で使うのが“Photoshop”と“CLIP STUDIO PAINT”、“SAI”とか、そればっかりなので。

松尾さん:私もそうですね。あと役立ったのが、授業の課題で「こういうのを描いて」というのがいろいろあったことです。今までは自分で好き勝手に描いていたんですけど、仕事ってテーマに沿って描くのが基本で、「こういう風に描いてください」みたいな指示書が来るんですよね。自分が好きか?というよりは、人が望んだ通りにつくる、クライアントの意思を汲めるという練習にはすごくなったと思います。

島村さん:私は家で“Photoshop Elements”というソフトを使っていたんですけど、元のソフトである“Photoshop”の使い方を教えてもらったり、“Illustrator”を使って名刺をつくったり、デザインの勉強もできたことが役立っています。あと松尾さんと同じで、課題で自分が描かないようなものを練習して、それが自分の力になったのは大きかったなと思います。

デジタルアーツ東京は、体験入学で決めました。

植村さん:デジタルアーツ東京は、通いやすさと、体験入学に来て「あ、ここが一番自分に合ってそうだな」と思って選びました。少人数っていうのが良いのと、先生の接し方がフレンドリーというか、あまり緊張しないで通えそうだなと(笑)。

島村さん:私は2校だけ行きました。でも、通学のしやすさと、植村さんが言ったみたいに、体験入学の時、少人数制で先生との距離感が近いなって思ったのが決め手ですね。

松尾さん:私はWebで専門学校を調べた時に、「あ、ここかな?」って思いました。それで体験入学に行ったら、すごく楽しくて、「あ、やっぱここだね!」っていう感じで決めちゃいました。体験入学ではTシャツのイラストを描いたんですけど、課題の進め方とか先生のアドバイスが、しっくり、ぴったり来る感じで。「こういうのを、やりたい!」って。その時に初めてお会いした先生の授業は、入学してからも本当に楽しみでした。

未来の後輩に向けてのメッセージ。

島村さん:「面倒くさがるな」と言いたいです(笑)。面倒くさがって、描くのをちょっとでもやめてしまうと、割とすぐに画力が落ちるから、デッサンとかも夏休みも毎日やった方がいいし、とにかく描き続けて欲しいです。

植村さん:迷っているなら、やめた方がいいよ、と私は思います。本気でやりたいと思わないと、この仕事は続けられないので。本当に絵でやって行こうと思うなら、こういう専門学校に通うことが近道になると思います。

松尾さん:絵を仕事にできるかは簡単に分かって、とりあえず2年か3年、空いた時間は毎日絵を描いてみるといいと思います。それで2年、3年経っても「やっぱり絵を描くの楽しい!」って思ったら、適性があると思います。続けると嫌になっちゃうのが一番ダメで、いつでも楽しく描けるのは最強なんで。私は気づくと何時間も描いていたりして、何かトリップする感じはありますね。その感覚がやめられなくて仕事をしているのかも。

植村さん:「絵、描くの疲れたー。よし、絵、描こう!」みたいな。それもまた本気になっちゃうみたいなの、ありますよね(笑)。

表紙&扉絵 イラストメイキング

講師紹介

  • 富崎 NORI

    富崎 NORI 先生

    イラストを描きながら、パソコンでの彩色や画像加工も学習。感性を刺激し、個性を伸ばす、可能性あふれる授業を行います。

    主な経歴

    • 「ステーシーズ 少女再殺全談」表紙
    • 「トーキングヘッズ叢書(TH Series)
      No. 42」表紙

    「Newton」「ムー」でのイラスト担当 他オリジナル作品集多数

  • 桑原 一之

    桑原 一之 先生

    仕事になる「使える」イラストを描く。そのためのすべてを、楽しく分かりやすく教えていきます。

    主な経歴

    雑誌の挿絵から施設の壁画等の広告イラストレーション。

    • 「対馬丸記念館」
    • 「うなぎパイファクトリー」
    • 「東京ガス」
    • 「JICA地球ひろば」 他
  • 猫井 るとと

    猫井 るとと 先生

    具体的なものから、あなたの想像力のレベルが判明してしまうような課題もがんがん出します。自分の限界に挑戦してみてください。

    主な経歴

    女子高生漫画家としてビュー。現在はイラスト中心に活躍中。

  • 夏木 れい

    夏木 れい 先生

    授業は、正しい道筋と個性を引き出す近道。仲間とも協力し合い、未来に向かってモチベーションとクオリティをアップしていこう!

    主な経歴

    • 「ネイルアートの恋」
    • 「眠れぬ森の悪魔・奥田瑛二原作」 他
  • 上田 悦

    上田 悦 先生

    絵をうまく描くための「輪郭・スペース・対比・明暗」の4つの基本技能等を教えます。失敗から学べば成長も早いよ!

    主な経歴

    • 「恐竜カーニバル」
    • 「ワンワンパラダイス」
    • 「超香少年サトル」 他
  • 久松 文雄

    久松 文雄 先生

    絵が好き、マンガが好き、という気持ちが、上達への一番の条件です。楽しみながら夢の実現にチャレンジしてください。

    主な経歴

    • 「風のフジ丸」(月刊ぼくら)
    • 「スーパージェッター」(少年サンデー)
    • 「まんが日本の歴史」(集英社) 他
  • 細井 雄二

    細井 雄二 先生

    作品づくりはもちろん、それ以外の話もいろいろ聞き、自身が気づいていない作画スタイルや構成方法、方向性をアドバイスします。

    主な経歴

    • 「少年探偵ジュンの事件簿」
    • 「カードダス少年団」
    • 「餓狼伝説」
    • 「黎明の艦隊」 他
  • 千之 ナイフ

    千之 ナイフ 先生

    自分の世界観で、人を楽しませる。それができたら、自分も楽しくなれる。

    主な経歴

    • 「魔空間ゼロ」
    • 「闇のシルエット」
    • 「死太郎くん」
    • 「迷宮サーカス」 他
  • 中塚 真

    中塚 真 先生

    絵が好きなのに自信のない方、理想と現実の差の大きさがその人の伸びシロです。ぜひ僕と一緒に大好きな絵を研究してみましょう!!

    主な経歴

    • マーブルコミック社「X-MEN」
    • 「ファンタスティックフォー」
    • ダークホース社「スターウォーズ」 他
  • 旗利

    旗利先生

    コマ割り、ネームづくりを重点的に教えます。続けていれば「良かった!」と思う時が必ず訪れます。一緒に頑張りましょう!

    主な経歴

    月刊ビッグガンガン

    • 「御曹司と高橋」
    • 「背後に立たせて。」
  • 中村 ちはる

    中村 ちはる先生

    嫌々描く絵では上手くなりません。一人ひとりが楽しめる授業を行います。あなたの夢が叶うよう、お手伝いします。

    主な経歴

    (株)アトム ストーリー勤務。主にウエディング演出用の「パラパラ漫画」を制作。TVや雑誌等のメディアでも紹介される。

  • 湯浅 一夫

    湯浅 一夫先生

    自分の「好き」という気持ちを信じ、楽しみながら手と頭を動かし、創作活動をしましょう。才能のあるなしは、自分で決めつけてはいけません。あなたの夢の実現、お手伝いしますよ。

    主な経歴

    • 「月刊ぴあ」表紙
    • 「ヤングジャンプ」表紙
    • 出版・広告関連多数
  • 米澤 修

    米澤 修先生

    頭の中だけでなく、実際に手を動かして考えること。クリエイティブな仕事は、自分がすべてだ。

    主な経歴

    多摩美術大学大学院
    美術研究科修了

^

  • スクールブログ
  • OB・OG紹介
  • 学生作品紹介