• 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

イラストコラム

イラスト専門学校の就職は実際どうなの?先輩達の前例をチェック

イラスト専門学校の就職は実際どうなの?先輩達の前例をチェック
イラスト専門学校に関する不安として多いのが、「本当に就職できるの?」というものです。

この記事では、イラスト専門学校から就職できる職種や企業、そして学校の就職サポートについて紹介します。
読めば、イラスト専門学校は就職に強いということが分かるようになります。

イラスト専門学校からめざせる主な職種

まずは、イラスト専門学校に通うと、どんな仕事ができるのかを紹介します。

ちなみに、ここで紹介するのは代表的な職種の一部です。
他の職種もめざせることがあるので、各学校ホームページの「めざせる職種」や、個別相談等でも確認してみましょう。

イラストレーター

イラストレーターは、幅広い分野で活躍できます。
主に、広告業界や出版業界、そしてゲームやアニメ等のエンタメ業界で働くことが多いです。

広告業界ではポスターや雑誌、パッケージ等のイラスト、エンタメ業界ではゲームやアニメに使用されるイラスト等、手がけるイラストはさまざまです。

イラストとデザインの両方を担当することも多いので、グラフィックデザイナーとして就職することも。

働き方も多様で、企業に就職する場合もあれば、フリーランスとして個人で仕事を受ける場合もあります。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメに登場するキャラクターのビジュアルや設定を考えます。

キャラクター制作の現場では、イラスト制作会社に依頼するか、作品をつくっている企業が自社で制作することが多いです。

そのため、キャラクターデザイナーは、イラスト制作会社、ゲーム制作会社、アニメ制作会社等に就職するのが一般的です。

マンガ家

イラストのスキルの他、ストーリーやセリフを考えるスキルも身につければ、マンガ家として活躍できる可能性もあります。

マンガ家というと、マンガ雑誌やマンガアプリ等で連載を持っている作家を想像しますよね。
ただし、中にはマンガを描くスキルを活かして、企業で活躍するマンガ家もいます。

最近では、マンガを描くスキルを求める企業が増えています。
特に、YouTubeで流れる動画広告や、パンフレット等を製作する企業で、マンガを描ける人が求められることが多いです。

イラスト専門学校の主な就職先


では、イラスト専門学校の卒業後の進路をもっと具体的にイメージできるように、主な就職先を見ていきましょう。

イラスト・デザイン制作会社

イラスト・デザイン制作会社では、ポスターや雑誌、CM、ゲーム、アニメ等、イラストが使われるメディアやコンテンツをつくっている企業から、イラスト制作の依頼を受けます。

上記のような、色々な種類の仕事を受けられるのが魅力です。
ただし、依頼主からイラストに関するこまかい指定を受けるので、自由にイラストを描ける訳ではありません。

イラスト・デザイン制作会社では、PhotoshopやIllustratorのスキルが求められます。

その他メーカー

広告物や雑貨等をつくっているメーカーで、自社製品のイラストを手がけます。
イラスト・デザイン制作会社のイラストレーターがアウトソースと呼ばれるのに対し、社内のイラストレーターはインハウスと呼ばれます。

自社製品だけを手がけるので、アウトソース程色々な種類の仕事を受けられる訳ではありません。
一方で、例えば食品メーカーなら食品のパッケージだけ等、特定の分野のイラストを極められるというメリットがあります。

ゲーム制作会社・アニメ制作会社

ゲームやアニメで使用されるイラストを手がけます。
CLIP STUDIO PAINTやSAI、Photoshopのスキルが求められることが多いです。

また、3DCGのスキルもあると活躍の幅が広がるでしょう。

卒業生の活躍

イラスト専門学校に通った学生の、さらに具体的な進路を見てみましょう。
専門学校デジタルアーツ東京の卒業生は、次のような活躍をしています。

・パッケージやロゴを制作するデザイン制作会社
ある先輩は、出版業者や美容サロン、食品メーカー等、さまざまな大手企業と取引のあるデザイン制作会社に就職しました。
学校で学んだ、業界のトレンドやテクニックが、就職後も役に立っているとのことです。

・フリーイラストレーター
また、ある先輩は、スマホアプリやイラスト教本、アーティストのジャケットイラスト等を手がける、フリーのイラストレーターに。
講師から業界のことを教えてもらえたお陰で、多くの人とつながりを持てたそうです。

>>専門学校デジタルアーツ東京 卒業生からのメッセージ

イラスト専門学校の就職サポート


ここからは、イラスト専門学校で受けられるさまざまな就職サポートについて紹介します。
ここでは、就職サポートの手厚い学校を例に挙げて見ていきましょう。

学内イベント

プロのイラストレーターが、イラストの仕事に必要なスキルや、業界の情報等について話してくれるセミナーが開催されます。
また、学内で独自の会社説明会が行われる学校も。

企業とのつながりが強い学校程、学内イベントが多く行われています。

キャリア相談

イラスト専門学校のキャリアセンターは、学生一人ひとりの相談に乗ってくれます。

将来やりたいことを一緒に整理してくれたり、お勧めの企業を紹介してくれたりします。
さらに、志望する企業の面接対策もできるのが魅力です。

プロが就職をサポートするので、安心して就職活動を進められるでしょう。

履歴書とポートフォリオの指導

キャリアセンターでは、履歴書の添削を行ってくれる他、ポートフォリオのつくり方も指導してもらえます。

履歴書やポートフォリオは、書類選考の合否に大きく関わるので、プロに教わりながら記入したり制作したりするのが大切です。

イラスト専門学校なら、個別で履歴書やポートフォリオの指導が受けられます。
志望する企業や、一人ひとりの強みに合わせてつくれるので、書類選考の対策も万全です。

まとめ

イラスト専門学校の就職先は、さまざまです。
卒業後、やりたい仕事や理想の働き方ができるイラスト専門学校を探してみましょう。

専門学校デジタルアーツ東京には、イラスト専攻とキャラクターデザイン専攻に分かれたイラスト学科と、マンガ・イラスト学科があります。

学科や専攻がこまかく分かれているので、将来やりたいことに特化して学べるのが魅力です。

あなたのやりたい仕事は、どのコースでめざせるでしょうか。
学科ページで確認してみてくださいね。

>>専門学校デジタルアーツ東京 学科紹介

イラスト専門学校に通う決心がまだつかないという人は、学校についてさらに詳しく紹介しているこちらの記事も読んでみてはいかがでしょうか。
>>イラスト専門学校に通うメリットは?選び方や卒業生の声を調査