デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

絵本のイラストレーターになるには

イラストレーターの仕事にはさまざまな種類があり、絵本のイラストを担当することもあります。絵本のイラストレーターのイメージはなかなか湧かないと思うので、紹介していきます。

絵本イラストにもさまざまな画法が存在し、決められたものがありません。 そのため絵本のイラストレーターは、自分が一番得意な分野で勝負することができます。

しかし、子ども向けの絵本の場合、対象とするのは子どものため、あまりにも前衛的すぎたり刺激的すぎるイラストを用いた絵本はあまり好まれず、分かりやすく伝わりやすい絵本が求められます。

絵本のイラストレーターに必要なこと

絵本のイラストレーターは、子どもが絵を見て何を思い、何を感じるのかを常に意識しながら絵本のイラストを描かなければなりません。 イラストレーターにとって相手のことを考えながら描くのは当たり前かもしれませんが、対象が子どもとなると余計に難しくなります。 絵本のイラストレーターは子どもの気持ちに寄り添いながら、敏感に物事を感じ取ることが求められてきます。

また、子どもたちが求めることも時代とともに大きく変化してくるので、常に時代の流れを学び続ける必要があります。 同じような固定概念だけで、イラストを描き続けるとおもしろみの欠ける作品となってしまうので、積極的に知識を吸収する姿勢が、絵本のイラストレーターに必要になります。

絵本とイラストレーターの役割

絵本は子どもの教育にとって、非常に重要な役割を担っており、読んだ絵本からさまざまなことに興味を持ちこれからの人生に大きな影響を与えるきっかけにも繋がります。 絵本のイラストレーターはこのことをしっかりと把握した上で、責任を持ってイラストを描かなければなりません。 子どもは多感で、大人では気がつかないことや想像もしないことを考えたりします。 イラストレーターがどれだけ子どもの気持ちに敏感で、寄り添うことができるかが、絵本のイラストレーターにとって求められることになります。

またイラストレーターは、絵本が子どもにとってどのような影響を与えるのかということも十分に意識しながらイラストを描かなければなりません。

まとめ

絵本のイラストレーターは、一般的なイラストレーターと違い感受性をより豊かにしなければなりません。 それは、対象を子どもにしているからです。 子どもが描いたイラストを見て何を思い、何を学ぶか想像しながら仕事をしないといけないのです。

そのため、絵本のイラストレーターは人一倍気持ちに敏感になり、子どもに寄り添ってイラストを描くことが求められるのです。 前衛的で芸術面の強い作品よりも、単純で説明しなくてもイラストが表しているものが何か分かるものを描くようにしましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works