デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

グラフィックデザイナーになるには

駅やお店に貼ってあるポスターや雑誌の広告ページの多くは、グラフィックデザイナーがデザインしています。自分もグラフィックデザイナーになりたい!と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際どのようにグラフィックデザイナーになるのか分からないという方も多いですよね。 そこでこのページでは、グラフィックデザイナーになるにはどうすればいいのかお話ししていきます。

グラフィックデザイナーとは

そもそもグラフィックデザイナーの仕事とは、ポスターや雑誌の広告等の印刷媒体のデザインや、Webサイトに使用するグラフィックデザインの企画や制作、納品までを行うことです。
印刷媒体のデザインには、表紙のデザインや新聞の折込みチラシ、会社や商品のパンフレット作成等があります。
グラフィックデザイナーはお客様の要望を中心とした企画の提案やコンセプトをもとに、訴求するべきターゲット層の心に響くデザインをつくり上げることが求められます。

グラフィックデザイナーになるまでのルート

一人前のグラフィックデザイナーになるには、デザインの勉強ができる美術大学やデザインの専門学校で学んだ後、デザイン事務所や広告制作会社等の、デザインの仕事に携われる会社に就職する方法が一般的な道です。

その時に、ポートフォリオを作成し、自分を売り込むことも重要なポイントです。
また、会社で働く前にIllustratorやPhotoshopの使い方を身につけておくと就職に有利になることが多いです。

実際の仕事を通して経験を積み重ね、実力をつけることで大きな仕事を任されることや、独立のチャンスをつかむこともできるでしょう。

グラフィックデザイナーになるために身に付けたいスキル

グラフィックデザイナーになるには、センスが必要です。
しかし、それ以外にも必要なスキルがあります。
ここでは、グラフィックデザイナーとして働く時に身につけておいた方が仕事をする上で有利となるスキルを紹介します。

デザインの基礎知識

グラフィックデザイナーになるには、街で見かける広告やWebサイトのデザインをする際に、写真やフォントのレイアウトや配置といったデザインの知識が必要になります。
レイアウトは、グラフィックデザインにおいて基本的なスキルの一つで、見る人の視覚を誘導し、伝えたいことを伝わりやすいレイアウトにデザインするスキルが求められます。
それ以外にもフォントの種類を把握したり、色の使い方等の基本的な知識を覚えたりすることが必要です。

グラフィック作成用のソフトの使い方

グラフィックデザインをするためには、グラフィック作成用のソフトを使いこなせるスキルも必要です。
グラフィックデザイナーは、基本的にIllustratorやPhotoshopを使ってデザインしているので、基本的な操作ができることが前提となります。
操作ができるようになるには、書籍で学ぶこともできますが、専門学校で集中して技術を身につけた方が早く習得できます。

スキルの証明となる資格

グラフィックデザイナーになるには、必須な資格はありませんが、持っていると就職に有利に働く資格はあります。
例えば、Adobe認定エキスパートや色彩検定の資格等は持っていると実務に生かしやすく、スキルの証明にもなる資格といって良いでしょう。

  • Adobe認定エキスパート
  • Illustratorクリエーター能力認定試験
  • Photoshopクリエーター能力認定試験
  • 色彩検定
  • DTPエキスパート認証試験

グラフィックデザイナーの活躍の場所

街や家のいたるところにあるポスターや広告には、グラフィックデザインが使われています。
これらを手がけるグラフィックデザイナーはどんな場所でデザインをしているのでしょうか。
グラフィックデザイナーが活躍できる場所について見ていきましょう。

広告制作会社、広告代理店

広告制作会社や広告代理店は、多くのグラフィックデザイナーが活躍している場所です。 広告代理店は雑誌やWebサイト等のメディアで、スポンサーに広告を提供することで得られる手数料を収益とする企業です。

広告代理店のほとんどが、グラフィックデザイナーを社員として所属させて、自社で広告作成を手がけています。
大手広告代理店は高い給与水準を維持しているので、人気のある就職先です。

企業の広告宣伝部

企業やメーカーの広告宣伝部も、グラフィックデザイナーが存在感を発揮している職場です。
このような会社に籍を置くグラフィックデザイナーは、商品のパッケージやロゴマークのデザイン、商品コンセプトのデザインをして下請け会社に制作を依頼するパターンもあります。

出版社

出版社でもグラフィックデザイナーは頼りにされています。
企画内容やコンセプト、ターゲットに沿ったデザインを考案して、レイアウトや編集を行ったのちに、印刷や出版できる状態にデザインを制作します。
仕事によっては、イラストレーターやコピーライターとチームになって、制作を行うこともあります。

フリーランス

今まで挙げたポジションで、グラフィックデザイナーとしての力がついたら、独立して自分の名前で仕事を受けることも可能です。
自分の頑張りやチャンス次第で、知名度や収入を上げることができるでしょう。

まとめ

今回は、一人前のグラフィックデザイナーになるにはどうすればいいか、についてお伝えしました。
グラフィックデザイナーに必ず求められる資格はありませんが、デザインの知識やデザイン用のソフトを扱うスキルが求められます。
独学でも習得は可能ですが、デザイン専門学校でしっかり学ぶ方が短期間で技術を習得できるでしょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works