デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

アートディレクターは、広告、Webサイト、雑誌、イラスト等さまざまな媒体のビジュアル表現の責任者として、デザインの考案や制作指導をする人です。
デザイン分野で自分がメインとなってディレクションを行っていきたいと思う方にとっては、憧れの職業ですよね。

しかし、実際にアートディレクターになるための方法については知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、デザインの現場を取りまとめるアートディレクターになるにはどうすればいいかをお伝えします。

アートディレクターの仕事内容とは

前述しているとおり、アートディレクターは、さまざまな媒体のビジュアル表現の責任者として、デザインの考案や制作指導をする人のことです。

クライアントや自社のプロデューサー、編集者等と、企画の方向性を打ち合わせて、それに応じたデザインを考えていきます。
その後、考案したデザインをデザイナーに伝え、製作された作品ができ上がるとチェックをし、全体を整えながらクオリティの高い作品をつくっていきます。

基本的には自分でデザインをつくっていくというよりは、実際にデザインを行うデザイナーをコントロールしていく立場になりますが、兼任としてデザイナーとしての作業を行う場合もあります。

アートディレクターになる方法

アートディレクターになるには、デザイナー(グラフィックデザイナー等)としての経験を積むことが必要となります。
ある程度デザイナーの経験を積んだ後にアートディレクターとしてステップアップするケースが一般的です。

多くの場合は、グラフィックデザインに関する学科のある大学や専門学校で学んだ後に、デザイナーとして広告制作会社やデザイン事務所に就職します。
そして、デザイナーとして働きながら経験を重ねた後、アートディレクターへと昇進することができます。

アートディレクターに必要な能力とは

アートディレクターとして必要な能力は、デザインやグラフィックのスキルだけにとどまりません。
業務を進めていく中で求められる能力を下記にまとめましたので、見ていきましょう。

調整する力と決断する力

現場をとりまとめられるようになるには、調整する力と決断する力が求められます。
アートディレクターは、クライアントとデザイナーの間に入ることも多く、両者の意見を聞き入れながら調整を行なっていく調整力が必要です。
双方の意見が合わない時には意見をまとめ、決断すべき時にはしっかり意思決定をする力も求められます。

視覚表現に関する知識

ディレクションの総合責任者でもあるアートディレクターは、作品に関係のある映像や写真、色彩といった幅広い知識を持っていた方が仕事に生かせるでしょう。
また、アートディレクターになるにはデザインツール(IllustratorやPhotoshop等)も使いこなせることが重要となります。
一通りデザインツールを使うことができればデザイナーへの指示も出しやすくなります。

アートディレクターに向いている人

アートディレクターは、デザインの世界では多く人がめざす、花形の職業の一つです。
アートディレクターに向いている人とはどんな人なのか、見ていきましょう。

センスの良い人

アートディレクターは、クライアント(広告主)が希望するディレクションをつくり上げることが主な業務です。
そのため、多くの現場ではデザイナー等がデザインを行っています。
しかしながら、アートディレクターはデザイナーに指示を出していく立場でもあることから、デザインを判断できるセンスと知識も持っていなければなりません。
デザイナーと感覚を共有できるセンスがあれば、デザイナーへの指示も伝わりやすく良い仕事ができるようになるでしょう。

人と関わって物をつくり上げるのが好きな人

デザインが完成するまでは、多くのスタッフと連携を取りながら、作業を進めていきます。
また、クライアント(広告主)ともやりとりをしていくので、コミュニケーション能力は必要です。
そのため、アートディレクターは、周りを巻き込み引っ張っていくことも求められます。

エンターテイメントに興味がある人

アートディレクターは、表現に対する豊かな感性を備え、新しいアイディアを常に提供できるようにしておくことも大切です。
日頃から好奇心を持って情報収集することで、デザインセンスを磨いていくこともアートディレクターになるには必要となります。

アートディレクターの現状と将来

広告業界はここ数年、少しずつそのシェアを拡大させています。
インターネット広告市場の盛り上がりに牽引されて、今後もその市場規模は拡大すると予想されています。
さらに、近年注目を集めているのがセールスプロモーションとインターネット、モバイルサイトとの連携です。
こうしたトレンドも、アートディレクターの仕事を増やすことにつながるでしょう。

ただし、市場が拡大するほど競争も激化するので、他者との差別化されたオリジナリティの高い表現、アイディア、テーマを提案する力が必要となります。
アートディレクターとして生き残れるようになるためには、自分だけの強みを持つことができるかが重要になるでしょう。

まとめ

今回はアートディレクターになるために必要なことをさまざまな視点でお伝えしました。
制作チームのリーダーであるアートディレクターはデザインに関する深い知識と制作現場における経験が必須な仕事です。
人をまとめることも多いので、調整力やコミュニケーション能力も求められます。

決して楽な仕事ではありませんが、デザインに自分の考えを投影できるので、とてもやりがいがあります。
デザインを仕事としたい時に、将来のステップアップの候補としてアートディレクターという仕事に目を向けてみてはいかがでしょうか。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works