デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

一人前のゲームプログラマーになるには、どうすれば良いか知りたいと思ったことはありませんか?
ゲームプログラマーは、将来ゲームをつくる仕事をしたいと考えた時、候補として出てくる職業の一つです。

今回このページでは、ゲームプログラマーの仕事の内容や、ゲームプログラマーになるにはどうしたらいいのかをお伝えしていきます。

ゲームプログラマーはどんな仕事

まずゲームプログラマーとは、企画立案されたゲームを仕様書に沿って、映像やキャラクターの動き、効果音が組み合わさり動くようにプログラミングを行う仕事です。

ゲームに登場キャラクターを生き生きとスムーズに動かすことや、コントローラーでの操作に合わせて動くように設定すること等を、プログラミング言語でつくっていきます。
そのため、ゲームプログラマーはプログラミング言語の習得やコンピューターに関する知識が必要になるため、日頃から技術と知識を高めていく姿勢も必要です。

ゲームプログラマーとして一人前になるには

ゲーム制作に携わるゲームプログラマーとして一人前になるには、ゲーム制作に必要となるプログラミングを習得することが前提条件です。
そこで、次はゲームプログラマーとして仕事をしていくにはどうすればいいのか、一緒に見ていきましょう。

大学やゲーム系の専門学校へ進学する

ゲームプログラマーになるには、大学や短大または専門学校に進学し、プログラミングを学んでからゲーム制作会社に就職する方法が一般的です。
ゲーム制作で使用するプログラミング言語の知識がないと、ゲームプログラマーとして就職先を探すことに時間がかかります。

現在活躍しているプログラマーも大学や短大、専門学校等でプログラミングを学んでから、働きたいと思った就職先に就職しています。
そのため、大学やゲーム系の専門学校へ進学し、就職することが確実にプログラマーになれる方法といえるでしょう。

独学で学ぶ

そして、学校でプログラミングを学ぶ人もいれば、独学でプログラミングを覚えてプログラマーになる人もいます。
独学でインターネットのサイトや本、動画教材等を使ってプログラミングを学び、ゲームを作成することもできます。

ゲーム制作会社の採用試験の中にも、自分で制作したゲームをポートフォリオとして求められる場合があり、就職試験を受ける希望者はオリジナルゲームの制作をする必要があります。
独学で制作したゲームが認められ、ゲームプログラマーとして就職している人もいますが、その道は決して簡単なものではないものだと思っておきましょう。

ゲームプログラマーに必要な能力とは

ゲームプログラマーに必要な能力は、プログラミングだけではありません。
ゲーム制作やゲーム開発をする上で、ゲームプログラマーに必要な能力は何なのか紹介します。

論理的思考

プログラミングには論理的思考力が求められます。
プログラミングは数学や物理等の理数系の問題のように、書き方に一貫した法則があります。
うまくいく理由、うまくいかない理由がはっきりしているので、論理的に物事を考えられることが求められます。

コミュニケーション能力

ゲームプログラマーは、想像している以上にコミュニケーション能力が必要となる仕事でもあります。
一人でプログラミングを組む場合でも、クライアントや上司の意図を汲み取る必要があります。
また、チームでプログラムを組む場合等は、メンバーと相談してプログラミングの整合性を取らなければならないので、コミュニケーション能力が非常に重要です。

>>ゲームプログラマーに必要な能力をもっと詳しく

ゲームプログラマーに向いている人

ゲーム制作の要となるゲームプログラマーは、ゲームが好きな人にとって、とても魅力的な職業です。
そんなゲームプログラマーはどんな人に向いているのか見ていきましょう。

ゲームが好きで好奇心旺盛

ゲームプログラマーはゲームが好きでなければ続けられない仕事です。
さまざまなゲームに関する知識を集めるためには、たくさんのゲームをプレイしてみることが一番の近道です。
ゲームは常にトレンドが変化するため、好奇心を持ってアンテナを張りめぐらし、情報を集めておく必要があります。

遊び心がある

ゲームはユーザーに楽しく遊んでもらうことが目的です。
ユーザーの心を掴むためにも、制作側は遊び心を大切にする必要があります。
面白いゲームは、世界観やキャラ設定、会話の中のちょっとした掛け合い等至る所に遊び心が散りばめられています。
遊び心は、ユーザーの楽しいという気持ちを増幅させて、ゲームをより魅力的なものにすることができます。

精神的にも体力的にもタフ

ゲーム制作には納期がつきものです。
特にオンラインゲームのイベントは季節ごとに開催されるため、スケジュールを変更することができません。

例えば、クリスマス限定で行うイベントは、クリスマスが終わった後に行うことはできません。
それにクリスマス後は年末年始をなるので、また別のイベントが始まります。
このように、イベントが重なる時期は確実に忙しくなるので、その時期を乗り越えられる強い精神力と体力が必要となる仕事です。

>>ゲームプログラマーの適性をもっと詳しく

ゲームプログラマーの将来性

近年のゲーム業界では、スマートフォンのシェアが拡大したことにより携帯ゲームが一気に世の中に普及しました。
家庭用ゲーム機も新しい機種が次々に発表されているので、変化が激しい業界です。
ゲームプログラマーは新しいトレンドの流れに柔軟に対応していくことが求められます。

>>ゲームプログラマーの将来性についてはこちら

まとめ

本ページでは、ゲームプログラマーという仕事になるには、そしてゲームプログラマーに必要な能力や適性についてご紹介していきました。

ゲームプログラマーはゲーム作品を制作する上で、なくてはならない仕事の一つです。
一人前のゲームプログラマーになるには、プログラミングを学ぶことが先決なので、学校や独学等で学んでいくことから始めましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works