デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームプログラマーとは、企画書やデザインを元に、実際にゲームの中身をつくり込んでいく職業です。
特別な資格は必要なく、誰でもゲームプログラマーをめざせますが、持っていたほうが良い能力があります。

そこで今回はゲームプログラマーに興味がある方へ向けて、ゲームプログラマーに求められる「必要なプログラミング言語」「知識」「スキル」をご紹介します。

プログラミングスキル

「ゲームプログラマー」という名が示す通り、プログラミングの能力は必須です。

プログラミングスキルがない場合、「この作業をやってほしい」と指示されたとしても言葉の意味や進み方がまったく分からない、ということになりかねません。

ゲームプログラマーとして働きたいのであれば、まずは事前に独学や専門学校で学び、自力でプログラムを書けるようになりましょう。

ゲームの種類によって求められるプログラミング言語は異なる

ゲームプログラマーがゲーム開発で使う主な言語には、主に以下があります。

  •   C#
    マイクロソフトがつくった言語。ゲーム開発で人気が高まっている
  •   C++
    C言語の発展版。難解だが処理が速く、ゲーム開発で一般的
  •   C言語
    古くから使われている。派生言語が多い
  •   Java
    ゲームの他、多くのシステムで使われる汎用性の高い言語
  •   JavaScript
    すべてのWebブラウザで動く唯一の言語。Javaとは別物
  •   Ruby
    シンプルで習得しやすい。日本語の解説サイトも多い
  •   Swift
    Appleがつくった言語。MacOSおよびiOS向けのゲームで使われる

このように、プログラミング言語は数多くありますが、ゲームの種類によって使われる言語は変わってきます。
それでは、各ゲームの種類ごとによく使われる言語をみていきましょう。

コンシューマゲーム

家庭用ゲーム機で遊ぶゲームのことです。
開発には、主に「C言語」「C++」「C#」が使われています。

なお、家庭用ゲーム機とは、据え置き型のPlayStationやNintendo Switch、携帯型のPS VITAや3DS、Nintendo Switch Light等のことです。

オンラインゲーム

インターネットに接続して遊ぶゲームのことで、パソコンの他、家庭用ゲーム機でも遊べます。
開発には、主に「C#」「Java」「JavaScript」「Ruby」が使われています。

スマホゲーム

スマートフォンで遊ぶゲームのことです。
開発には、主に「C#」「Java」「Ruby」「Swift」が使われています。

注意点として、スマホのOSにはAndroidとiOSの2種類がありますが、SwiftはiOS向けの言語となっています。

ゲームプログラマーとしてつくりたいゲームがはっきりしているのであれば、そのゲーム開発で用いられる言語を身につけるのが近道です。

また、働きたい会社の情報や傾向を調べ、必要な言語を習得するのもおすすめです。

ハードウェアやネットワークに関する知識

ゲーム制作においては、実際にプレイする機器や、通信するためのネットワークシステムに関する情報が必要です。

また、開発途中やリリース後でトラブルが発生した際、ユーザーに不利益がないよう、スピーディかつ適切に対応しなくてはなりません。

このように、ゲームプログラマーはただプログラミングができれば良いという訳ではなく、ハードウェアやネットワークに関する知識も押さえておく必要があります。

知識例として、以下が挙げられます。

  •   CPU
    コンピュータの頭脳。『中枢演算処理装置』
  •   メモリ
    一時的に作業内容を記録する『主記憶装置』
  •   ファームウェア
    ハードウェアの制御ソフト
  •   オペレーティングシステム
    パソコンやスマホを動かすための基本ソフト。『OS』
  •   グラフィックボード
    より良い画像・映像を入出力するハードウェア
  •   サウンドボード
    より良い音響を入出力するハードウェア
  •   ロードバランシング
    一つのサーバに負荷が集中しすぎないようにすること。『負荷分散』
  •   通信プロトコル
    通信に関する規約
  •   パケット
    データを分割した時の単位

数学や物理に関する知識

ゲームのプログラミングにおいては、キャラクターや物体を動かすために、数学や物理の知識を用います。

例えば、「ベクトル」や「三角関数」、「ニュートン力学」等です。
ゲームの中で現実的な動きを再現しようと思えば、これらの知識は欠かせません。

現在は、開発ツールを使うことで、ゲームプログラマーの知識不足を補うことができます。

しかし、「スムーズに作業を進めたい」「高度なプログラミングを行いたい」というのであれば、数学や物理の知識を学ぶ必要があります。

論理的な思考力

論理的な思考とは、簡単にいえば「筋道立てて考える」「理詰めで考える」ということです。
何をどうするとどのような結果が起こるのかを考え続けることで、効率的にプログラミングできるようになります。

コミュニケーションスキル

ゲーム開発は、ゲームプログラマーが一人でできるものではありません。

企画をまとめるプロデューサー、ゲームを設計するゲームデザイナー、絵や音楽をつくるアーティスト等、さまざまな人達が協力し合って、一つのゲームが生まれます。

その過程では、課題を話し合ったり、手分けしてトラブルに対処したりする等、人とのコミュニケーションが必須となる場面が何度も現れます。

円滑にゲーム開発を進めるために、コミュニケーションと協調性を身につけましょう。

コミュニケーションが苦手ならば、「挨拶」「はっきりした返事」「傾聴」の三つを意識してやってみることから始めましょう。

まとめ

ゲームプログラマーに求められる能力を、改めてまとめます。

  •  プログラミングスキル(ゲームの種類によって必要な言語は異なる)
  •  ハードウェアやネットワークに関する知識
  •  数学や物理に関する知識
  •  論理的な思考力
  •  コミュニケーションスキル

将来ゲームプログラマーとして活躍したい方は、ぜひこれらの能力を身につけましょう。

すべて独学で学ぶこともできますが、「効率的に学びたい」「一人だとつい勉強をさぼってしまう」というお悩みがあるかもしれません。

おすすめなのが、専門学校等で学ぶ方法です。

>>ゲームプログラマーになるための情報はこちら

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works