デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームプランナーという言葉、ゲーム好きの方なら一度は聞いたことのある名前だと思いますが、実際何をしているのか、ゲームプランナーになるにはどうしたら良いのか、ご存じでしょうか?

今回はゲームプランナーがどんな仕事をしているのか、そしてゲームプランナーになるにはどうしたら良いのかを解説していきます。

ゲームプランナーとは

ゲームプランナーとは、ゲームのコンセプトから企画、ゲーム発売後の売り上げのチェックまでを幅広く担う職種です。
ゲームプランナーになるには仕事内容も知っておく必要があります。

主な仕事は、企画・進行・集計の三つに分けられます。
それぞれの内容について解説していきましょう。

企画

企画段階では、市場のニーズを把握し、クライアント・ゲームディレクター・ゲームプロデューサーとともに「どんなゲームにしていくのか」を話し合い、そのゲームのコンセプトを決定します。

コンセプトが決まったら社内会議でプレゼンテーションを行い、会社に企画を通します。
この時、ゲームプランナーはプレゼンテーション用の企画書を作成します。企画書は会社の人に自分の企画を説明するための大切な書類であり、プレゼンテーションの場でいかに相手を納得させられるかが重要になってきます。

ゲームの開発とは違う仕事に思えるかもしれませんが、企画が通らなければゲームの開発はできませんので、ゲームプランナーの最初の難関と言えるでしょう。

進行

無事企画が通れば、次は進行を進めていくために、人員の調達や配置、スケジュール作成を行います。これを制作準備と呼んでいます。

会社によってはゲームディレクターやゲームプロデューサーがメインとなって行う会社もありますが、ゲームプランナーが制作準備を担う会社もあります。

また、ゲームプランナーは制作準備と同時に仕様書の作成も行います。
仕様書とは、ゲームの世界観や画面のレイアウト、ゲームシステム等、そのゲーム関するありとあらゆる情報をまとめたものです。ゲームの設計図とも言える仕様書を使って、各スタッフに「こんなゲームをつくるぞ」という指示を出します。

仕様書を作成する際には、自分だけが分かれば良い仕様書では何の意味もなく、各スタッフにスムーズに自分の意志が伝わるよう分かりやすい図や文章を使って作成する必要があります。

仕様書が完成したら、いよいよ制作が始まります。
ゲームプランナーが現場に出ることは少なく、ゲームプログラマー等の各スタッフに指示を出す立場です。
ですので、全体の進行度がどの位なのか、何か問題が生じていないか等のチェックや修正が制作段階での主な仕事になります。

集計

試作品ができ上がったら、テストプレイとデバッグ(バグがないかの確認)をします。
テストプレイやデバッグをして、修正点があればスタッフにそのことを伝え、ゲームのクオリティーを上げていきます。

そうして完成したゲームが発売されると、集計や分析の作業が待っています。
集計や分析の作業は、次回作の制作に役立てたり今回のゲームの改善点をみつける重要な作業になります。

以上がゲームプランナーとしての主な仕事内容です。

>>ゲームプランナーの仕事内容をもっと詳しく
>>ゲームプランナーの年収についてはこちら
>>ゲームプランナーの将来性について知りたい方はこちらへ

ゲームプランナーになるには

ゲームプランナーになるためには、ゲーム制作会社に就職するのが一般的です。
そのためにも、ゲーム制作の基礎を学ぶ必要があります。
基礎を学ぶ方法としては、専門学校やスクールに行く方法と、独学という方法があります。

専門学校やスクールで学ぶ

ゲーム会社に就職しゲームプランナーとして活躍したいのであれば、ゲーム学科のある専門学校やスクールで基礎中の基礎を学ぶことが一番の近道になります。

独学で学ぶよりもはるかに早く効率的に学ぶことができる他、ゲームプランナーとして必要なコミュニケーションスキルも同時に磨ける点が最大のメリットです。

独学で学ぶ

独学でゲームプランナーとして必要なゲーム制作の基礎を学ぶには、参考書を読んだり、セミナーに参加する等の方法があります。
ただ独学には限界があるので、基本的には学校で学ぶのが一般的です。

ゲームプランナーになるために必要なスキル

ゲームプランナーに求められるスキルや必要なスキルには、おもしろいゲームを生み出す企画力だけではありません。

チーム全体に指示を的確に出すコミュニケーション能力や、企画自体の発想力、自分の意志がどうやったら伝わるかという発想力、スケジュール管理能力も求められます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力なくして、ゲームプランナーは務まらないといっても過言ではありません。

自分がやりたいこと、仕様書の指示、質問への返答等、各スタッフを相手に仕事をしますので、コミュニケーション能力は必須です。

自分勝手に雑な指示ばかり出して、結果的にチームの問題点を把握できずにゲームの完成が遅れるようではいけません。

発想力

ゲームプランナーには「こんなゲームにしよう」という発想力も求められます。市場のニーズと照らし合わせて、さらにおもしろいゲームシステムを生み出すには発想力が欠かせないからです。

また、発想力は自身の企画を通すためのプレゼンテーションで、いかに相手の興味を惹き納得させられるか等、人を動かす際にも必要となるスキルです。

スケジュール管理力

スケジュール通りに事が進むように、何が遅れていて何が間に合っているのか、どうしたら遅れているものが間に合うのか等のスケジュール管理能力も求められます。

スケジュール管理するために、プロジェクト管理ツール等の、スケジュールの進歩が一目で分かるツールを使いこなせるようにしておくのがおすすめです。

新しい情報を効率的に集めるスキル

ゲーム企画するにあたっての市場のニーズを効率的に集めるスキルももちろん必要ですが、オンラインゲームやソーシャルゲーム等でも新しい情報を効率的に集めるスキルが求められます。

特にソーシャルゲームはイベントが目まぐるしく開催されるので、ユーザーがどんなイベントを待ち望んでいるのか、どんなおもしろい体験をしたいのか等、状況がどんどん変わっていく中で新しい情報を効率的に集める必要があります。

まとめ

今回はゲームプランナーがどんな仕事をしているのか、そしてゲームプランナーになるにはどうしたら良いのかを解説しました。

ゲームプランナーはプレゼンテーションや各チームへの仕様書の説明等、ゲーム以前に人を相手にする仕事です。
一流のゲームプランナーになるには、ご紹介したスキルももちろん大切なスキルですが、本当に磨かなければいけないものは自身の人間性かもしれませんね。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works