デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームを開発するうえで、絶対に欠かすことができないのがゲームプランナー。
ゲームの企画の立ち上げから開発のスケジュール管理まで、幅広い業務をこなす花形的な職業です。

しかし、ゲームプランナーに憧れてはいるものの、将来性について不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、ゲームプランナーの将来性を知りたいならぜひ知っておいてほしい現状についても解説していきますので、参考にしてみてください。

ゲームプランナーの現状

まず、ゲームプランナーの現状について説明していきましょう。
ここでは、以下の2点についてみていきます。

ソーシャルゲームの台頭で需要は増えている

ゲームプランナーとしての仕事は、ソーシャルゲームの台頭で増えてきている傾向があります。
それは、スマートフォンが急速に普及したことももちろんではありますが、ソーシャルゲームの仕組みも関係していると言って良いでしょう。

多くのソーシャルゲームは、最初は無料で遊べるものが多く、その後の継続的な課金によって利益を増やす仕組みになっています。
利益をより確実に確保するために、新しいソーシャルゲームをどんどんつくっていかなくてはなりませんので、ゲームプランナーはその分求められています。

新しいゲーム制作会社も増えており、これからゲームプランナーをめざす人にとっては大きなチャンスだと言えます。

オリジナリティが求められている

いくらソーシャルゲームの人気があるからと言って、同じようなゲームばかりを出していてもユーザーは納得しません。

また、継続して課金してくれなければ利益にならない訳ですから、より飽きられないゲームをつくる必要があります。
そのため、オリジナリティは特に求められます。

オリジナリティを出すためには、今どんなゲームが出ているのか、また人気があるのか、どんなユーザーがゲームをするのか等、調べるべきことは山程あります。

ゲームプランナーをめざしているのなら、常にユーザーが求めているゲームを追求する姿勢が大切です。

ゲームプランナーのやりがいとは

さて、ゲームプランナーの現状について解説したところで、続いてはやりがいについて解説していきましょう。
ここで解説するのは、以下の2点です。

企画から関わったゲームを世の中に出せる

ゲームプランナーのやりがいの一つが、企画から携わったゲームを世の中に出すことができる点です。

このやりがいは、ゲームが好きでゲームをつくりたいと思っている方にとっては、大きなメリットの一つなのではないでしょうか。

ゲームプランナーは、ゲームの開発の最初の「ゲームが生まれるところ」を一から見ることができるうえ、場合によっては自分の企画したゲームをつくることもできます。

もちろん、自分が企画したゲームを社内で認めてもらい、実際に開発まで進めていくのはとても難しいことです。
しかし、難しいからこそやりがいを感じることができます。

実力次第でゲーム制作の多くを担当できる

更に、実力次第ではゲーム制作の多くを自分で担当することもできます。
例えば、プログラミングの知識があれば、自分がつくった仕様書通りにプログラミングをすることも可能です。

自分が実際の開発側にも回ることで、よりゲームプランナーとしてのスケジュール管理の課題等を発見できるようにもなるでしょう。

またゲームの制作の多くを担当することで、ゲームに対しての愛着も沸き、ゲームが完成して好評だった時の喜びもより大きなものになります。

ゲームプランナーの将来性について

ゲームプランナーのやりがいを紹介したところで、ここからは将来性についてみていきましょう。

将来性について知っておくことで、自分がゲームプランナーになった後のキャリアについても考えられるようになります。

VR等の技術への対応力が求められる

ソーシャルゲームの人気はまだ続いているものの、これからはVRやAI等の最新技術を使ったゲームも求められるようになっていきます。

最新技術は常に更新されるため、これからどんな技術を使ったゲームが流行りそうなのか、また最新技術の良さをより活かすにはどんなゲームが良いのか等、勉強すべきことは多くあります。

ゲームプランナーとしてヒットゲームをつくっていくには、常に最新情報にアンテナを張っておきましょう。

キャリアアップで更に活躍の場所が増える

ゲームプランナーとして長く活躍していきたいなら、キャリアアップをめざすのが一番です。
まずは、ゲームディレクターをめざしましょう。

ゲームディレクターは、ゲームの開発部門においてのトップに当たる役職です。
ゲームプランナーと企画を立ち上げつつ、開発現場のスケジュールの責任を持つ立場になります。

ゲームディレクターをめざすなら、ゲームプランナーとしてゲームの開発現場の知識をしっかり身につけていきましょう。
更に実績を積めば、ゲームの事業全体のトップであるゲームプロデューサーになることも可能です。

ゲームディレクターやゲームプロデューサーになれれば、年収もアップしますし、よりゲーム制作に対してのやりがいも増えていきます。

まとめ

この記事では、ゲームプランナーの将来性について、現状を交えてお伝えいたしました。

ゲームプランナーとして長く業界で活躍するには、やはり実力が大切です。
キャリアアップをめざし、ゲーム開発についての知識を基礎から固める必要があります。

ゲーム開発についての知識を一からつけていくなら、専門学校で学ぶのが一番近道です。
専門学校であれば、基礎からじっくり学ぶことができるので、今からゲームプランナーをめざす方でも安心です。

ゲームプランナーとして長く活躍したいと思っている方は、ぜひ検討してみてくださいね。

>>ゲームプランナーになるための情報はこちら

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works