デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

「ゲームプランナーってゲームプログラマーと何が違うの?」
「ゲームプランナーってどんな仕事をする人なの?」

ゲームプランナーって、名前は聞いたことがあっても実際何をやっているのかまではあまり知りませんよね。ゲームプランナーとは、その名の通り、ゲームをプランニングする仕事になります。

一言でプランニングと言っても難しいので、今回はゲームプランナーの仕事について解説していきます。

ゲームプランナーの仕事とは

ゲームプランナーの仕事は、まだ何もないゼロの状態から完成したゲームが世に送り出された後のチェックまで、最初から最後までゲームに携わることのできる仕事です。

ゲームプランナーはパソコンとにらめっこする時間もありますが、それより重要で大変なのがプレゼンテーションや仕様書の説明等、人を相手にする仕事です。

ですので、ゲームプランナーとしての腕だけでなく、コミュニケーションスキルや自身の人間性等がとても重要になるポジションでもあります。

企画を立ち上げる

まずはどんなゲームをつくるのかを企画します。
企画段階では、市場のニーズやゲームディレクター・ゲームプロデューサーの要望を把握したうえで、ゲームのテーマやコンセプト等を決定していきます。

新しくつくるゲームの要素が決まったら、ゲームプランナーは企画書を作成します。
この企画書は、会議やプレゼンテーションを行う際にとても重要なものとなるので、自分がおもしろいと思うポイントや市場のニーズをよく汲み取ったうえで作成していきます。

社内でプレゼンテーションを通す

どんなゲームをつくるのかが決まったら、今度は会社に対して「こんなゲームをつくりたいです」と会議やプレゼンテーションを行います。

会議やプレゼンテーションではただゲームの概要を説明するのではなく、聞いている人達が納得するように、聞き手を惹きつけつつ、論理的な説明をする必要があります。

仕様書を作成する

無事に会議やプレゼンテーションで企画が通ったら、ゲームプランナーは新しくつくるゲームの仕様書の作成に入ります。
この仕様書は、各チームにこれからつくるゲームの世界観やゲームシステム、画面のレイアウト等、ゲームを構成する細かな要素をまとめたものです。
仕様書もただ文章だけで書いていれば良いのではありません。
各チームのスタッフが分かりやすい文章や図を使って作成するのがポイントになります。

プロジェクトを進行させる

仕様書の作成まで完了したら、ゲーム制作の準備が完了します。

ここからは実際にスタッフの配置を決めたり、スケジュールの管理やテストプレイしたりして、ゲームの制作が進行していきます。

メンバーのアサイン

まずはゲームプログラマーやグラフィックデザイナー等、制作陣のスタッフを決定していきます。

各チームのリーダーを誰にすればスムーズにプロジェクトが進行するか等を考え、メンバーの配置を行います。

各タスクのスケジュール確認

ゲームプランナーの重要な仕事の一つに、スケジュールの管理や確認があります。
予定通りにプロジェクトが進行しているか、何かトラブルが発生していないか等を確認します。

もしトラブルが発生していて、プロジェクトの進行が遅れている場合は、ゲームプランナーが指示を出すケースもあります。

ゲームのクオリティーチェック

試作品ができ上がったらゲームプランナーは仕上がりのチェックを行います。

テストプレイを行い、デバッグと呼ばれるバグがないかの確認作業をし、改善の余地や修正点があれば、各チームに指示を出してゲームのクオリティーを高めていきます。

改善案の作成

こうしてでき上がったゲームが発売されると、売れ行きの集計やユーザーの反応を確認し、改善点があれば改善案の作成を行います。

この改善案は今後の改善や次回作の作成時に必要になるものとなり、重要な作業です。

ゲームプランナーの仕事のやりがい

ゲームプランナーの仕事のやりがいは、何といっても自分の考えているアイデアがゲームに反映される、という点です。
「こんなゲームをつくりたい」と思い、会議やプレゼンテーションが通れば制作が開始され、各スタッフが自分の考えたゲームのために動いてくれます。

また、ゲームのコンセプト制作や仕様書の作成等も、つくられるゲームのおおもととなるものなので、ゲームが完成した時や売れ行きが良かった時等は、「自分の考えたゲームがユーザーに遊んでもらえて満足してもらえている」という達成感もあります。

まとめ

以上、ゲームプランナーの仕事とは?について解説しました。

ゲームプログラマーは指示が出たものをつくり上げていくのに対して、ゲームプランナーは各チームに指示を出すための準備から仕事が始まっています。
その仕事はゲーム作成開始から完成後まで続くもので、精神的なタフさ・身体的なタフさが求められます。

また、ゲーム制作は決して一人で行うものではないので、プレゼンテーションで企画を通すにはどんなスキルが必要か、いかに分かりやすくスタッフに物事を伝えられるか、どうすればスケジュールが滞りなく進められるか等、考えることは山程あります。

ゲームプランナーはとても大変で責任も大きなポジションですが、こうして長い道のりででき上がったゲームが世に送り出され、ユーザーに楽しんでもらえていることが分かった時の達成感ややりがいは相当なものになります。

>>ゲームプランナーになるための情報はこちら

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works