• 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

イラストレーターに必要な資格

イラストレーターとなるためには、特別な資格が必要なのでしょうか?
今回はイラストレーターに必要な資格について言及していこうと思いますので、気になった方は参考程度に目を通してみてください。

イラストレーターに資格は必要なのか?

イラストレーターの資格の有無についてですが、絶対に必要な資格というのはありません。
相応の知識やスキルを持っていれば、イラストレーターをめざしていくことは可能ですが、イラストレーターに関係する資格試験というのは存在します。
さらなるスキルアップのため、いくつかの資格を取得していくことで、今後の活動の幅をより広げていけるでしょう。

持っておくことで将来的に有利な資格

イラストレーターとして持っておくと将来的に有利な資格は下記になります。

Illustratorクリエイター能力認定試験

イラストレーターに関係する民間資格の一つが、Illustratorクリエイター能力認定試験です。こちらはDTP業界の標準ソフトである「Illustrator」の実務能力を測る試験となっています。
試験にはスタンダードとエキスパートが存在し、スタンダードの方が比較的難易度が低く、一方のエキスパートでは難易度が高く設定されています。

初めて受けるという方は、スタンダードの方を挑戦すると良いでしょう。
それほど難易度が高いという訳ではないので、未経験の方でも1日1時間〜2時間の勉強量で十分合格をめざすことが可能です。
これを取得することで今後の就職率が高まるため、将来的にイラストレーターとして就職を希望する方は挑戦することをお勧めします。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験とは、Photoshopソフトを用いた画像編集や加工能力の認定試験を指します。
こちらの試験もスタンダードとエキスパートの2種類に分かれており、スタンダードでは基礎的なスキルが求められる内容、エキスパートでは基礎の他に実践的なスキルが求められる内容と、スタンダードの方がエキスパートに比べ易しいです。

イラストレーターとして活かせること

こちらの試験を受けるメリットとしては、合格することでデザイナーやクリエイターとしての就職率がグンと高まるという点です。
また資格取得をめざす過程で、Photoshopに関する重要な知識が深まるため、合否に関係なく今後のプラスに繋がります。
もしも将来的に活動の幅を広げたいという方は、資格取得を検討してみる価値は大いにあるでしょう。

色彩検定(R)

色彩検定とは、色に関する知識や技能がどれ位のものなのか、その実践的活用能力を見極めることを目的とした試験です。
また文部科学賞が後援している公的資格でもあります。
試験には1級、2級、3級とあり、上の階級に進むにつれて難易度は高くなっていきます。

イラストレーターとして活かせること

色彩検定を受けることで、イラストレーターとしての今後の活動の幅が広がっていくことはもちろん、色に関するさまざまな知識を深めていけます。
色に関する知識というのはイラストレーションにおいて欠かせないものなので、今後に繋がる勉強という意味でも、受けてみて損はないでしょう。

CGクリエイター検定

こちらはCGデザイナーやCGクリエイターに向けて設けられた試験です。
CG制作において、CG理論の知識やCGソフトウェアの活用技術は欠かせないものなので、本試験ではこれらの能力を測定します。

試験の難易度にはベーシックとエキスパートが存在し、ベーシックは基礎的な理解を確かめる試験、エキスパートは基礎につけ加え応用力を確かめる試験となっています。
両者を比べると、ベーシックは未経験の方でもある程度の勉強をこなせば受かる難易度ですが、エキスパートでは専門的な知識が必要になってくるため難易度はかなり高いです。

エキスパートの合格率が近年30%を下回っていることから、その難易度の高さが伺えます。
あまり自信がないという方はベーシックの方を先に受けてみると良いでしょう。

イラストレーターとして活かせること

CG技術はイラストレーションと深く関わっているので、勉強の過程で有益な知識を吸収できますし、合格すれば就職や転職に強くなります。
またCG技術は、映画やTV、CMやゲーム等にも用いられているので、将来の視野も広げることができます。
イラストレーターをめざす方やCG関係の職業に就きたいという方は、資格取得をめざしてみると良いでしょう。

まとめ

今回はイラストレーターに必要な資格についていくつか述べてきましたが、いかがだったでしょうか?
イラストレーターには絶対必要な資格というのは存在しません。
ただ今回紹介させていただいた資格を取得することで今後の可能性は確実に広がりますので、イラストレーターとして将来的に長く活動していきたいという方はぜひとも検討してみてください。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works