デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームプロデューサーになるには

ゲーム制作の現場をとりまとめるゲームプロデューサーは、その腕次第で発売するゲームが成功するかどうかを左右する重要なポジションです。
今回はゲームプロデューサーとして一人前になるにはどうすればいいか、紹介します。

ゲームプロデューサーの仕事内容について

ゲームプロデューサーの仕事は、ゲーム制作の企画や開発、発売を一手に統括することです。
売れるゲームをつくるためには消費行動や市場のニーズを常に把握することが大切です。
ゲームプロデューサーは、開発したゲームをどのターゲットにどのような手段で届けるか等の販売戦略を含めた、プロジェクト全体をコーディネートします。
そのため、ゲームの成否はプロデューサーの腕にかかっていると言っても過言ではありません。

ゲームプロデューサーになるには

ゲーム制作の現場をまとめていくゲームプロデューサーになるには、ゲーム学科のある専門学校や大学を卒業後、ゲームメーカーやゲーム開発会社に就職することが一番の近道です。
開発スタッフやディレクターとして現場での経験を積む中で、開発から販売に至る全体のフローを理解していきます。
その後、ディレクターへステップアップし、さらにゲームディレクターとして実績をつくり続けることで、ゲームプロデューサーとして働く道が開けます。
 
>>ゲームプロデューサーの年収についてはこちら

ゲームプロデューサーに求められる能力とは

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作に関するすべてに気を配る必要があります。
ゲーム制作のリーダーシップを取りながら、多岐に渡る仕事をこなしていかなければなりません。
ここからはゲームプロデューサーに求められる能力について見ていきましょう。

広い視野で物事を考えられる

ゲームプロデューサーは広い視野で一つひとつのタスクを処理できる能力が必要です。
チームのリーダーとして、制作スタッフを統括してプロジェクトを進めるため、スケジュールの進捗管理やトラブルへの対応、その他のさまざまな指示を複数に渡り同時進行で進めなければなりません。
実務的な面で言えば、予算・制作スタッフ・スケジュール等をまとめ、発売日に間に合い、たくさん売れるように計画を進めていく力も必要です。

ゲーム開発に必要なスキルや経験を持っている

ゲームプロデューサーにはゲームを開発するためのプログラミングやグラフィックの知識や技術が必要です。
プロジェクトの意思決定や、クリエーターやデザイナーへ制作の指示を出すためには、ゲーム開発に必要なスキルを理解しないとできません。
また、経験が重視されるため、スタッフとして下積みを重ね、さまざまなゲーム制作を経験しておいた方プロデューサーの仕事に生かされます。

ゲームプロデューサーの仕事に向いている人とは

ゲームが好きで、ゲーム制作に憧れを持ったことのある人なら、ゲームプロデューサーになってみたいと思ったことがあるかもしれません。
ここからはゲームプロデューサーにどんな人が向いているのか紹介します。

ゲームが好きな人

ゲームプロデューサーとして活躍することをめざすなら、ゲームが好きでゲームに関するさまざまな知識が豊富な人が良いでしょう。
仕事の打ち合わせや、仲間との雑談中等に、ゲームに全く興味がないと仲間との話題にもついていくことができず、仕事がうまくいかなくなるケースもあります。
日頃からアンテナを張り情報を収集したり、実際にゲーム機で遊んだりすることも必要なので、ゲームが好きでないと務まらない仕事ともいえます。

アニメやマンガをよく見る

アニメやマンガに詳しい人はゲームプロデューサーに向いています。
アニメやマンガはゲームの世界観をイメージする上で参考になりますし、作品に出てくる表現はゲームつくりの中で、新たな「アイディア」として生かされます。
アニメやマンガの情報を常にチェックし、トレンドおさえておくことで、いずれゲーム制作に役立つ時が必ずくるでしょう。

必要な資格

ゲームプロデューサーになるには必ず必要な資格はありません。
しかし、デザイナーやプログラマーからディレクター、その後ゲームプロデューサーへと昇進します。
なので、CGクリエーター検定、CGエンジニア検定、またプログラミングに関する資格を取得しておくと就職や昇進の際に有利に働くこともあるでしょう。

ゲームプロデューサーの現状と将来

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、場所にとらわれずどこでも遊べるゲームの人気が高まっています。
これからは新しい技術の発達による市場の変化が見込まれるため、ゲームプロデューサーとしての仕事のやりがいも増えていくでしょう。
想像力や発想力だけでなく、現場を俯瞰し業務を進める力や、トラブルが生じた際に臨機応変に対応する力が必要です。
高度なスキルを求められますが、広い視野でプロジェクトを進める力があれば、将来性はあると言える仕事でしょう。

まとめ

今回はゲームプロデューサーになるにはどんな方法があり、どんなスキルが必要なのかといったことをお伝えしました。
ゲームプロデューサーはゲームをゼロから企画販売するため、常にゲームのことばかりを考え続ける仕事です。
ゲームが好きな人にとっては天職と言っても間違いありませんが、成果を出すためには、消費者のニーズを考え、売れるゲームをつくり上げなければなりません。

しかし、ゲームプロデューサーは制作したゲームが世に広まると、とても大きなやりがいを感じる仕事でもあります。
ゲームプロデューサーに興味のある人はゲーム制作を学べる学校について調べることをおすすめします。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works