デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

「コンビニとアニメの関係」

「進撃の巨人」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「ガールズ&パンツァー」。いずれも話題の作品として取り上げられてきたアニメのラインナップですが、これらのタイトルは全て、コンビニエンスストアでのコラボキャンペーンが実施されたことをご存知でしょうか。今回はそんなコンビニとアニメの密接な関係に焦点を当ててみたいと思います。

子どもから高齢者まで幅広い層が集まるコンビニと、深夜帯での放送が多く一般的な認知が低そうなアニメ。
一見相性がいいとは思えない組み合わせですが、約2週間で1億円以上の売り上げを記録するキャンペーンも存在するほど、コンビニ業界での注目を集めています。その展開は文具や食品などとコラボした商品を売り出したり、対象商品を購入して応募すると景品が当たるキャンペーンを実施したり、コンビニでしか買えないくじ引きを販売するなど、その商法は多岐にわたっています。中にはアニメやゲームのキャラクターをCMに起用し、イメージキャラクターとして大々的に取り上げたキャンペーンの事例もあります。

コンビニで買えるアニメグッズということで、比較的安価で気軽に買えるというのも購買者にとってメリットのひとつ。またコラボした作品の人気次第では、関連商品が店頭から姿を消すといったことも珍しくありません。
商品配置や告知物、店頭装飾なども、アニメの存在感を前面に出したものが多く見受けられます。もはやアニメは、コンビニにとっての主力商品といっても過言ではありません。

コンビニ側は新たな購買層を発掘し、アニメ側は一般的な認知を深め市場を広げていく。時代が生んだ新たなビジネスパートナーとして、今後も新たな展開が期待されるでしょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works