デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

「アニメーターに必要なもの」

アニメーターになるために、特別な資格や学歴が必要といったことは一切ありません。しかし、時にそれ以上に難しい「想像力」「探究心」が求められる世界でもあります。今回はアニメーターにとって武器になるスキルや能力について紹介していきます。

まず一番に求められるのは「画力」です。このスキルが十分に備わっているならば、今すぐにでも仕事を始めることも不可能ではありません。しかし、「ただ人と比べて絵が上手」というだけでない、様々なスキルも要求されます。人、動物、建物、食べ物など、世の中のあらゆるものを、ありとあらゆる角度で描くことができる「デッサン力」。粗い線で描かれている原画をきれいに整えて清書する「クリーンアップ」。背景をどう描くのか、画面をどう構成するのかといった重要な要素を考える「レイアウト」や「パース」など、毎日の訓練と地道な練習が必要なスキルばかりです。

そして何より大切なのは、アニメが好き、絵を描くのが本当に好きという想いを貫き通すための「忍耐力」です。アニメーション制作の現場はとても過酷です。就職したばかりの時期は給料も低く、長時間労働となる事もあります。繰り返しの作業に耐えられる忍耐力と、時には長時間労働ができる体力のある人でないと続けるのが難しい仕事です。しかしその環境に耐え、自分の想いや熱意を絶やさなかった人が、今もアニメーション制作の第一線で活躍しているのです。

一人前のアニメーターになるためには、日々の努力が必要です。画力は独学で向上させることもできますが、行き詰ってしまうことも考えられます。忍耐力に絶対の自信があっても、いざ現場に足を踏み入れてみたら、心が折れそうになることもあるでしょう。しかしそんな時こそ、今まで自分が積み上げてきたものや、アニメーターになろうと決意した熱い気持ちを思い出してください。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works