デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

小説家をめざして日々執筆を続ける一方で、小説家がどんな仕事を行っているのか、どんな働き方をしているのかについては、よく知らない方も少なくないのではないでしょうか。

また、小説家の仕事として、本を執筆する以外の仕事内容が浮かばない方もいますよね。

そこでこの記事では、小説家がどのような仕事をしているのか見ていきましょう。

小説家の仕事の内容

早速、小説家の仕事内容をご紹介していきます。

小説家の仕事には大きく作品の執筆、編集者との会議、講演等のイベントの参加等があります。
それぞれについて理解し、大まかに小説家の仕事を把握してみましょう。

執筆

執筆活動は、小説家としての活動の一番の醍醐味であり、仕事量が多い工程と言えます。

小説家をめざしている方の多くが、自分の作品を発表して良い評価をもらうことを目標にしているのではないでしょうか。
その道のりは簡単なものではありませんが、それが実現できた時の喜びはとても大きいものです。

多くの小説を書き上げ、人の心を動かすことができるような人気作家になれば執筆活動はますます楽しいものとなるでしょう。

打ち合わせ

編集者との打ち合わせも立派な小説家の仕事です。

この打ち合わせが何度も行われ、その中で小説の方向性が決まり、場合によっては、内容を大きく変更しなければならないこともあります。

編集者もおもしろさやその小説の良さはもちろん、書き手と読み手の認識の違いといった改善点を指摘してくれます。

このようにさまざまな案を出し合いながら小説の執筆は進んでいきますので、一人で自由に書くだけが小説家ではないのです。

小説家の1日のスタイルは人によって異なる

小説家の仕事は、極端に言えば期日までに小説を完成させることができれば、いつ働いていても良い仕事と言えます。

ですので、小説を書くための1日のスタイルは小説家によって違います。

小説家は、小説を書く時間を決めて小説を書いていることが多いですが、日中の方が捗る方もいれば、夜間の静かな時間の方が集中できるという方もおり、小説家によって生活スタイルは大きく異なっています。

また、例え執筆が進まなかったとしても、ある程度決まった時間は必ず机に向かい、執筆時間を確保しているという人がほとんどです。

ではここからは、朝型と夜型で分けて1日の流れの例を解説していきましょう。

朝型の小説家の1日の流れ

朝型の小説家の1日は、朝起きたら執筆を始め、打ち合わせが入ればその時間は打ち合わせに入り、終わったらまた執筆に戻って、夜には寝るという流れです。

執筆自体は自分の好きな場所で行うことができます。

時間の融通が効きやすく、フリーランスのような働き方ができる点を除いて、昼間に働くという点では普通のサラリーマンと大きな差はありません。

夜型の小説家の1日の流れ

夜型の小説家の1日の場合は、一般的には夕方に起きて打ち合わせ等を行った後、夜から執筆に入るという流れが多いようです。

朝型の小説家と大きく違うのは、編集者との打ち合わせをはじめとした「人と関わる作業」が起きてすぐの夕方か、寝る前の朝一番、遅ければ昼前に行うことになるという点です。

夜型の小説家になると、編集者や出版社側の打ち合わせの時間を調整する必要が出てくるので、少し注意が必要です。

小説家として1日を過ごすうえでのポイント

小説家の1日の過ごし方は小説家によってさまざまですが、1日の流れを決めるうえでの注意点が存在します。

ここからは小説家として1日を過ごすうえでのポイントをご紹介していきます。

自宅以外での作業が必要なこともある

まず、自宅以外での作業が必要な場合もある点は注意しておきたいポイントです。

基本的には自宅やお気に入りのカフェ等で作業を行うことも可能ですが、出版社へ出社しなければならない場合もあります。

さまざまなケースがありますが、例えば担当の編集者に会う用事ができても編集者があまり席を外せない場合は出社する必要があります。

執筆のスケジュール調整が重要

執筆のスケジュール調整は小説家にとって非常に重要です。

締め切りの管理は編集者も行ってくれますが、その締め切りに間に合わせることができるかは完全に小説家次第です。

スケジュールをきつく組み過ぎてもいけませんし、執筆に時間をかけ過ぎるのも執筆スピードが遅いと認識されてしまいます。

そのため、小説家には適切なスケジュールを組める管理能力が大切です。

まとめ

小説家の1日についてここまでご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

この職業はヒット作を継続していかないと生計を立てることが難しいのも事実です。

そのため、小説の書き始めの頃は副業の一つとして小説を書くようなイメージで始めてみましょう。

その後、ヒット作を書けるようになってから、本格的にプロの小説家として、独立していくようなキャリアプランを考えておくのが手堅いと言えます。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works