デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

似顔絵のイラストレーターになるためには

似顔絵を描くことを主な仕事にしているイラストレーターもいます。 イラストレーターとして活躍できる場面はさまざまで、多くの場所で活躍することができます。 今回は、その中でも似顔絵を中心とするイラストレーターについて紹介します。

似顔絵のイラストレーターには短時間で特徴を捉えて描く技術が求められます。 そのため、似顔絵のイラストレーターになるには高い画力が重要視されます。

似顔絵のイラストレーターに求められること

短時間で素早く描き上げる力が必要な似顔絵のイラストレーターは、決して簡単なジャンルではありません。 また、描いている間にお客様と会話する能力が必要になります。 似顔絵イラストレーターは、描いている時間もお客様を楽しませなければなりません。 つまり似顔絵のイラストレーターには、描きながらコミュニケーションを図る力が求められるのです。 通常のイラストレーターは、誰かと話しながら描くことはありませんが、お客様を目の前にして仕事をする似顔絵のイラストレーターは、黙々と絵を描くことは良しとされず、せっかく頼んでいただいたのに、退屈させてしまう可能性があります。

絵を描きながら別の作業も同時に行うことは非常に難しいことですが、イラストレーターとして良い仕事をするためにもコミュニケーションを図りながら似顔絵を描くことに慣れるようにしましょう。 似顔絵のイラストレーターはサービス業的な部分が強いため、絵を描くことも人と接することも好きな方にとっては非常に楽しい仕事とも言えるでしょう。 お客様とコミュニケーションを図ることで、短い間でも信頼関係を築くことができ、良い作品にも繋がるので、自分もお客様も楽しめる似顔絵イラストレーターをめざしましょう。

似顔絵のイラストレーターの働き方

似顔絵のイラストレーターの働き方はさまざまですが、多くの場合は似顔絵会社等の団体に所属して描いているイラストレーターがほとんどです。 フリーで活躍しているイメージが強いかもしれませんが、似顔絵イラストレーターの業界は非常に厳しく、いきなり独立して活躍するほど甘い仕事ではありません。

まずはどこかの似顔絵会社に属しながら、徐々に実力をつけていってフリーになっていくというステップアップが一般的です。 似顔絵のイラストレーターとして多くの人に実力を認められることを最初の目標にして仕事をしましょう。

まとめ

似顔絵のイラストレーターは短時間にお客様の特徴を把握し、似顔絵を描かなければならないので非常に高い画力が求められます。 そのため毎日のデッサン等日頃の鍛錬が欠かせません。

また、必要なこととしてコミュニケーション能力が不可欠になります。 似顔絵を描いている間、沈黙してしまってはお客様が退屈してしまうので、間を埋めるためのコミュニケーションが必要になります。

しかし、似顔絵を描きながらの会話は非常に難しく練習を積まないと、できるものではありません。 似顔絵イラストレーターとして活躍するには、画力の向上のみならずお客様を退屈させない工夫が必要となります。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works