デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

絵師としてイラストを描く仕事について

ここでは、絵師としてイラストを描く仕事についてお話ししています。絵を描く仕事をしている人達のことを「絵師」といい、あらゆる分野でイラストの仕事を手がけています。今回はそんな、絵師のイラストの仕事の種類を詳しく見ていきましょう。

絵師のイラストの仕事の種類とは

イラストを描く仕事をしている人というのはとても多く、絵師が活躍しているジャンルも幅広いです。さまざまにあるジャンルの中でも、人によって起用されやすいジャンルや仕事のしやすいジャンルが異なっているという事実もあります。ここでは、絵師のイラストの仕事の種類について順番にご説明いたします。

ライトノベルの表紙・挿絵イラスト

絵師のイラストの仕事の1つに、ライトノベルの表紙や挿絵のイラストがあります。特にライトノベルの表紙イラストというのは、売り上げに大きく関係する重要な要素です。その作品のイメージを1つのイラストで表現する必要があり、絵師としては腕の見せ所でもあります。
ライトノベルのイラストにおいて最も活躍している絵師の一人に、森沢晴行さんがいます。森沢さんは、ガガガ文庫や電撃文庫等さまざまなライトノベル系文庫レーベルの作品の表紙・挿絵を数多く担当しています。森沢さんのイラストは、繊細でソフトな色使いと、シンプルなライン、そして1枚で世界観やキャラクターの相関関係がわかるような見事な構図で知られています。
ライトノベルのイラストでは、1枚のイラストに作品の情報を盛り込むのに加え、さらに絵師としての自分の個性も表していくことが理想的でしょう。

ゲームのキャラクターデザイン

連日のようにさまざまなゲーム制作会社から多数のゲームがリリースされている現在、ゲームのキャラクターデザインの分野では絵師の需要が一気に増加しています。実際に、ゲーム業界での絵師の求人はとても多くなっています。一昔前と比べると、ゲームをプレイする人の数も圧倒的に増えました。
そのためゲームは、多数の人に自分のイラストを見てもらうことができる、絵師にとっては非常に魅力的な分野となっています。ゲームのキャラクターデザインの分野で有名な絵師といえば、「ドラゴンクエスト」シリーズで知られる鳥山明さんや、「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる天野喜孝さん等が挙げられます。
何十年にも渡って人気を維持し続けるゲームシリーズのキャラクターデザインをするというのは、もはや伝説とも言える素晴らしい功績です。ゲームのキャラクターデザインの分野で成功するためには、バランスのとれた画力に加えて強い個性が必要になります。さらにそのうえで、作品の世界観を理解し表現しきる力が重要になるでしょう。

アニメのキャラクターデザイン

キャラクターデザインの仕事はゲームの他に、アニメの分野でも必要とされています。テレビで放送されたり映画として上映されたりと、アニメ作品はとても多くの人の目に触れることになります。自分でデザインしたキャラクターが作品の中で動き、声優の声があてられ、それを多くの人に見てもらえるというのは絵師としてとても喜ばしいことでしょう。
ただし、アニメ業界ではキャラクターデザインを新人絵師に任せるということは少ないです。マンガやゲームのキャラクターデザイン等の分野で経験を積み、実力がついたらアニメの分野に進むというのも一つの手です。アニメのキャラクターデザインの分野で成功するには、アニメに適したシンプルかつ個性的なキャラクターが描ける力が必要でしょう。
また、「アニメ絵」という描写手法の習得も必要かもしれません。

広告・チラシのイラスト

広告やチラシ、また電車の中吊り広告等にもイラストが使われていますよね。そういった広告で使用されるイラストの多くは、それらの案件を専門的に請け負っている商業絵師が描いています。
しかし中には、有名な絵師が広告イラストを手がけて話題になるような場合もあります。例えば、ある炭酸飲料の広告イラストを江口寿史さんが手がけて大きな話題を呼んだことがありました。繊細かつ個性的な絵柄であるとともに、江口寿史さんの絵のタッチがすでに有名であったために、印象的な広告となったのです。
広告イラストの分野で成功するためには、広告主の注文に応じつつ商品の魅力を最大限に表現するという、商業的な感覚が必要になります。広告主の意向を汲むことは、絵師としての成功に直結するものではありませんが、絵師としての仕事の幅が広がり、より多くの人に自分のイラストを見てもらえるチャンスにはつながるでしょう。

まとめ

今回は、絵師としてイラストを描く仕事についてお話ししてきました。現在はさまざまな分野でイラストが必要とされており、多くの絵師がその仕事を手がけています。ライトノベルに使用される表紙イラストや挿絵をはじめ、ゲームやアニメのキャラクターデザイン、広告で使用されるイラスト等、あらゆるコンテンツに絵師のイラストが使われているのです。今後もますます、絵師のイラストの需要は増していくでしょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works