• 資料請求
  • 体験入学申し込み
お電話での資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

ILLUSTRATION & COMIC

イラスト・マンガ学科

イラストレーターの給料について

イラストで食べていきたい、けれど収入が不安という方も多いのではないでしょうか。 イラストレーターとして仕事をしている人もいますが、その人達の収入についても分からないことだらけですよね。
ではイラストレーターの給料はどのような仕組みになっているのか解明してみましょう。 給料について知れば、イラストレーターへの夢も近づくかもしれません。

イラストレーターの給料の目安

会社員の場合

会社員イラストレーターの平均年収は200~300万円です。会社の規模や関わっているプロジェクト・職務内容によっても変化しますが、安定した給料が受け取れることは間違いありません。また契約社員・正社員の場合は福利厚生も用意されていることが多いです。

フリーランスの場合

フリーランスの給料は仕事をした分だけ・実績がある分だけ変わるので、一概にいくらとは言えません。
ただフリーランスの駆け出しイラストレーターに年収の質問すると、100万円前後と答える人が多いようです。しかし駆け出しから実績を積み、名前が売れてくると年収も数倍にアップする可能性があります。

修正作業も単価のうち

イラストを納品すると修正指示を受ける場合があります。修正には時間がかかりますが、基本的に別料金は発生せず単価料金に含まれます。
そのため修正と提出を繰り返すと、かなり低単価の仕事になってしまうと言えるでしょう。納得した単価を維持するためには、依頼主の意図を掴めるまでコミュニケーションを取り、修正をできるだけ減らす努力が必要です。

フリーのイラストレーターが食べていくには

フリーのイラストレーターになるには、最初からフリーランサーになる道と企業に勤めてから独立する道のふたつがあります。
企業に勤めて独立する場合は実力・人脈がある場合が多く、イラストレーターとして食べていくことは難しくないでしょう。 最初からフリーランサーを選ぶ場合は、依頼が安定するまではアルバイトと両立するのが一般的です。イラストと関係の無いアルバイトをあえて選ぶ人もいれば、イラスト関係のアルバイトをみつけてスキルアップの足しにする人もいます。
どちらにしてもフリーランスのイラストレーターとして安心して仕事をするには、他の収入源を用意しておくことが重要です。

フリーのイラストレーターが給料を上げるには

フリーのイラストレーターが給料を上げるには、営業をして依頼主を増やすこと・売れる作品は何かを知ることが重要。 依頼主が増えれば仕事がもらえて給料が増えます。そして売れる作品が分かれば、求められているイラストが理解できて自分でも描けるようになります。 依頼主は商品として売れるイラストが描ける人には、高い報酬を支払ってくれます。
また仕事をすることで、売れる作品とは何かを理解できるようにもなってくるでしょう。給料を上げるためにはイラストの仕事を続けることも重要です。

まとめ

イラストレーターの年収は高いとは言えないかもしれません。しかし頑張り次第・努力次第で給料を上げていくことは十分可能です。
また副業としてイラストレーターを始め、のちに本業へシフトする道もあります。給料だけで諦めず、イラストレーターをめざしてみてはいかがでしょうか。

^

  • スクールブログ
  • OB・OG紹介
  • 学生作品紹介