• 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

イラストを描くのが好きな人にとって憧れの仕事と言えば、イラストレーターではないでしょうか。

この記事ではそんなイラストレーターの仕事について詳しく知るために、イラストレーターのやりがいや魅力、そして苦労について見ていきましょう。

イラストレーターをめざしている人は、ぜひチェックしてみてください。

イラストレーターのやりがい

まずは、イラストレーターの仕事のやりがいや魅力についてです。
イラストレーターのやりがいはたくさんありますが、代表的なものとして次の三つを紹介します。

やりがい①好きなことが仕事になる

一番のやりがいは、やはり好きなことが仕事になることです。

プロのイラストレーターの中にも、学生の時からイラストを描くのが好きだったという人がたくさんいます。

イラストを描くのが好きで、何時間でも描いてしまうという人は、イラストレーターになったら大きなやりがいを感じることができるでしょう。

やりがい②自分のイラストで誰かが喜んでくれる

SNSにイラストを載せる等をした時、自分のイラストを見た人が「すごい!」と反応してくれると、とても嬉しいですよね。

それはプロのイラストレーターも同じで、自分が描いたイラストを見て誰かが喜んでくれると、とてもやりがいを感じます。

自分が描いたキャラクターに大きな反響があったり、パッケージイラストを担当した商品が売れたりすると、「頑張って良かった」「次の仕事も頑張ろう」と思える方がとても多いです。

やりがい③自分にしかできない仕事ができる

イラストレーターを続けていると、そのうち「◯◯さんに頼みたい」と仕事の依頼が来ることもあります。

また、イラストを見ただけで誰が描いたか分かるくらい有名なイラストレーターもいますよね。

このように個性を活かし自分にしかできない仕事ができるのも、イラストレーターの大きなやりがいと言えます。

イラストレーターの苦労

イラストレーターにはやりがいや魅力がたくさんありますが、大変なこともあります。

苦労する点を知る事で、より現実的にイラストレーターとしての働き方を想像できるようになるでしょう。

ここからは、イラストレーターの苦労を二つ紹介しましょう。

苦労①新人のうちは描きたいイラストが描けないことも

イラストレーターは、クライアントの希望通りにイラストを描くのが基本です。
特に新人のうちは、自分が描きたいイラストを描けないことも多いです。

しかしポジティブに考えると、新人のうちに色々経験することで描けるイラストの幅が広がります。
また、フリーランスになれば自分の描きたいイラストを自由に描く機会も増えます。

フリーランスになって自由に描けるようになりつつ活躍するためには、まず経験を積んでイラストの幅を広げるようにしましょう。

苦労②競争が激しい

イラストレーターに憧れる人は多く、人気の高い職業です。

しかし、イラストレーターになった後も仕事を取り続けなければなりませんし、次の世代のイラストレーターがどんどん出てきます。

不安に思うかもしれませんが、次の項目で紹介することを意識すれば、活躍し続けられるイラストレーターにきっとなれますよ。

やりがいのあるイラストレーターになるには

イラストレーターには苦労もありますが、やりがいを持って活躍し続けるためにできることもあります。

イラストレーターをめざして勉強している間やプロになった後も、ぜひ次のことを意識するようにしてください。

流行にアンテナを張っておく

イラストにも流行があり、ポップな色使いのものが好まれたり、線がシンプルなものが流行ったりと、その時々によってトレンドも変わります。

特に新人のうちは、クライアントから「流行のテイストで描いて欲しい」という依頼が来ることもあるので、今どんなイラストが流行っているのか常に意識するようにしましょう。

作品の個性を磨く

売れているイラストレーターのほとんどが、絵を見ただけで誰の作品か分かる程しっかり個性を確立しています。

前述している通り、新人のうちは流行に合ったイラストが求められることもありますが、ベテランになっていくにつれて、個性を発揮したその人らしいイラストを求められるようになっていきます。

ぜひ、どんなイラストが描きたいのか、どんな表現をしたいのかを意識しながらイラストを練習してみてください。

今はまだ分からなくても、たくさん描いているうちに少しずつ分かるようになるでしょう。

成長したことを実感する

イラストを描いていると、どうしても他の人と比べて落ち込んでしまうこともあると思います。

ですが、できるだけ他人ではなく過去の自分と比べるようにしてください。
昔のイラストと今のイラストを比べて、何ができるようになったかを見るようにしましょう。

やりがいを持ってイラストレーターを続けるためには、ポジティブでいることも大切です。

まとめ

イラストレーターは、イラストを描くのが好きな人にとって大きなやりがいのある仕事です。

また自分の作品との向き合い方を意識すれば、将来さらにやりがいを持って仕事をすることができるでしょう。

今回の記事を参考に、みなさんもぜひステキなイラストレーターをめざしてみてくださいね。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works