• 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

初心者がイラストの仕事をする時に知っておきたいこと

現在さまざまな業界で「イラストレーター」の需要が増えています。
これからイラストレーターの仕事に就きたい人のために、イラストが関わる仕事にはどのようなものがあるのか、また仕事を得るための方法についてお伝えしていきます。

イラストの仕事の種類

ゲームのキャラクターを描く仕事

イラストレーターの需要が急増した理由の1つに、ゲームのキャラクターデザインの仕事があります。
ゲーム業界とイラストレーターはもともと関わりが深くありましたが、スマートフォンを使用したソーシャルゲームの登場とその拡大によって、よりイラストの重要性が高まりました。

ある程度、設定が決められたキャラクターをイラストに描き起こすこともあれば、キャラデザインから関わる場合もあり、画力だけではなくデザインセンスも必須になります。
ゲーム中にペンネームを表記されることもあり、キャラデザインしたゲームがヒットすると知名度も一気に上がります。

本や小説の挿絵を描く仕事

小説とイラストも切っても切れない関係です。
表紙のイラスト1つで小説の売れ行きが大きく変化することがあるため、とても重要な役割を担っています。
自分らしさを出すことも大切ですが、小説の世界観を1枚の絵に表現する必要があるので、ある程度のスキルや経験が求められます。

広告のイラストを描く仕事

広告のイラストとは、雑誌・チラシ・WEBサイト等に掲載する広告のイラストを描くお仕事です。
広告では、描写の技術も大切ですが、それ以上にお客さんの心をつかむことが求められます。 紙媒体なら一瞬で見た人の印象に残るようなインパクトのあるイラスト、WEB媒体なら思わずクリックしたくなるような魅力的なデザインであることが重要です。

広告はもともと人に見せることを想定しているため、イラスト関係の中でも、人目に触れる機会が多い仕事です。
次の依頼に繋がることも多いので、積極的にチャレンジしてみましょう。

テレビ番組やCMに使うイラストを描く仕事

テレビ番組やCMに使われるイラストを描くお仕事です。
番組や商品によって求められるテイストが異なるため、リアル・アニメ・デフォルメ等、複数のタッチを使い分けられる人なら幅広く活躍することができます。
プロジェクトの規模によっては多くのクライアントと関わることになるので、コミュニケーション能力も必要になります。

イラストの仕事をもらう方法とは?

仕事紹介サイトに登録する

イラストレーター向けの仕事紹介サイトとは、簡単にいうと「イラストの仕事を探している人」と「イラストレーターを探している人」を結びつけるマッチングサイトです。
イラスト・マンガ専門のマッチングサイトだと、自分の作品性や個性を生かした仕事が得られやすいです。

基本情報やポートフォリオ等を公開するだけで、大手企業・出版社・ベンチャー企業・個人経営者等から依頼が届くことがよくあります。
「持ち込みするのは抵抗があるけどイラストの仕事をしてみたい」という人に最適な方法です。

コンテストで入賞する

出版社が開催しているコンテストに応募する方法もあります。
小説や書籍を制作している出版社では毎年のようにコンテストを行っており、受賞者は賞金のほかに小説向けのイラストレーターとしてデビューが約束される等、さまざまな特典があります。

最近は持ち込みを断って、コンテストのみで募集している出版社も増えてきています。
作品を郵送するだけでいいので、地方に住む人や働きながらイラストレーターをめざしている人にもおすすめです。

実績を載せた個人ブログやホームページをつくる

イラストレーターの場合は成果物の提示がとても大切な武器になってきます。
ホームページサイト等を使って、自分のポートフォリオを多くの人の目につきやすいように公開することも仕事をもらう方法の1つとして有効な手段です。

仕事をもらい続ける秘訣は「締め切りを守ること」

イラストレーターの仕事が増えている今、イラストを描いて報酬を得るのはそれほど難しくありません。
しかし、プロのイラストレーターとして生きていくためにはいくつか必要なものがあります。 その中で最も重要と言えるのが締め切りを守ることです。

どんなにイラストが上手な人であっても、締め切りまでに仕事を納品できない人は信頼を失ってしまいます。
イラストレーターとしての技術や経験はもちろん重要ですが、ビジネスにおいては「信頼できるイラストレーターかどうか」がとても重要になってきます。

仕事が丁寧で、かつ締め切りをちゃんと守る人は業界でも重宝されます。
これからプロをめざしている人は、質だけではなく、生産スピードの向上も意識してみると良いでしょう。

まとめ

イラストレーターにはさまざまな仕事があり、業界や分野によってそれぞれに違った需要があります。
最初の仕事は大変かもしれませんが、仕事をこなし、徐々に実績をつくることでプロのイラストレーターに近づいていきます。
1つ1つの仕事に責任を持って取り組むことで、信頼関係をつくり次の仕事に結びついて行くでしょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works