0120329081

ILLUSTRATION & COMIC

イラスト・マンガ学科

イラストレーターに向いている人・適正

自分は本当にイラストレーターに向いているのか?と不安になる方もいるかと思います。これからイラストレーターをめざされる方、努力を重ねてもなかなか実を結ばないと自分の適正について知りたくなりますよね。

今回はイラストレーターに向いている人・向いていない人、またその適性についてご紹介します。

絵を描くことを仕事にしたいと思える

絵を描くことが好きだということ

絵を描くこと自体が好きかどうかということは、やはり最も根本的で大事なことかと思います。 イラストレーターになると、朝から夜まで一日中イラストのことを考えていなければいけない時もあります。一日中ひとつのことに集中するというのは好きなことだとしても難しく、本当にイラストが好きでなければイラストレーターは苦しいです。 そのため、「絵を描くことこそが人生だ」と思えるくらいの人にはまさに天職かもしれません。

人(クライアント)のために絵を描く

絵を描くことが好きな人というのは大事なことですが、プロのイラストレーターとして活動するなら自分の好きな絵だけを描いていては仕事になりません。イラストレーターの仕事はクライアントやお客さんからの依頼によるもの。その依頼者が望むものを描くことこそがイラストレーターの仕事なのです。 そのため、普段から自分が満足する作品ではなく人に喜ばれることを意識して描いていたり、相手に喜んでもらうことに達成感を感じる人こそが向いていると言えます。

作風について、自己探求ができる

オリジナリティーの追求

イラストレーターは、最低条件でもあるのですが基本的に絵が上手い人しかいません。どのイラストレーターに依頼しても、「上手なイラスト」が返ってくることは保証されています。その中で、依頼が多く人気のあるイラストレーターになっていくには、自分の作品に個性を持たせることが重要なのです。

“選ばれる”イラストレーターに

残念ながら一概に「これが出来れば選ばれる」と、言えることはありません。 しかし、新人の最初の仕事は「これと同じ画風、等身、顔で描いてください」と言われることが多いです。 基本的な画力を持ち合わせながら、どんなイラストでも描ける技術が必要とされることが多いので、常に流行の絵柄を分析して、制作できる探求心の強い人が選ばれるイラストレーターに一番近いかもしれませね。

プレッシャーに強い

多くのイラストレーターは、常に納期というものに追われています。 スラスラと描けている時には納期もさほど気にすることなくいられるのですが、なかなかイラストのイメージが浮かばない時等は納期が近づくにつれてプレッシャーが大きくなります。クリエーターである以上、アイデアが降りてこない時にはどうしようもないのですが、そこを上手く切り抜けることがプロの仕事でもあります。 また、作業は基本的に一人仕事です。殻に閉じこもり、自分と向き合うというのはなかなか楽なことではありません。そういった状況で精神的な負担を感じる人というのも一定数います。そのため、自分との戦いという状況を楽しめる、精神的に強くいい意味で飄々としている人は向いているのではないかと思われます。

まとめ

イラストレーターは単純な仕事ではないため、様々なタイミングや状況で向き・不向きが出てきます。 しかしここで挙げたことは、意識や努力次第で変えていくことのできるものだと思います。 「それでもイラストレーターになるんだ」という強い気持ちを持ってこれからもぜひ頑張ってください。

^

  • スクールブログ
  • OB・OG紹介
  • 学生作品紹介