デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームシナリオライターになるには

テレビゲームやスマホゲームを始めたら、いつまでも遊んでしまうのは、ゲームの物語やそれぞれのキャラクターが紡ぎ出すシナリオに惹きつけられることも要因の一つです。

しかし、ゲームのシナリオとはどのようにつくられているのでしょうか?
ここでは、ゲームシナリオライターになるには、どうすれば良いのかをお伝えします。

ゲームシナリオライターの業務内容とは

ゲームシナリオライターとは、ゲームの物語や各キャラクターの脚本を考え、ゲームのシナリオをつくり出している人のことです。
けれども、シナリオライターは、物語やキャラクターのセリフを書くことの他にも、ゲームの企画やゲーム制作のさまざまな作業に関わることもあります。

以前は、プランナーやディレクターという、ゲーム制作を統括する立場の人が、掛け持ちをしていることが多くありましたが、現在では、シナリオだけに特化しているシナリオライターが増加しつつあります。

ゲームシナリオライターになる方法

一般的に、大学や短大またはゲーム系の専門学校に進学し、ゲーム開発やプランナーとしての知識や技能を学んでから、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職します。

ただし、ゲーム業界は市場が伸びていることもあり、仕事が豊富にあるため、シナリオ専門のスクールで学んだり、ライトノベルや小説のコンクールで賞を獲得したことで、働き始める人もいます。
文章を書く能力以外にも、ゲーム開発に必要となるプログラミングのスキルを保有していると、就職や実務をする時に有利です。

ゲームシナリオライターに必要な能力とは

実際に働くにあたり、持っておいた方が活躍できる能力があります。
文章力や構成力はもちろん必要ですが、魅力たっぷりのゲームにするためのシナリオをつむぎ出す力も求められます。
シナリオライターに不可欠な能力について、お話しします。

物語を生み出す力

ゲームシナリオライターとして働くには、物語やゲームの世界に合わせた脚本を考える力が必要です。
シナリオを考える時には、プレイヤーが飽きずに楽しめるような要素や、ユーザーがストーリーに惹き込まれる設定・世界観が含まれるように作成します。
物語を考えるためには、時代のトレンドにアンテナを張ったり、さまざまなジャンルのゲームをプレイしたり、マンガや小説を読んだり、ドラマやアニメを見たりしてさまざまな引き出しを作っておくことが大切です。

豊かな想像力

ゲームは、アニメや映画と違って物語の結末が1つではありません。
さまざまな分岐点が設定されて、枝分かれにストーリーが変化していきます。
キャラクターの心情を汲み取って次の行動を考えたり、おもしろいカラクリを用意したりする等、数多くのストーリーを想像する力が問われます。 あらゆる展開を想定して、柔軟に物語を考えられる想像力が必須です。

魅力的なセリフを書ける

ゲームのストーリーには、キャラクターのセリフが必要不可欠です。
キャラクターに引き付けられるセリフをつけることで、ユーザーをゲームの世界に引き込み、いつまでも遊び続けられるゲームになる見込みがあります。
プレイヤーを惹きつける印象的なセリフを、考える能力を持っていることが重要です。

ゲーム制作全体を把握する力

ゲームディレクターやゲームプランナーと掛け持ちをして行う場合は、ゲーム制作の流れや全体の工程を把握したり、さまざまな部門のスタッフをまとめたりすることも求められます。
シナリオはゲームの軸となるので、企画段階から多くの人と協力して制作に携わって仕事を進めていきます。

ゲームシナリオライターに向いている人

ゲームシナリオライターはどんな人が向いている仕事なのでしょうか。
当然ですが文章を書く仕事なので、文章を書くのが得意な人ほど向いていることは言うまでもありません。
ただ、それだけでは必ずしも良いシナリオを書けるライターになることはできませんし、文章に苦手意識があるからといって絶対にシナリオライターになれない、という訳でもありません。
ここからは、ゲームシナリオライターに向いている人の特徴を紹介します。

物語をつくるのが好き

物語を考えるのが好きな人は、ゲームシナリオライターに向いています。
胸の高鳴るような舞台設定、ついつい感情移入してしまうような魅力的なキャラクター、壮大な世界観等が上手くハマったストーリーをつくれると、ゲームのおもしろさが何十倍、何百倍にも膨らみます。
想像を膨らませて、魅力的なキャラクターやストーリーを考えるのが好きな人は、良いシナリオを紡ぎ出せる見込みがあります。

好奇心が旺盛

あらゆることに興味を持ち、好奇心旺盛に物事を見る力を持っている人が、向いているでしょう。
ゲームシナリオライターにとって、今まで経験した人生の出来事すべてがシナリオを書くための材料です。
特に、多様な趣味を持っていてさまざまなジャンルに精通していたり、変わった経歴や体験があったり、好奇心が旺盛で色々な場所に出かけたことのある人ほど、独自の視点でシナリオが書きやすくなります。

さまざまな作品から情報収集できる

本や映画、マンガやドラマ等をたくさん読んで、さまざまな物語をベースに新しい物語を考えることもできます。
もちろん、新しいゲームや人気を集めているゲームをプレイして、情報収集することも大事な勉強です。
さまざまな作品を見ることで、物語のパターンがイメージできて、そこから新しいストーリーが生まれることはよくあります。

ゲームシナリオライターの収入

ゲームシナリオを制作する人の年収は、平均的におよそ250万円〜300万円となっています。
ただし、年収の幅は働き方や人気の有無によって幅広く、他の仕事と掛け持ちをして働く人もいれば、数千万円を超える年収の人気なシナリオライターもいます。
このように収入は、個人の能力によって大きく異なります。

参考:https://agency-star.com/positions/73/

ゲームシナリオライターの将来性

ゲームのマーケットは、まだまだ広がる可能性を秘めています。
スマートフォンの普及もさらに広がっていることから、新しいニーズの開拓が見込まれています。
新しい需要がみつかれば、ゲームシナリオライターの仕事も増え、今よりも地位が高まっていくでしょう。

まとめ

今回は、ゲームシナリオライターになるにはどうすれば良いか、についてお話しをしました。

ゲームシナリオは、ゲーム全体の骨格となる要素なので、シナリオの設定がしっかりと完成していないとゲーム制作は立ち行きません。
ゲームシナリオライターになるには、ゲームプログラマーやゲームデザイナーを経てゲームシナリオライターになる人もいますが、中には小説家志望の方や、脚本家志望の方等の全く違う分野から、足を踏み入れた人もいます。

ただ、ほとんどの方は、専門学校やシナリオスクールで一定の知識を身につけた方が多いようです。
ゲームシナリオライターに興味のある方は、ゲームシナリオライターの知識を学べる専門学校やシナリオスクールを調べてみましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works