デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

 

ゲームプログラマーとして働くのは難しいイメージがあり、自分にできるか不安だという方も多いのではないでしょうか。

「ゲームプログラマーは難しい」という漠然とした不安を持ったままだと、めざすのをためらってしまいますよね。

そこでこの記事では、ゲームプログラマーの就職先や、具体的にどんな点が難しいのか、ゲームプログラマーとして働くために必要なこと等についてご紹介します。

ゲームプログラマーの主な就職先

一口にゲームプログラマーと言っても、つくるゲームの種類によって就職先が変わってきます。
ここでは、2種類の就職先を見ていきましょう。

就職先によって難易度や求められるスキルも変わるので、よく確認してみてくださいね。

コンシューマー向けゲーム制作会社

コンシューマー向けのゲーム制作会社とは、家庭用ゲーム機のゲームをつくる会社です。非常に人気が高く、技術面でも高い専門性が求められます。

中途採用で入るのは難しい傾向がある

コンシューマー向けゲームのゲームプログラマーの中途採用求人を探してみると、必須条件に「○○年以上の実務経験」と設けられている場合が多いです。

そのため、異業種からコンシューマー向けゲーム制作会社に転職するのは、残念ながら難しいです。

コンシューマー向けゲーム制作会社でプログラマーとして働くには、新卒採用枠で入社することをおすすめします。

大きな会社では全職種を一斉募集するため、全学部・全学科対象であることが多いですが、ゲームプログラマー等の技術職に関しては、専門的に学んだ学生が採用されることが多いです。

 

ソーシャルゲーム制作会社

ソーシャルゲームとは、SNSを介してユーザー同士がつながってプレイするゲームで、スマートフォンやタブレット端末等で操作されることが多いです。

スマートフォンの普及によって近年、市場が拡大しており、新しいソーシャルゲームのリリース情報をよく目にしますよね。

市場の拡大に伴い、ソーシャルゲーム制作会社の数も増えています。

やる気次第で未経験でも採用される傾向がある

ソーシャルゲーム制作会社が急増したことで、つくり手の需要も高まっています。
求人情報を見ると、実務経験のない未経験者でも募集している場合が多いです。

なぜならソーシャルゲーム制作では、コンシューマー向けゲームと違いリリース後にも仕様変更ができるため、ゲームの専門性よりはスピード感や熱意が重視されるからです。

ゲーム業界への入り口として、ソーシャルゲーム制作会社は狙い目ですが、必須条件や歓迎条件にゲームをつくったことがある・プログラミングができるといった点を挙げているところも多いので、実務経験はなくてもゲーム制作の基礎知識は持っておきたいところです。

ゲームプログラマーとして働く難しさ

これまで見てきたように、業界やスキルによっては就職が難しいという意味で「ゲームプログラマーは難しい」と言われることがあります。

ここからは、ゲームプログラマーの仕事そのものの難しさについて見ていきましょう。

体力面

ゲームプログラマーの仕事の難しさは、体力面にあります。
納期が近づくと連勤が何日も続く場合もあり、ハードワークを乗り切る体力が必要となります。

大変ですが、そんな時こそ「良いゲームをつくりたい」という初心に立ち返ることが大切です。

デバックの対応

デバックはゲームプログラマーの代表的な仕事の一つですが、ゲームプログラマーの難しさがよく表れる作業です。

一つのゲームで組むプログラムは、膨大な量になります。バグ(不具合)が発生すれば、プログラムの中のどこが間違っているのかというのをみつけ出し、修正しなくてはなりません。

スケジュール管理

ゲームプログラマーはゲームのリリース日までに、いつまでに何の作業をするべきかを常に頭に入れておくことが大切です。

作業に集中するとつい時間を忘れてしまうので初めのうちはなかなか難しいかもしれませんが、スケジュール管理は今後のキャリアアップのためにも必ず身につけておきたいスキルです。

ゲームプログラマーとして働くなら基礎知識が求められる

就職面や仕事面で難しいと言われるゲームプログラマーですが、ハードルを下げるためにはやはり基礎知識が必要です。

ゲームプログラマーは技術職ですので、ゲームのプログラミングが組めるというアピールポイントがあればゲームプログラマーとしての就職も夢ではなく、逆に基礎知識がなければ未経験者歓迎の企業でもゲームプログラマーになるのは難しいでしょう。

まずは何より、ゲームプログラミングの基礎知識を身につけることが大切です。

まとめ

難しいと言われるゲームプログラマー、基礎知識がなければ就職も働くこともハードになりますので、しっかりと専門学校等で基礎知識はきちんと学んでおきましょう。

体験入学ではプログラミングが初めてでも授業が受けられ、必要なスキルをピンポイントで学べるので参加することもおすすめです。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works