デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームプログラマーを目指している、または現在ゲームプログラマーの職に就いている人にとって、ゲームプログラマーの収入や収入をアップさせるために何をすればいいのかは、とても気になる部分ですよね。

そこで今回は、ゲームプログラマーの収入はどれくらい?アップするためには何をしたらいいのか、を解説していきます。

ゲームプログラマーの平均収入

ゲームプログラマーの平均年収は460万円です。
これを月収に換算すると28万円程度になります。

ゲームプログラマーの年収は、どこの企業で働くかによって大きく異なります。

働いている企業によって収入に差がある

収入は働く企業によって大きく差があります。

例えば、任天堂のゲームプログラマーの年収は750万からですが、GREEのゲームプログラマーは720万から、cygamesのゲームプログラマーは710万円からなど、働く企業によって収入に差が出ます。
中小規模のゲーム会社になると300~500万の間で収まる場合が多いです。

参考URL:https://heikinnenshu.jp/creative/gameprogramer.html#chapter1
 

職場によっては残業代の割合が大きい

収入が多いといっても、職場によっては残業が多くて全体の収入が多くなっている場合があります。
納期が近くなってくり、スケジュールに余裕がなくなった場合は、なかなか家に帰れないこと、疲労から体調を崩すケースも考えられます。

ですので、入社説明会などで社員の人と接触する機会があれば、入社する前に残業時間の確認や残業代の有無を確認しておくと良いでしょう。

収入を上げるためには?

ゲームプログラマーからメインプログラマーへのキャリアアップや、転職で収入のアップが見込めます。
キャリアアップや転職には、実績やスキルが必要になってきますが、是非参考にしてください。

メインプログラマーになる

メインプログラマーは、ゲームプログラマーのチームリーダーとなる立場で、各々への仕事の割り振りや、スケジュール管理をしながら自身もプログラミングの仕事をします。

メインプログラマーは責任も大きくなるため、その分収入アップを見込めます。
 

収入の高い職場へと転職する

ゲームプログラマーやメインプログラマーとして実力を身に付け、任天堂やグリーなどの大手企業に転職するのもひとつの手です。

大手企業に転職することで、収入アップやスキルアップを目指すことができます。
 

ソーシャルゲーム業界に転職する

家庭用ゲーム機を作るコンシューマーゲーム業界より、スマホゲームを作るソーシャルゲーム業界の方が、平均年収が50万円程高い傾向にあります。

年収のアップを考えるのであれば、コンシューマーゲーム業界からソーシャルゲーム業界へ転職してしまうのも、ひとつの手です。

収入を上げるためには高いスキルを持つことが重要

メインプログラマーになるにしろ、転職するにしろ、自身が高いスキルを身に付けることが年収アップへと繋がります。

メインプログラマーの方がゲームプログラマーよりも、求められるスキルや能力は高くなります。プログラマーとして、キャリアアップや収入アップを考えるなら、日々の仕事はもちろん、最新の技術やプログラミングのスキルアップを目指すと良いでしょう。

収入を上げるために必要な能力

収入を上げるために必要な能力には、より高度なプログラミングスキルや、広い視野を持つこと、英語力など、様々な能力が必要になります。

収入を上げたいと思ったら、以下のことを意識すると自身のスキルアップにも繋がります。

高度なプログラミングスキル

収入を上げるためには、ゲームプログラマーに必要なプログラミングスキルだけでなく、メインプログラマーでも通用するような高度なプログラミングスキルを身に付けましょう。

また、コンシューマーゲームやソーシャルゲーム、オンラインゲーム、それぞれ使用される言語が違うので、そういった別の言語が扱えるスキルを持っておくと、転職にも有利に働きます。

大手ゲーム会社に転職を考えているのであれば、競合を勝ち抜いて選ばれる高度なスキルや実績が必要になります。
 

全体を見渡せる広い視野

メインプログラマーは、ただ単に自分の仕事をこなしていれば成り立つポジションではありません。

プログラミングチーム全体の進行具合がスケジュール通りか、何かトラブルや問題点は無いかなど、全体を見渡せる広い視野が求められます。

また、メインプログラマーはゲームプログラマーチームのリーダーであるため、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

ひたすらにプログラミングをしているだけではなれないポジションですので、ゲームプログラマーの内から、どうやったら作業がスムーズに進むのか、トラブルが起きた時にどうやったら迅速に解決できるのかなどを、普段から考え実行していくことが大切です。
 

英語力

最新のプログラミング技術は、海外から流入してくることが増えました。

海外で発信された技術が日本語で国内に伝わるまでには、少し期間があるため、最新のプログラミングスキルをいち早く学ぼうとする際は、英語力が必要になります。

また、英語力はただ単にプログラミングの世界だけでなく、あらゆる業界で通用するスキルなので、身に付けておいて損はありません。

まとめ

以上、ゲームプログラマーの収入はどれくらい?アップするためには何をしたらいいのか、を解説しました。

ゲームプログラマーの収入を上げるためには、より高度なスキルを身に付け、メインプログラマーへのキャリアアップや、より収入の良い職場への転職が効率よく収入を上げる方法です。

そのための一番基礎的なスキルを身に付けるには、専門学校や大学で学ぶことが第一歩となります。
独学で学ぶよりも、同じ志を持った仲間がいるということは、とても心強いものがあります。

ですので、特にこれからゲームプログラマーを目指したい方は専門学校や大学で学ぶことをオススメします。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works