• 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲーム制作では、「ゲームプロデューサー」と「ゲームディレクター」という二つの職種がありますが、両者の違いがわからないという方も多いでしょう。
そこで、ゲームプロデューサーとゲームディレクターにはどのような違いがあるのか、そしてこの二つの職種に就くためにはどうしたら良いのかについて見ていきましょう。

ゲームプロデューサーとゲームディレクターの仕事内容の違いを見てみよう

ゲームプロデューサーとゲームディレクターの仕事内容は下記の通りとなります。

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲームプロデューサーの仕事は、ゲーム制作のプロジェクトを取りまとめること。
予算や制作に関わるスタッフの選定、実際に制作していくスケジュール等さまざまな面をコントロールするという役割を持っています。さらに、ゲームディレクターやプランナーと一緒に新しいゲームの企画をしたり、宣伝広報活動について企画をするのもプロデューサーの大切な仕事。
ゲームプロデューサーは、ゲーム制作のプロジェクトにおける総指揮を行う仕事であると言えます。
 

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターは、いわばゲーム制作の現場監督とも言える存在です。
制作を行う中でプランナーやデザイナー、プログラマー等多くのスタッフをまとめてチームの指揮を取っていくことが仕事です。

スケジュール管理の他にも、現場でゲーム制作を行っているスタッフに対して具体的な指示を出したり、アドバイスをして計画通りに制作が進むようにまとめていくことになります。また、プロデューサーとともに新しいゲームの企画も行います。

ゲームプロデューサーとディレクター、「どちらが偉い」?

ゲームプロデューサーとゲームディレクター、どちらが偉いの?という疑問を持つ方も多いでしょう。
立場上は、プロジェクトを統括するという役割を担っているゲームプロデューサーが偉いと言えます。

ただし、現場においてスタッフをまとめ上げているのはゲームディレクター。
どちらも非常に大切な仕事であるため、実際の現場ではゲームプロデューサーとゲームディレクターも一般的な上下関係は当てはまらないことも多いです。

仕事内容や求められているものに違いがある

ゲームプロデューサーとゲームディレクターは担当している仕事の内容と求められているものに違いがあります。

ゲームプロデューサーの場合は制作全体の統括、いわば「外枠の取りまとめ」を担当し、ゲーム制作全体が滞りなく進むためのマネジメント力やプロジェクト進行のために必要なプレゼンテーション力・コミュニケーション力が求められます。

一方、ディレクターは「内枠の取りまとめ」を担当するので、現場の統括になります。
現場において最も効率よく制作が進められるかを考え、実行する能力が求められています。

ゲームプロデューサー、ゲームディレクターとして働くなら

ゲーム制作の現場で、ゲームプロデューサーやゲームディレクターとして働くためには、どのような方法があるのかをご紹介します。

ゲームメーカーやゲーム制作会社に就職して経験を積む

新卒として就職して、すぐにゲームプロデューサーやゲームディレクターとして仕事ができるというケースはまずありません。
ゲーム制作の現場に携わり、実際の制作の流れ等を経験することが必要になります。
基本はゲームプランナー等としてまず就職し、現場でさまざまな経験を積んでからディレクターやプロデューサーへキャリアアップをめざすことになります。

ゲーム制作の現場では、制作の進行方法や問題が起こった際にどのように対応すれば良いのかを体感できるチャンスです。
開発プロジェクトの中ではデームプロデューサーやゲームディレクターがどのように対応しているのかを見ておくことが、ゲームプロデューサーやゲームディレクターをめざすうえでの大きな糧となるでしょう。
 

専門学校に通う

未経験からゲーム制作に関わりたい場合におすすめなのが、ゲーム制作に特化した専門学校に通うことです。
さまざまな専門学校があり、多彩なコースが用意されていますが、ゲーム制作に必須のプログラムやデザインについて学べるコースの他にも、ゲームの企画や実際に学生同士でゲーム制作のできる授業もあります。
ゲームディレクターやゲームプロデューサーには、新しいゲームを生み出す企画力も求められるため、企画や実際の制作現場について学べる専門学校に通うことは大いにメリットがあると言えます。

また、専門学校は短期間で集中的にゲーム制作に関わる知識とスキルを身につけられますし、同じ業界をめざす仲間を得られるというのも大きな利点です。
多くの仲間とともに学ぶことで、仕事をするうえで必要となるコミュニケーション力も自然と磨かれていくでしょう。

まとめ

ゲームプロデューサーとゲームディレクターの違いとそれぞれに役割で求められるものについて説明してきました。

どちらの職種をめざすにしても、ゲーム制作に関する総合的な知識と経験は欠かせません。
業界未経験から最短でこれらの職種をめざしたいという方は、ゲーム制作に関する知識と実習経験を積むことができるゲーム系の専門学校に通うことがおすすめです。
専門学校で知識とスキルを身につけ、最短でのキャリアアップをめざしましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works