デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームグラフィックデザイナーになるには

リアリティのあるゲームの映像やアクションシーン、ファンタジーゲームの幻想的で美しい風景等を見ていると、ゲームの世界に惹き込まれてしまうといった経験はないでしょうか?

そのゲーム独特の魅力的な舞台・世界観をつくり出しているのは、ゲームグラフィックデザイナーです。
今回は、ゲームグラフィックデザイナーになるには、どのような方法があるのか紹介していきます。

ゲームグラフィックデザイナーの業務内容とは

ゲームの背景や登場キャラクター等、ゲームに使用されるあらゆるグラフィックを制作する仕事です。
ゲームグラフィックは、ゲーム機の性能によって使用できる色の数が限られる等の制約があります。
その中で美しいものをつくり出すために、試行錯誤をくり返して制作していきます。

ゲームグラフィックデザイナーは、グラフィックを動かすプログラマーと共同作業で作品をつくり上げるため、プログラミングに関する基礎的な知識があると、働くうえで役立つでしょう。
主に、ゲーム制作会社やゲーム開発会社で働く人が多いですが、実務経験を積んだ後に独立していく人もたくさんいます。

ゲームグラフィックデザイナーになる方法

資格を持っていなくてもやれる仕事ですが、グラフィックデザインの仕事をすぐに行うための知識や技術が求められます。

一般的な進路の流れは、ゲーム系の専門学校に通ってから就職します。
専門学校時代に、コンピュータグラフィックスの基礎やデッサン力を身につけておくと就職に有利につながるでしょう。
専門学校で最先端の技術を習得し、多くの作品を見たり制作することで、自信を持ってゲーム制作会社等に就職できる要素になります。

ゲームグラフィックデザイナーに必要な能力とは

グラフィックデザイナーは、プレイヤーをゲームの世界に惹き込む画力やデザイン力、表現力が求められています。
そのほかにも必要な能力があるので、一緒に見ていきましょう。

デジタルソフトを扱えるスキル

グラフィックデザイナーをするには、デジタルソフトを扱えるだけのスキル習得は欠かせません。
現場では、基本的にIllustratorやPhotoshopといったアドビ社が提供しているアプリケーションソフトを中心に使用します。

これらのソフトをスムーズに使いこなせなければ、デザイナーとして仕事ができません。
使い方を習得する方法は、専門学校だけでなく、本やインターネットサイト、各種スクール等でも学べるので、しっかりと身につけておきましょう。

グラフィックデザインの知識

現代のゲームはグラフィックが主流になっているので、デジタル画像を美しく見せるセンスが必要です。
デザイン能力は、もともと備わっている美的センスや構図、配色等のノウハウである「デザイン知識」、さまざまなデザインを見て、そのデザインから新しいデザインを生み出す「インスピレーション」等によって組み立てられています。

美的センスやインスピレーションは、日頃の心がけで伸ばせるものですが、デザインの知識は学校や本等でしっかりと学ぶことが近道と言えるでしょう。
またこれからは、3DやVRを使用したゲームが盛んに制作・発売されるようになってきています。
このようなトレンドは、今後も続いていくことが予想されているので、ますますグラフィックデザインの知識や技術が必要になるでしょう。

ゲームに惹きつけられるデザインをつくれる

ゲームに必要な要素はおもしろさであり、ついつい続けたくなってしまう内容です。
おもしろさには、画面のデザインや設定、キャラクターのデザインや魅力ある世界観等が必要です。

レベルをクリアするごとに、新しい画面が出てきたり、魅力的なキャラクターが増えてきたりとさまざまな変化や驚きをゲームのデザインでつくり出せれば、プレイヤーはそのゲームから離れるのが難しくなります。
グラフィックデザイナーのアイディアや力量次第で、ゲームのおもしろさが変わってくると言っても過言ではありません。

デッサン力

デッサン力を鍛えることも、グラフィックデザイナーには必要な能力です。
デッサン力を身につけると、物の構造を捉える観察力が身につき、デザインをよりリアルにつくり上げられます。

さらに、絵を描くスピードが格段に早くなり、仕事のスピードアップにもつながります。
画力を高めるためにも、空いた時間にはデッサンをして観察力を身につけましょう。

ゲームグラフィックデザイナーに向いている人

グラフィックデザイナーとして働くには、基礎的な色彩能力と配置等のセンス、情報の取捨選択ができる能力が必要です。
また、仕事に強いこだわりを持って取り組むことや、集中力の高い人はゲームグラフィックデザイナーに向いています。
他にも、どんな特徴を持つ人が向いている仕事なのか、見ていきましょう。

フレキシブルな発想力を持っている

ユーザーは、過去にプレイしたゲームのイメージが残っているため、同じようなデザインでは飽きられてしまいます。
また、ゲームの世界観にもよりますが、あまりに日常的でありふれたデザインは、ユーザーがゲームに求める非日常性を失わせてしまうでしょう。

直感的に多くの人が、「格好良い」「きれい」と思えるようなデザインでありながら、新奇さも持ち合わせたデザインを考えるには、過去の王道をあえて外せるくらいの柔軟な発想力が求められます。

根性

ゲーム制作に関わる仕事をしていると、納期前の締め切りに追われる等、とても厳しい状況で働かざるを得ない場合もあります。

締め切りに間に合わせるための体力も大切ですが、それ以上に精神的な強さを持っている事がゲームグラフィックデザイナーには要求されます。 責任感を持って、根気よく取り組める性格の人には、非常に向いた仕事と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

グラフィックデザイナーの仕事は、コミュニケーション能力が求められます。

クライアントが希望する企画やコンセプトに応えながら、反応してほしいターゲット層に好まれるようなデザインに仕上げていくことが大切です。
相手が言っていることはもちろんのこと、相手が上手く言葉にできない部分を汲み取って、デザインに落とし込んでいかなくてはなりません。

また、ゲームグラフィックデザイナーはゲームディレクターやフォトグラファー、シナリオライターや演出家等、仕事をする過程でさまざまな人と関わります。
自分のコミュニケーション能力が低いと感じている人は、意識的に人と関わり能力を磨くと良いでしょう。

ゲームグラフィックデザイナーに必要な資格

必須の資格はありませんが、グラフィックデザイナーとして、より良い作品を作るために持っていた方が良い資格はあります。

持っておいた方が良い資格は、「Illustratorクリエイター能力認定試験」「Photoshopクリエイター能力認定試験」「CGクリエイター検定」「色彩検定2・3級」等です。
資格を持っていると、保有している技術の証明になるので就職の際に有利に働く場合もあるでしょう。

まとめ

今回は、ゲームグラフィックデザイナーになるためには、どのような方法があるのかご紹介しました。

実際に働くには、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職することが早道ですが、グラフィックデザインができるソフトの操作法やグラフィックデザインの知識が必要となるので、ゲーム系専門学校で基礎を学ぶのが一般的です。
ゲームグラフィックデザイナーに興味のある方は、ゲームグラフィックデザインが学べる専門学校を調べてみましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works