デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

近年、スマートフォンの普及によってソーシャルゲームが大流行しています。

また、eスポーツの知名度の上昇もあり、これからもゲームの人気は続くとみられています。

それらをつくっているゲームクリエーターの年収は、どれ程のものなのでしょうか。

ここではゲームクリエーターの年収についてはもちろん、その種類や年収を増やすための方法についてご紹介していきます。

そもそもゲームクリエーターとは

そもそもゲームクリエーターというのは「ゲーム開発に携わっている人」のことを基本的に指しますが、その中にも種類があります。

そこでまずは、ゲームクリエーターの種類についてご紹介していきます。

ゲームクリエーターの種類

ゲームクリエーターの種類は多くありますが、まずは代表的なクリエーターについて触れていきます。

大きく分けて、以下の5つです。

  • ゲームプログラマー
  • ゲームプランナー
  • CGデザイナー
  • ゲームサウンドクリエーター
  • ゲームシナリオライター

ゲームプログラマー

最も有名なゲームクリエーターの職種の一つが、このゲームプログラマーです。

プログラマーはゲームを動かすためのプログラムを組み上げることがメインの職業であり、ソースコードを駆使し、時には海外のサイト等を参考にしてプログラムを組むこともあります。

ゲームプランナー

次にご紹介するのはゲームプランナーです。

ゲームプランナーは主にゲームの企画と開発の指示に携わっており、キャリアアップをすると、より決定権を持つゲームディレクターやゲームプロデュサーになることができます。

CGデザイナー

CGデザイナーはCGを使ってゲームをプレイしている人を視覚的に楽しませることが主な仕事です。

近年流行しているゲームのほとんどがクオリティーの高い3DCGからできているため、優秀なCGデザイナーは非常に重宝されます。

ゲームサウンドクリエーター

ゲームサウンドクリエーターはゲームの効果音やBGMに携わる職業で、音でゲームをプレイする人を楽しませます。

効果音があることで動作が分かりやすくなったりもするので、重要な役割を持っていると言えます。

ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライターはゲームのストーリーやキャラクターの設定等を考える仕事です。

基本的にはプランナーと共にシナリオ制作を行うか、ゲームプランナーがゲームシナリオライターを兼任する形態がよく取られています。

ゲームクリエーターの年収

それでは本題のゲームクリエーターの年収についてご紹介していきます。

しかし、ゲームクリエーターは先述の通り数多くの種類があり、それぞれ年収の相場が違うだけでなく、所属する会社によっても異なります。

そのため、平均年収を見て一概にゲームクリエーターの年収を判断するのは少し難しくなっています。

ゲームクリエーターの平均年収

求人ページの情報を調べてみると、ゲームクリエーターの平均年収は約450万円。

国税庁の調査によると、2019年の日本人の平均年収が441万円なので、相場的には一般的なサラリーマン並となっています。

収入は所属する会社とスキルによって異なる

収入は前述している通り、ゲーム制作のうちの関わるセクションによっても異なります。

しかし、それ以上に収入を決めるのは、所属している会社と、クリエーターとして持っているスキルです。

同じゲームデザイナーでも、中小企業に勤めている場合と、大企業に勤めている場合では収入は異なりますし、もっと言うとスキルの評価も異なります。

ボーナスはどれ程変わるのか

ゲームクリエーターのボーナスに関して具体的な情報がありませんが、こちらも会社によると言えます。

また、会社からの評価にもよりますので日々熱心に仕事に取り組むことが大切です。

ゲームクリエーターが昇給する方法

ゲームクリエーターが年収を上げる方法はどんなものでしょう。

先程、おおよその年収はお伝えしましたが、中にはより高い年収で働いているゲームクリエーターもいます。

それにはいったいどのような条件があるのでしょうか。

キャリアアップ

一番分かりやすいのがキャリアアップです。

スキルを身につければ高い給与を受け取ることもできますが、経験の浅いうちは給与も低くなりがちです。

しかし、それはどの業界でも同じ。

スキルを身につけても収入が変わらない状況なら、転職を検討しましょう。

ヒット作の制作に携わる

これは少しばかり特殊なのですが、スキルを認められてビックタイトルのプロジェクトに携わることができれば、収入も上がる可能性があります。

ただ、収入は制作に入る前の最初の時点で決まりますので、手がけた作品がヒットした後でその時にもらえる収入が上がることはありません。

ゲームクリエーターの年収はスキル次第

ゲームクリエーターの年収についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ゲームクリエーターの年収は一概にいくらかを言うのは難しいものの努力をしてスキルを身につければ誰でも収入を上げることが可能な業界です。

また、スタートダッシュとして専門学校に通ったりすることで最初からある程度の収入で働き始めることも可能です。

これからゲームクリエーターめざすとい人はぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works