デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

ゲームクリエーターになるには

ゲームクリエーターは、ゲーム制作を仕事にしている人のことですが、ゲームクリエーターになるには、いったいどうすれば良いのでしょうか?

実際に現場で働いている人は、どんな進路を歩み、ゲーム制作に携わっているのでしょうか。
今回は、ゲームクリエーターになるにはどうすれば良いのかについて、紹介していきます。

そもそもゲームクリエーターとは

ゲームクリエーターとは、ゲームプログラマーやゲームプランナー等のゲーム開発に関わる職業の総称です。
ゲームクリエーターにはさまざまな役割があり、一人でゲームをつくるには限界があります。

実際のゲーム制作では、大勢のゲームクリエーターがチームとなって、さまざまな人と関わり合いを持ち、それぞれの仕事をしっかり行うことで、ゲームを完成させています。
そのため、ゲームクリエーターになりたいと考えている人は、まずどの職種になりたいのかを決めてから進路を選んでいきましょう。

ゲームクリエーターの職種と業務内容

ゲーム制作では、企画、ゲームシナリオ、ゲームデザイン、プログラム、全体の進行の管理といった分野に細分化されており、それぞれ独立した職種となっています。
下記に、ゲームクリエーターの職種についてまとめました。

  • ゲームディレクター
  • ゲームプランナー
  • ゲームグラフィックデザイナー
  • ゲームプログラマー
  • ゲームシナリオライター
  • ゲームサウンドクリエーター…等

ここからは、代表的な三つの職業の業務内容についてご紹介します。

ゲームプランナー

ゲームの企画や作品の根本となるアイデアを出し、ゲームの制作工程を理論立てて考え、仕様書をつくり、完成まで幅広い業務に携わる仕事です。
プロデューサーやディレクターと話し合いを重ねながら、具体的な企画を立てるのが主な仕事ですが、ゲームプランナーのセンス次第で、ゲームの成功を左右してしまう重要な役割を担っています。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ゲームが正しく動作するようにプログラミング言語を駆使してプログラムを組む仕事です。
ゲーム制作の中心的な役割を担う立場で、ゲームを制作する際には、多くのプログラマーが参加しています。
ゲームプロデュサーやゲームプランナーが立案したゲームの企画や構成、ゲームデザイナーがデザインした登場キャラクター、シナリオライターが考えたゲームシナリオなどをさまざまなプログラミング言語を駆使して、プログラムとして組み上げていきます。

サウンドクリエーター

サウンドクリエーターはゲーム音楽等のサウンドを制作する仕事です。
音楽をつくる作曲家と違い、音源を曲に変えてプログラムに落とし込むところまで携わることが多くあります。
作曲能力はもちろん、DTMソフトを使いこなす力も必要です。

ゲームクリエーターになる方法

ゲームクリエーターになるには、独学で学ぶ方法と専門学校で学ぶ方法の2種類あります。
全くの未経験の人は、学校で学ぶことをお勧めします。

学校では基礎的な知識を万遍なく学べるので、ゲームづくりの土台を固められます。
独学では気がつかない、ゲームを魅力的に見せるノウハウや技術をアドバイスしてもらうことも可能です。
学校によっては、何人かの学生とグループになってゲーム制作をすることもあり、実際にゲームを開発する流れを体感して学ぶこともできます。

ゲームクリエーターの就職先について

ゲームクリエーターの職種はさまざまあることが分かりましたが、就職先はどのような場所があるのでしょうか。
ここからは、ゲームクリエーターの就職先についてお伝えしていきます。

ゲームメーカー

ゲームメーカーとは、ゲームの企画を立てたり、ゲームの開発費を出資したりする会社のことで、制作自体は下請の制作会社や開発会社に委託していることがほとんどです。
ただし、中には小さなゲームメーカーで、企画から制作までを一手に行う会社も存在しているので、就職してみたい会社がある場合は詳しい事業内容を調べてみましょう。

ゲーム開発会社

自社でゲームの販売は行わず、ゲームメーカーから発注を受けてゲーム制作をしている会社もあります。
規模の大きい会社から小さい会社まで、さまざまな規模のゲーム開発会社があります。
ゲーム開発会社にも特色があり、ゲーム制作全体を受注してゲーム開発をする会社やスマートフォンアプリを専門に請け負う会社等、専門に特化して仕事を請け負っている会社もあります。

一般的に、大手の制作会社ほど分業が進んでいるのでスキルを磨きやすい反面、活躍の場は限定的になりがちです。
一方で、中小の制作会社はプランナーとシナリオライター等複数の職種を兼任する場合もあるので、制作過程全体に関わりたい人等があえて中小の制作会社を選ぶケースもあります。

ゲームクリエーターに必要な能力とは

ゲームクリエーターはさまざまな職種によって構成されているので、それぞれの役割での専門的な知識が必要になります。

それぞれの基本的な技術や知識にプラスして、プランナーやプログラマーには論理的思考力、グラフィックデザイナーにはデザインセンスが必要になる等、職種によって身につけるべき能力には違いが出てきます。
そのため、まずはどの職種になりたいのかを決めてから、その職種に合った能力を身につけるようにしましょう。

ゲームクリエーターに向いている人

なりたいと思っても、本当に自分に向いているのか気になりませんか?
絶対的な項目ではありませんが、ゲームクリエーターに向いている人にはいくつかの適性があります。
ここからは、ゲームクリエーターに向いている人についてお話しします。

想像力・発想力が豊か

ゲームをつくり出すには、豊かな想像力・発想力が必要です。
おもしろいゲームの生まれるきっかけが、ゲームクリエーターの想像力というケースは多くありますが、どんな実力者でも、何もない状態から突然おもしろいストーリーを思いつく、なんてことはありません。

「想像力」とは、さまざまな分野で学んだ知識や、生活の中で経験してきたことが、パーツとなり組み合わさったものです。
歴史上の偉人をモチーフにしたキャラクターや、海外のヒット作品をアレンジした設定等、豊富な知識や経験がベースとなって、魅力的な作品ができ上がることはよくあります。

想像力というと、生まれついての才能のようなイメージがありますが、日常的にさまざまなものに興味を持ち、好奇心を持って接することで発想する力を伸ばすことで、誰でも伸ばしていくことのできる能力です。

ゲームづくりへの情熱を持っている

何もない状態からゲームをつくり出すのは、とても大変なことです。
「こういうゲームをつくりたい」という思いを持って本気で情熱をささげられる人でないと、世間を驚かせるゲームは作れません。

また、ゲームは完成するまでに時間がかかったり、トラブルが起きたりと、簡単に作れるものではありません。
どんな状況になっても「どうしてもこのゲームがつくりたい!」という強い気持ちを持てる人でないと、なかなかつくり続けることは難しいでしょう。

適切なコミュニケーションを取れる

ゲーム制作は、さまざまな専門職のクリエーターが集まって制作しているため、思っている以上にコミュニケーションが重要になってきます。
同じプロジェクトの仲間同士協力し合って仕事を進めたり、相手の意図をくみ取って作業をしたりする機会も多くあります。

お互いの職種が違っても、同じゲームを作るチームとして良い人間関係を築くことで、質の高いゲームを作れる見込みが上がります。

ゲームクリエーターの収入

ゲームクリエーターの収入は、勤務先の会社の規模や職種、役職、経験年数によっても違いがあります。

正社員で働く、一般的なゲームクリエーターの平均年収は450万円前後が相場です。
トップクリエーターになると年収1000万円クラスの人も出てきます。

大手のゲームメーカーや、ゲーム開発会社になればなるほど、ゲームクリエーターの年収も高くなる傾向にあります。
また、普及したばかりで扱える人が少ないソフトや、新しい技術に精通した技術者はそれに見合った高い年収が支払われています。

まとめ

ゲームクリエーターになるには、独学や学校で知識や技術を習得し、ゲームメーカーやゲーム制作会社に入社して実力を磨く道が王道です。

ゲームクリエーターには、プランナー、プログラマー、サウンドクリエーター等、さまざまな職種があるので、自分がなりたいゲームクリエーターがなんなのかを決めてから、進路を選択しましょう。
ゲームクリエーターが気になっている方は、ゲームクリエーターの知識や技術を学べる専門学校のホームページを見て、調べてみましょう。

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works