デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

声優専門学校の入試について

アニメやゲーム、ラジオやイベントなど、幅広い現場で活躍している声優は、多くの若者が憧れる職業の一つです。
声優になるには、専門学校や養成所などに通い、必要な知識や技術を身に付けて卒業する方法が一般的です。
プロとしてデビューした後は、何らかの芸能事務所に所属し、オーディションを経て仕事を獲得していきます。
しかし、声優になるまでの道は決して平坦なものではなく、プロとしてデビュー出来るのはほんの一握りと言われています。
また、仮にプロとしてデビューが出来たとしても、声の仕事だけで食べていけるのはごくわずかであり、経済的な理由でやむなく廃業してしまう人も少なくありません。
声優は一見華やかなように思えますが、実は大変厳しい世界です。

さて、声優を育成する専門学校は、在学中からプロの現場を体験することが出来たり、現役で活躍するプロ声優から技術を学ぶことが出来るのが特徴です。
専門学校のため入試問題というものは存在せず、基本的に「書類選考」によって合否が決定されます。
出願資格は、高等学校を卒業した人、あるいは高等学校卒業程度認定試験に合格した人に与えられますが、これと同程度の学力を持っている人も出願資格が与えられます。
入学を申請するには、自分の行きたい専門学校が決めて、資料請求をして資料を取り寄せます。
そして、資料に同封されている入学願書に必要事項を記入し、郵送または専門学校の窓口に入学願書を提出します。
数週間程度で合否が判明し、合格の場合は指定された期間内に学費を一括で納入します。
なお、学費に関しては、養成所に比べると遥かに高く、1年間で100万円から150万円程度が相場です。
そのため、専門学校によっては「新聞奨学生制度」と呼ばれる、朝夕の新聞配達に従事することで住宅や食事、返済がいらない奨学金の援助を受けながら通学ができるものや、学生寮が設けられているところがあります。
少しでも多くの人が意欲的に学べるよう、学校側も様々な工夫を凝らしています。

そして、通常の書類選考ではなく、本人の特性や意欲、目的意識など、学校側が入学志願者を直接審査し、合否を決める入試制度を設けているところもあります。
これを、「AO入学制度」といいます。
通常より早い段階で入学を決めることができるので自分の夢を真剣に実現させようとする人にとって、この制度はまさにうってつけであると言えます。

<< 声優専門学校の年齢制限

デビュー実績多数!声優専門学校! >>

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works