デジタルアーツ東京|アニメ・声優・イラスト・ゲームの専門学校

  • 資料請求はコチラ
  • 体験入学はコチラ
  • 学校公開情報詳細はコチラから

アニメ、声優、イラスト、マンガ、ゲーム、ノベルス、フィギュアの専門学校

  • お問い合わせフォーム
  • アクセス・連絡先

デビュー実績多数!声優専門学校!

いま、若い人の憧れる職業の一つに声優があります。
アニメの声を演じる役です。
東京には多くの専門学校や養成所があって、未来の声優を目指して勉強している人がいます。
もちろん、学校や養成所に行かなくても、オーディションを受けて合格してもなれますし、あるいは、スカウトをされる可能性もあります。
とはいえ、現実には、オーディションやスカウトでなったというのは、極めて例外的なケースでしかありません。
ほぼすべての人は、専門の学校に通ってトレーニングを受けてきたのが事実です。

専門学校を選ぶのなら、学校の入学案内には、そこを卒業した声優の名前が掲載されているケースが多いですので、自分が目指している人がいるかどうかの確認をすることも大事です。
実際に仕事をするプロダクションと結び付きの強い学校ですと、就職にも有利になってくるのは当然です。
憧れの声優が卒業した実績の多い学校のほうが、やる気を上げる上でもプラスになります。
そういった視点から、学校を選択することもポイントになってきます。
さらに、授業内容やレッスンの回数、授業料やレッスン料等も確認しておいて、続けて通えることを確認しておかなければなりません。

なお、専門学校と養成所とは異なったものであることを認識する必要があります。
両者とも、目的は同じですし、学ぶことも、ほとんど同じと言って差し支えないでしょう。
ただ、決定的に違うところは、養成所のほうは、学校認可されていないという点です。
専門学校のほうは、学校法人として認可された教育機関です。
そこを卒業すれば、最終学歴として履歴書にも書くことができます。
また、在学中は、学割の適用が受けられますので、通学の定期券の購入でもメリットがあります。
学校認可されている点で、有利に働きます。

学校や養成所では、たとえば滑舌の悪さや早口などを、その人に合った形で修正していきます。
また、歌唱力がないことを気にしている人も多いですが、それは、声優の本来の役目とは関係がありません。
役をつとめあげるためには、基礎技術や芝居をしっかりと身につけることが大切になってまいります。
また、あがり症の人も学校で訓練を受けています。
人前に出ると戸惑うあがり症の場合、ともすれば、声がしどろもどろになってしまいがちですが、そんな状態では明確に台詞を口にすることができません。
しかし、あがり症というのは治らないものではなくて、トレーニングによって、大きく改善することができます。
専門学校では、声優になるために、実に多くのことを学びます。

<< 声優専門学校の入試について

入学するには何が必要? >>

  • School Blog
  • OBOG Message
  • Works