勇者班・作画監督紹介

お仕事紹介、第2回目は作画監督です。

作画監督は「ルミルミさん」です!

最近、作画修正を、夢の中でもするようになったルミルミさんcoldsweats02.gif

山形県立米沢商業高等学校総合ビジネス科(商業系の高校)出身です。

「① (まるいち)」を「①(いちまる)」と言うのですが・・・

方言なのでしょうか??

自分用に、タイトルロゴを勝手に、手描きで作ったそうです(笑)

タイトルロゴ

「くまのぬいぐるみ」が大好きで、毎日一緒に寝ているそうです。

最近一匹増えたようです。

 

~作画監督の仕事~

今回のアニメーション制作では、先にキャラクターデザインが決まりました。

それを描いたルミルミさんが、作画監督です。

①レイアウトの作画修正

担当者が描いた「レイアウト(背景原図)」は、まず演出に渡されます。

その後、作画監督の元へきます。

もちろん、キャラクター設定はできていますが、さらに精度を良くするために

絵をすべて設定通りに修正していきます。

*本来、アニメ業界では時間短縮のために「部分修正」という、絵の一部を修正して

違和感のないくらいのクオリティにまであげる修正方法(例えば、顔の輪郭はそのまま

で顔のパーツだけ直す)をとっています。

しかし、授業では「全修正」という、気になる一部だけではなく、全てを直す修正方法をとっています。

背景と人がずれていたり、背景を描くのに支障がありそうな時は、キャラクターと同様に

背景も直します。

また、演出からオッケーが出ていても、タイムシートがおかしいものは、自分で計算し直して

演出のミユさんに見てもらう場合もあります。

 

↑あがってきたレイアウト

 

↑作画修正

② 原画の作画修正

担当者が「レイアウト」の作画修正をトレースすると、名前が「原画」となり

演出に渡されます。

そしてまた作画監督へとわたってきます。

レイアウトではなかった「影・ハイライト指示」が良いかどうかを確認します。

また、たまにルミルミさんが、レイアウト修正がうまく直せなかったものや・・・

原画になっても「あれ、なんか違うな…」と思った場合は、キャラクターを再び直します。

そして、ここで直したカットは「リテイク」となり、もう一度描いてもらいます。

 

↑あがってきた原画

↑作画修正(リテイク)

↑リテイク後

最終的にルミルミさんが「おっけー!といえば原画作業は完全に終了となります。

こんな感じで毎日作業しています。

<<ルミルミさんの本音>>

・一日に何十カットも、持って来られても見られません!

・3月末にレイアウトの締め切りでした。

3月29日に恐ろしいほどのカット数がきたため終わりません!!

・どう見ても・・・パースがおかしいのと、キャラの身長差が違うのがあります…。

・実は僧侶より、弓師の方が、かわいいと思ってます!

そんなこんなで作画監督のルミルミさんは頑張っています。

ちなみに本校の体験入学の手伝いで、毎回ルミルミさんはいます。

皆さん!たくさん体験にきてくださいね!質問などあれば何でも答えますよ!

では、体験入学の模擬授業でお会いしましょうshine.gif