声優学科9期生 公開オーディション」結果

お待たせしましたぁ~。

「声優学科9期生 公開オーディション」のご報告です。

 

参加プロダクション 24社

参加学生      32名

最高合格者     1人で20社から合格をいただきました(男女1名つづ)

プロ所属合格    12名(候補生も含めると21名)

男女平均合格率  12.2社

 

もちろん全員合格で、1人として1社からも合格をもらえなかった学生はいませんでした。

やれやれですぅ~。

 

でもこれからの絞込みが大変です。

就職はよく、結婚に例えられます。受験者と企業とが「相思相愛」で、入社が決定しますと・・・。

プロダクション選びも同じです。

 

もし同時に20人の方から「結婚してくだい~!」って言われたら、みなさんはどうしますか?

 

20社から合格をいただいた学生も含め、行き先は1社に絞らなければなりません。

その判断基準はどこですか?

そのプロダクションの「知名度」?

自分の好きな「タレントさん」が所属しているところですか?

それとも・・・。

 

選ぶ基準はさまざまですが、本校では合格の待遇が決め手になる学生が多いみたいです。

「養成所合格」なのか、プロとして所属できる「預り合格」なのか。

「通常合格」なのか、入所金免除や授業料が安くなる「特待生合格」なのか。

 

また、せっかちな企業さんは、翌日には「返事まだですかぁ~?」と連絡をいただくところもあります。

みんな将来がかかっているのですから、少しえる時間を、あげてくださぁ~い。

 

行き先は、周りの人から意見を聞いても、最終決定は自分で決めてもらい

そして本校から、宇宙をかける「流れ星」のように、心に翼付けて旅たってください。

自分で決めた道に旅立ってもらうまでが、我々スタッフの仕事です。

 

そしてまた会うときは、大きくなった姿を見せてください。