そなえよつねに

先日、マンガ学科2年生の一般教養の授業の一環で、学校の隣にある池袋防災館に地震体験に行ってきました。

こちらの施設はとても人気があり、貸切バスでやってくる団体さんや修学旅行の中・高校生たちでいつもにぎやかな人気スポットです。このような人気施設のお隣に学校があり、体験しないのはもったいないと、3か月前から予約を入れ、やっとその日がやってきました。

その日は、時間の都合で地震体験コーナーのみに参加してきました。そして、震度6以上の地震の揺れを体験しました。設備の都合上、横揺れのみの再現でしたが、震度6の揺れは顔がこわばり、声を上げることさえできないような恐怖を覚えるものでした。先の東日本大震災、新潟の中越沖地震、関東大震災のリアルな映像をバックに地震を体感し、机の下へもぐりこみ、ひたすら揺れが止まるのを待ちました。1分余の体験でしたが、終了後も体が揺れていて、2年前の震災時を思い出しました。

体験後は、地震前後に気を付けること等のレクチャーを受け、皆、気が引き締まりました。教室でマンガの授業を受けている学生たちの別の表情を見ることができ、有意義なひと時でした。

いざという時、とっさの行動に役立ってくれればと思います。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ikbskan/