魔法の動画・仕上げ

今日は、アニメ彩色の殿のお母様が来校されました。

就職の件で、三者面談です。

面談というよりも、リラックスして楽しくお話ししながら

しっかり3人で作戦会議。

そして方向性を決めました!!

これで後は、作戦を実行するのみです。

愛しのアニメ学科の学生のためなら、何でもしますよ~!(^^)!

 

それでは、いよいよ佳境に入った魔法班からの報告をどうぞ~♪

 

そうだ、京都に行こう

こんにちは、魔法班です\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今回は動画から仕上げまでを紹介します!

動画とは、原画を基に、より動きを細かく描いたものです。

それを前回の原画の時と同じように撮影していきます。

そして、ここからが仕上げの作業です。

アニメーターさんからもらった動画をスキャンしてデータ化します。

そのデータを二値化し、線を修正していきます。

「二値化」とは黒・赤・青・緑の線だけにし、仕上げ用に処理したものです。

これだけだと線がガタガタしていたり、ゴミ(黒点など)があるので

線修正という作業をして線を整えたり、ゴミを消したりします。

 

動画の画像

 

二値化&線修正の画像

 

その作業が終わるといよいよ塗りの作業です。

赤線はハイライト、青線は影色、他はノーマル色で塗っていきます。

 

仕上げした画像

 

 

――――エピソード13――――

 

魔法班の仕上げは満身創痍だった・・・

 

◎「魔法」オープニング

総カット数   39枚

総動画枚数 1057枚

仕上げの人数   3人

 

消化しても消化しても減らない担当カット

動きまくる髪の毛

これどこの部品?

焦点が合わない目

動かなくなっていく手

 

 

なんか色々振り切れた・・・

嗚呼・・・これが、ランナーズハイ!!!

テンションがおかしくなりながらも、なんとか仕上げは終了した。

仕上げA「1人350~400枚位塗ったね~」

仕上げB「けど、何が一番大変かって、線修正だったよね~」

仕上げC「うちら頑張ったね~」

仕上げ作業が終わり、メンバーは振り返る。

 

魔法は他の班より線が多く、1カットにつき、9割が「線修正」。

1割が「塗り」という時間配分だったのである。

塗りに入った瞬間からの作業スピードの上がりっぷりったらもう★(*´∀`)b

 

次はメカチームの出番です!