悪魔の半球?

フィギュア学科では、授業で何種類かの素材を使っていますが、

今日は、その中で特に学生の人気のあるポリエステルパテを使った

授業を紹介します。

略してポリパテと呼ばれるこの造形素材は、主剤と硬化剤を混ぜて

使用します。混ぜた状態の粘度はドロドロで、1時間位で固まり始め

ます。

1年生は、このポリパテを使って半球を造る授業があります。

最終的には綺麗なツルツルの半球に塗装をし、陶器のように仕上げ

ます。

 

この過程がとても大変で、最初は、ドロドロ状態のパテが硬化を始め

たら、盛って盛って盛り上げて半球に造り上げていきます。

大まかな半球の形になってきたら今度はサンドペーパーやヤスリを

使い、今度はひたすら削り続け、ツルツルの状態に仕上げていきま

す。

 

何かに取りつかれたように磨いている作業を傍目から見ていると、

思わずクスッと笑ってしまいそうです。みんな、ごめんね。。。birthday.gifbomb.gif
今週は途中経過を先生に提出しなければなりません。

みんなツルツルに仕上げられるでしょうか?

後期になると更に磨きをかけ、最終的にはエアブラシできれいに

塗装して出来上がり。note.gif

工程は長いのですが、かなりの忍耐力と技術を習得できることと

思います。

この作業、誰が名付けたか,『悪魔の半球』と呼ばれています。angry.gif

先輩達もこの工程を経験して大きく育っていきました。就職活動の

際に、「よくここまで磨いたね!」と、技術をアピールするのに一役

買ってくれるそうです。

みんな、ツルッツルに磨きあげよう!

勝利の女神半球にしようね!heart04.gif