戦隊班の報告

いよいよ最後の「戦隊」チームの報告です。

「戦隊」班の作業はいつもサクサク進んでいて、笑顔にあふれていました・・・

それを「魔法」班が横目でうらやましそうに眺めたりしてました(ごめんね魔法班)

ちょっとした「できごと」があったのですが、無事乗り越えてくれて

とても、まとまりのあるチームですよ。

たぶん、その事にも触れてくれると思いますが・・・

では現場在校生の声をお届けしますね。

 

やっと順番が回ってきました!

ボケとツッコミの揃った「戦隊」チームです~ (^ω^)ノ

今日は、私たち戦隊の「絵コンテ」&「絵コンテ撮」をお見せします。

最初は、絵コンテ画像です。

次に、絵コンテ撮の画像です。

 

私たち「戦隊」チームには、他の2チームとは全く違う濃~い思い出があるんですよ。

その時のことは、一生忘れないと思います ∑(ノд゚;)

聞いてください。

 

ーーーエピソード3ーーー

 

当時、戦隊チームは追い込まれていた。

絵コンテ撮に手惑い、作業はドンドン遅れ、提出日前日まで、必死で作業をしていた。

しかし、映像と音があわず・・・

 

提出日当日の早朝A301教室。暗~い教室に戦隊チーム。

 

タッキー「あぁ…朝のうちに何とかして、提出に間に合わせようよ……」

あわてて作業をしていると、A301教室の前に人影が…

大海「ハッ…!せ、先生が来たぁーーーーー!」

メグ「何で今日に限って、こんなに早いの…」

ウッチー「あーーーー」

ギ、ギーッ…ドアが開いた。

戦隊チーム全員:「ヒィィィイ…!!!」

(この時の皆の心境は、まるでホラーゲームのようだった)

 

結局、納期に間に合わなかった戦隊チームは、○田大先生にこっぴどく叱られ、一人20枚の

反省レポートを書くことになった。

○田大先生の「納期に遅れるという事は、テレビだと放送できないという事になる」と言う

ことが、超超・・・身にしみた一日になった。

それ以降、戦隊チームは、「納期を守る事」=「命」と思うようになったのである。

後に、この出来事を『Sの悲劇』として、みんなに語り継がれていく事となった…

 

明日から、戦隊班のポップなキャラ達を紹介しますね♪