先生の紹介(その2)

前回に引き続き、ノベルス学科の先生をご紹介いたします。

今日、ご登場いただくのは 『最合のぼる』 先生です。

まずは先生のプロフィールから・・・

 【プロフィール】

ホラー映画「クリスマス・イブ」で脚本デビュー

多数の脚本を手がける中、小説やライトノベル、演出、企画など

ジャンルを問わず幅広く活躍中

■ 主な作品

グレイスドア(B-PRINCE文庫)

ホテル ベニュワール (デジタルホラーM)

映画「ヒカリ」脚本担当          その他、多数

______________________________________________________

本校では、ノベルスコース2年生 「編集」 の授業を担当されています。

この授業では、互いに意見を出し合いながら素晴らしい「卒業作品集」の完成へ向けて

毎週取り組んでいます。

作品集の表紙や挿絵は、イラスト学科の皆さんに協力してもらっています。

夏休み明けに、どのイラストにするか・・・今年度も絞込みをしていく予定です。

このように他学科の皆さんと協力して作品が仕上がるのは、

本校に様々な学科があるからこそ実現するもの・・・だと思っています。

いまから、作品の完成が楽しみです。

 

最合のぼる先生の本が、今月出版になりました。

『真夜中の色彩 闇に漂う小さな死』  最合のぼる 著   黒木こずゑ 絵

発行:アトリエサード  発売:書苑新社

 

新刊にあわせて、出版記念展が6月26日(火)まで初台のギャラリーで開催されています。

収録されている挿絵の原画や、ストーリにまつわるオブジェが展示されています。

「最合ワールド」が堪能できますよ♪

詳細は、http://www.house-of-zaroff.com まで。

高校生へむけた「夏休み体験入学」の授業にも、最合先生 登場予定です。

日程の詳細は、改めてお知らせします。

 

次回のブログでは、アニメ学科のブログでもUPされているコラボ作品について

ノベルス学科からもお届けする予定です。

お楽しみに♪