魔法班の報告

いよいよ「魔法」班の報告です。

ブログ用にまとめた原稿を見せたところ・・・

「私たちが直接報告したい~~~」っと涙目で訴えてきます(可愛いです)

あ~

うん~

どうしようか~

と迷いましたが、試しに報告してもらうことにしました。

現場在校生の生の声です。

どうぞ~♪

 

 

こんにちは。

フジツボって厄介だよね、2年生魔法チームです(・д・)ノ

本日は魔法オープニング制作の「絵コンテから絵コンテ撮影」までの一部分を紹介します。

「絵コンテ」とは簡単に言うと、作品の流れや演出などが書きこまれた作品作りの基盤となるものです。

絵コンテ2枚どうぞ!

 

次に「絵コンテ撮影」を行います。

絵コンテ撮影とは、絵コンテを切り抜いて映像にしたものです。

主に場面の切りかわりやキャラクターの動くタイミングを見て

全体の流れを把握します。

絵コンテ撮影の画面2枚どうぞ!

 

 

 

魔法チームの彩色班は、絵コンテ撮影の際、ある「おきて」が生まれました。

その時のことをお話します。

 

ーーーエピソード1ーーー

それは絵コンテ撮影中の出来事である。

私たちは4人(殿、タケオ、ユカ、鶴)は、分担して作業をしていた。

殿とタケオは自分の担当分を消化し、一息ついていた。

ユカ、鶴の手が挙がり、殿とタケオは2人に駆け寄った。

 

「どうしたーーー?」

「ここ、ここどうしたら良い?」

 

問題を解決し2人は席に戻った。

数分後、ユカと鶴の手が同時に挙がった……

このやり取りが数回繰り返されることとなった。

これが後の「挙手制」おきての始まりである。

 

次に絵コンテを公開するチームは「メカ」班です!

お楽しみに♪