ゲーム学科授業【2DCG実習】

10月に入り後期授業がスタートしました♪
今回はゲーム学科1年生の「2DCG実習」の授業を紹介したいと思います!(^^)!
実は2DCG実習、ゲームプログラムコースでも授業があります。
メインはゲーム開発のためのプログラム言語や制作の授業となりますが、作品制作を行う中で簡単なキャラクター等の画像を自分でつくることができれば、テストプレイもできて非常に便利!
そこで、今までドット絵やUI(ボタンやロゴ)のつくり方を学んできました。
今日は、ゲーム画面のデザインを行っていましたね。ゲームのイメージに合わせたGAME OVER画面等をつくっていましたよ。

さらにゲームCGキャラクターコースでは、現場の多くで使用されるPhotoshopやIllustratorを活用して様々な素材のつくり方を学んでいます。キャラクターを描くにもPhtoshopとIllustratorでは得意なことに違いがあります。両方できればセールスポイントも増えるので就職にも有利ということですね!
いまはキャラクターのつくり方を学んでいますが、今後は背景やUI、ゲーム画面をつくりながら様々なテクニックを身につけていきますよ(^^♪

体験入学では、体験授業だけでなく様々な質問にお答えする個別相談も行っています。
どんな授業を行っているのかもっと知りたい人は体験入学参加もおススメですよ!!

ゲーム学科担当:平井