8月1日の体験はハリウッド式脚本構成術!

ノベルス・シナリオ学科の渕です。

 

突然ですが、みなさんは長編小説を書いたことはありますか?

 

すでに書いたことがある方ならわかると思いますが、

 

小説というものは物語が長くなればなるほど、

 

完成させるのが難しくなっていきます。

 

よくある理由をあげていくと、

 

1、時間をかけているうちに別なものが書きたくなってきた。

 

2、書いているうちに話がどんどんつまらなくなってきた。

 

3、何を書けばいいのかわからなくなってきた。

 

詳しく上げていくと、もっといろいろな理由があると思いますが、

 

最終的には、

 

やる気がなくなってしまった、

 

ということに直結してしまう点では同じかと思います。

 

 

でも、物語を書こうと思った時、

 

作者の頭の中には、最高におもしろいアイデアが輝いているはずです。

 

 

では、なぜ小説を書いている最中に色あせてしまうのか。

 

その答えは、ひょっとしたら『プロット』にあるかもしれません。

 

 

プロットとは、物語の設計図のこと。

 

世界の成り立ち、

 

キャラクターたちの個性、

 

感動のドラマ、

 

熱いバトルが、小説本文になる前から詰まっています。

 

 

では、その設計図はどう書けばいいのか。

 

どんな世界が、キャラクターが、展開が、

 

感動を生むのか、笑いを生むのか、楽しませることができるのか。

 

何千年も前から、人間はずっと考え続けて、

 

少しずつ知識を蓄積してきました。

 

その人を楽しませる技術は、

 

現在では、主に海外で物語作りの基本として残っています。

 

デジタルアーツ東京では、

 

まず、この基本の構成術を学習してから、

 

どうやってオリジナリティを発揮していくのか、

 

という応用編に入っていきます。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

 

8月1日(木)の体験入学は、

 

この、物語の基本となるハリウッド式構成術についての授業です。

 

最前線で活躍するシナリオライターである皆川千尋先生が、

 

はじめての方でもわかりやすい形で教えてくれます。

 

もちろん飛び入りも大歓迎!

 

池袋に行くついでに、少しだけ覗いていってみませんか?