作家と編集者

ノベルス・シナリオ学科の渕です。

 
さて、本日は、『編集製作概論』という授業のご紹介を少し。
 
この授業ではクラスを半分に分けて、
 
それぞれが担当編集者、兼、作家となって、
 
卒業作品集を作っていくという授業なのですが……
 
これが思ったよりも難しい授業で、
 
2年生たちも少しお疲れ気味です。
 
 
 
内容としては
 
 
編集部内で作品集のコンセプトを決めて、
 
作家の作品を読み込んで、
 
作家の持ち味や、やりたいことを把握して、
 
作品集のコンセプトとすり合わせながら、
 
二人三脚で、より良い作品を作り上げていく形です。
 
 
 
担当として、どう作家を導いていくのか、
 
作家として、どう作品を作っていくのか、
 
思考錯誤を繰り返しながら、話し合っていくので
 
なかなか簡単にはいきません。
 
 
しかし、
 
作家以外の視点で作品を作っていくという経験は、
 
プロの作家を目指す上で大きな力になるはずです。
 
 
卒業制作はまだ始まったばかり、
 
一歩一歩、話し合いながら進んでいきましょう!!
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
ノベルス・シナリオ学科では、年間を通して体験入学を実施中!
 
6月23日(日)は、『プロットの作り方 』をテーマに、物語全体の構成術についてわかりやすく解説します!
 
事前に作品を送ってもらった方には、授業後に作品の講評などもおこなっています。
 
もちろん、未経験者の方、当日参加の方も大歓迎!
 
みなさんも創作の世界をのぞいてみませんか?
 
体験入学の詳細はこちらから!
  
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆