映画「ガール」

やっとみなさんに、ご報告出来る日がきました。

5月26日より公開されました映画「ガール」の中で、本校のアニメ作品が使われています。

昨年、「映画の制作にあたり子ども向けアニメを探しているので学生作品を見せて欲しいと」

要請があり学生作品5本の作品をお貸ししました。で、その中の1本が認められたのです。

実際に使われたのは10秒程度、映像よりキャラクターの声の方が長いですが・・・

ほんと、よく見てないと、わからないぐらい短いです。

でも、エンディングロールは、スクリーンのど真ん中に、本校のロゴが流れます。

正直、「快感」です。

 

この作品は、映像はアニメ学科、声は声優学科の本校のコラボ作品です。

アニメ学科も声優学科も、映画の中で作品が使われるのは、はじめてです。

 

ちなみに本校の学生作品が映画で使われたものは他に「セブラーマン2(フィギュア学科)」

「幸運の壺(イラスト学科)」、これから7月上映される「○▲☓・・・(フィギュア学科)」

などがあります。

 

使われた作品「ぼくの見た空」です。

 

エンディングロールで表示されるロゴです。