秋の選択授業 ~ TRPG編 ~

ノベルス・シナリオ学科の渕です。
 
 
今回も引き続き、秋季選択授業の模様をお伝えします!
 
 
盛りだくさんの選択授業週間の最終日、
 
 
ノベルス・シナリオ学科では、
 
TRPGの体験会が開催されました!
 
 
TRPGとは、『テーブルトークRPG』の略称です。
 
 
『RPG』と言うと、テレビやスマホのゲームを
 
思い浮かべる方も多いと思いますが、
 
 
TRPGでは『テーブル』上で、
 
仲間たちとわいわいと
 
『トーク』しながら冒険を進めていきます。
 
 
TRPGにはプレイヤー(読者)を楽しませるという、
 
ハッキリとした目的があり、
 
創作に必要なエッセンスぎっしりと詰まっています。
 
 
そのため、ライトノベル作家や、
 
ゲームクリエイターの方には
 
もともとTRPGをプレイしていた方が数多くいます
 
 
そして、今回の題材は、ずばり
 
『クトゥルフ神話』
 
 
『クトゥルフ神話』は、アメリカの小説家、H.Pラヴクラフト
 
が執筆した小説における世界を舞台とした
 
世界観や、作品群のことで、
 
いろいろなTRPGの中でも、大人気のジャンルなんです。
 
 
特に近年では、実況動画などの影響により、
 
TRPGの注目度はうなぎ上り!
 
 
今回の特別授業でも、参加希望者が殺到し、
 
最終的には60人で定員を設ける事態に……💦
 
 
講師陣からはノベルス・シナリオ学科の
 
くしまちみなと先生
 
深泰勉先生
 
荒神マサノヴ先生が運営側に参加。
 
 
さらにはスペシャルゲストとして
 
日本語版『クトゥルフ神話TRPG』を手掛けている
 
アーカムメンバーズの坂本雅之様が参加してくださいました!
 
 
うれしいサプライズに
 
クトゥルフTRPGにハマっている学生たちも大興奮!
 
 
ノベルス・シナリオ学科の学生も手伝ってくれて
 
グループ分けをして、TRPGの説明を終えたら、
 
さっそく各グループでセッション開始です!
 
 
基本的にTRPGでは、キーパーと呼ばれる案内役が存在します。
 
 
ゲームで言うところの、王様や村人、モンスターなどを動かして
 
プレイヤーがゲームを楽しめるよう手引きする係のようなものです。
 
 
今回は、先生方に加えて、
 
ノベルス・シナリオ学科の生徒たちもキーパーとして参加。
 
 
自分で用意したシナリオを使って、
 
プレイヤーを冒険へと誘います。
 
 
 
ホラー要素が満載のクトゥルフ世界の中で、
 
メンバーはハラハラしながら、ダイスに命をかけます!
 
 
こうして終始、盛り上がったTRPG体験会。
 
 
プレイヤーとして参加した人はもちろん、
 
キーパーとして参加した人は、知らず知らずのうちに
 
クリエイターとしての経験値を得ることができているはずです。
 
 
遊ぶことが勉強になる。
 
 
 
こんな授業も、ノベルス・シナリオ学科ならでは
 
と言えるのかもしれません。
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
ノベルス・シナリオ学科では、年間を通して体験授業を実施中!
 
 
もちろん、
 
未経験者の方、
 当日参加の方も大歓迎!
 
 
みなさんも創作の世界をのぞいてみませんか?
 
 
体験入学の詳細はこちらから!