フィールドワークのすすめ

ノベルス・シナリオ学科の渕です。
 
 
 
今回は、フィールドワークについて
 
お話させていただければと思います。
 
 
 
あまり馴染みのない方もいるかもしれませんが、
 
クリエイターにとってのフィールドワークの第一歩は
 
 
とりあえず外に出てみよう!
 
 
ということです。
 
 
 
 
小説家や、シナリオライターというと、
 
ひたすら部屋に閉じこもって書いているイメージがあるかもしれませんが、
 
それだけではよい物語はなかなかできません。
 
 
 
物語にリアリティを与えるために必要なのはまず『想像力』ですが、
 
『想像力』を補うためには『経験』が必要になります。
 
 
 
たとえば、
 
 
おだやかな春、川のせせらぎ。
 
 
夏祭りの夜、屋台から漂うソースの香り。
 
 
満員の東京ドーム、ライブ会場の熱気。
 
 
 
こういう『体験した記憶』は、
 
現場に行った人間だけのリアリティー
 
 
作品に与えてくれます。
 
 
 
今日は暇だなあ、
 
 
とか、
 
 
作品が煮詰まった……
 
 
とか、
 
 
そんな時は、ぜひ外に出て、
 
新しい場所に行ってみたり、
 
フラリとあてもなく歩いてみましょう。
 
 
目的はあってもなくても構いません。
 
自分の体で感じたすべてが、
 
きっと作品を作るためのエネルギーとなるはずです!
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
ノベルス・シナリオ学科では、年間を通して体験授業を実施中!
 
もちろん、
 
 未経験者の方、
 
 当日参加の方も大歓迎!
 
みなさんも創作の世界をのぞいてみませんか?
 
は体験入学の詳細はこちらから!