ノアフェス.2 2日目報告

ノベルス・シナリオ学科の渕です。
 
 
今回も引き続き、
 
8月25日(土)、26日(日)に行われた『ノアフェス.2』の模様をご報告します!
 
『2日間、16時間でゲームを作る』という、このイベント。
 
 
ハードな内容ではあるものの、
きちんと準備をして、
 
計画通りに制作に入ったデジタルアーツ東京チーム。
 
 
しかし、ゲーム制作に予期せぬトラブルはつきもの。
 
どんなに入念な準備をしても、どこかで何かが起こってしまう。
 
それはプロの世界でも当たり前のことなのです。
 
たとえば、それは
 
微妙なキャライメージの差だったり、
 
ほんの少しのプラグラムの一文字だったりとか、
 
前日まで動いていたツールが動かなくなったり、
 
 
ほんの少しのボタンの掛け違いが、
 
やがて、大きな問題につながっていく。
 
そんなゲーム制作に潜む悪魔が、
 
作業を進めるメンバーに襲いかかります。
 
しかし、そんなトラブルの到来も、
デジタルアーツ東京チームには、予想済みでした。
 
 
ゲームの『バグ』を探す役割『デバッガー』をメンバーに組み込み、
 
さらに、役割的に早めに仕事が終わる声優陣もデバッグ作業に合流。
 
 
終了直前に、ちょっとしたバグが見つかったものの、当初の計画に近い形でゲームを発表することができました。
 
激闘の2日間を終えたメンバー……
 
緊張から解放されたことで、笑顔が戻ってきます。
 
 
 
声優担当のプレゼンもアドリブを入れつつも流暢に終わり、
 
結果発表!!
 
 
デジタルアーツ東京チームの結果は……。
なんと、
学生部門賞をいただくことができました!!
 
審査員の方々からは、
 
プロを目指す意識の高さを評価され、
 
 
メンバーのみんなも、自分たちの頑張りが認められて、
 
ホッとしたような笑顔を見せてくれていました。
 
こうして長いようで短かったノアフェスも終わり、
 
参加メンバーは、プロのクリエイターへ向けた大きな一歩を踏み出したのでした。