伏線の張りかた講座

ノベルス・シナリオ学科担当の渕です。
 
 
さて、今回はふたたび体験授業のご紹介を少しだけ。
 
次回、6月24日(日)の体験授業のテーマは『伏線の張りかた』!
 
伏線と言うと、みなさんはどんなものを思い浮かべるでしょうか?
 
 
たとえば、よくあるパターンだと、
 
 
『物語のはじめ、主人公が何気なく持っていたペンダントが、物語のラストで世界を救う重要アイテムであることがわかる』
 
とか?
 
『記憶喪失の主人公が、いつも夢で見る幼い少女が、実はケンカばかりしていた女友達であることがわかる』
 
とか?
 
 
もちろん、こういったものも伏線と言えるでしょう。
 
では、こういった伏線を自然に入れていくには?
 
 
どうしたら、わざとらしくなくて、しかも読者に
 
そう来たか!!
 
と、思わせることができるのか。
 
 
創作にルールはありませんが、ちょっとしたコツは存在します。
 
 
今回の体験授業では『伏線のコツ』について、少しお話しできればと思っています。
 
 
伏線をたくさん作って複雑な物語を作りたいんだけど、なんだかうまくいかない。
 
伏線を張ったけど、なんだか伏線になっていない気がする
 
 
そんな方には、おすすめの授業となっています!
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
 
ノベルス・シナリオ学科では、年間を通して体験授業を実施中!
 
事前に作品を送ってもらった方には、
授業後に作品の講評などもおこなっています。
 
もちろん、
 未経験者の方、
 当日参加の方も大歓迎!
 
みなさんも創作の世界をのぞいてみませんか?
体験入学の詳細はこちらから!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆