夏の課題!

ノベルス・シナリオ学科担当の渕です。
 
さて、夏休みも後半戦
そろそろ気になってくるのが宿題ですよね……。
 
ちなみにノベルス・シナリオ学科の1年生には、それぞれの個性に応じて違う宿題が出ています。
今回は、その一部を紹介しちゃおうと思います。
 
 
課題その1 【模擬ゲームシナリオ制作】
 
『企業からゲームシナリオの仕事を受けた』という設定で、
あらかじめ用意しておいたプロット……物語の設計図をもとにゲームシナリオを書いてもらいます。
 
一般的なゲーム制作にはひとりだけでなく、多くの人が関わっています。
そのため制作の流れの中で、他の人が作ったプロットをもとにシナリオライターがシナリオを書くことはよくあります
 
宿題ではプロと同じ形式で作業を進めるので、とっても実践的に学べることができるんです!
 
 
課題その2 【読書感想文】
 
これは説明する必要がありませんね。
 
すでに小説を書いた方はわかるかもしれませんが、
小説ならではの文章技法創作技術は頭で覚えようとしても
自分の文章にするには難しいものです。
 
だからこそ、とにかく多くの文章に触れて文章を肌で覚えること
物書きにとっては、とっても大切なことなんです!
 
 
課題その3 【映画鑑賞】
 
これまた説明する必要がありませんね。
 
映画は創作技法の宝庫! 観れば観るほど勉強になります!
 
とはいえ、ただ普通に映画を観て楽しんでもらうわけではありません。
授業で習った創作理論にもとづいて、映画を考察してレポートを書いてもらいます。
 
 
課題その4 【マインドマップ】
 
もしかしたら、あまり聞き覚えのない言葉かもしれませんね。
 
詳しくご説明すると長くなってしまうのですが、
簡単に言うと、ひとつのキーワードから連想される単語を一気に紙に書き出していく方法です。
 
たとえば、
 

こんな感じに!
 
コツは頭を空っぽにして思いつくままに書き広げていくことです。
これを作った人はおなかが減っていたのかもしれませんね……sweat01.gif
 
でも、こうして自分の頭の中のキーワードを絞り出すことを繰り返していくと
物語作りに必要な発想力を高めることができるんです。
 
さて、1年生にやってもらっている宿題の一部を紹介したわけですが、
作家やライターを目指しているみなさんは、ぜひ試してみてください。
 
夏休みの最後に、物語を作る力がぐっとレベルアップしてしまうかもしれませんよ?