【卒業制作】編集のお仕事、改稿指示

ノベルス・シナリオ学科担当の高橋です。

ノベルス・シナリオ学科の2年生は只今、卒業制作で作品集の作成中!
これまでもお伝えしている通り、作品を執筆する作家と、他の作家の担当編集。
ひとり二役こなすのがこの授業の特徴です。

今回は編集のお仕事を、またひとつ紹介しますね。

それはズバリ、作家の書いた原稿への、改稿指示!

作家が自分で見直すだけでは、やっぱりどうしても、問題が出てします。

自分で書いたものなので、たまに文章としておかしいのに、
読者にも伝わっているつもり、で書いてしまったりするんですね。

他にも、描写が不自然だったりなどなど、いろんなミスが出てしまったりするんです。

そんな問題を解決してくれるのが、編集による改稿指示!

ホワイトボードに書いてあるのは、改稿指示の書き方のほんの入門編。
実際には、もっと具体的な指示を書き込んでいくんです。

自分の書いた原稿に赤が入って返ってくるのは、ドキドキしちゃいますよね。
でもそれも、より良い作品を完成させるため!

それに、プロの作家の方々も、このドキドキを味わっているんです。
作品を作っていきながら、プロと同じ感覚も体験できるのが、この卒業制作です!